FC2ブログ
構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
| Login |
2018年09月05日 (水) | 編集 |
只今キャプテンラベンダーは
手術のため入院中です

どんなことでも大丈夫
何でも書いて下さい

連絡事項でも
不特定多数の誰かへの質問でも
よろしくお願いします。

後で読ませていただいて
勉強します。



にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2018年09月05日 (水) | 編集 |
2018年9月5日でございます。



手術まで1週間となりました。

手続きを全速力でやって
負担のかかる仕事はゴメンナサイして
昨日は
最後の診察をしてもらい

あっという間のひと月でした。

いつもと違う空間は
なかなかに恐ろしいものです

覚悟はしても
平気では無いのですわ

それでも
手術をしなければ
悪化して行くということは
こんな頭でも
わかっている

今は
痛み止めとビタミン剤と胃薬
これを服用していれば
普通の生活は出来ている

うーん
手術することが
正解なのかなぁと
ふと考えてしまう

私は
ただの臆病なおっさんなのだ

だからといって
12日になれば平気なふりをして
入院するのだろう

帰ってこなければならない
まだ
やることがたくさんあるのだ

今回の件で
たくさんのおかむらさきが
首都圏にもらわれて行った

いよいよ都会のど真ん中で
花を咲かせてゆくことになる

例えば
土を使わない鉢植えを
たくさん作って

花が咲く頃に
どこかの会議室に閉じ込めたら
楽しい空間になるのだろうなぁ

それから
これほどの災害が
頻繁に起こる国となった

おかむらさきの花穂が足りない

もしも私が
苗を大量に育てて
誰かが
ラベンダー園をやるとしたら

お土産用のグッズを
生産する仕組みは
もう出来ている

内職としての
収入となれば
個々の負担も少なくなるだろうなぁ

いつでも普通に
おかむらさきのサシエを作ることが出来る

もうすぐ必ずそうなる
私がやらなくても
そういう動きが始まっている

それから…

やりたいことは
いくらでもあるのだから。

それでは行きます

いろいろと泣き言を書いたけれど
私は何ひとつ
あきらめてはいない

70%の回復だったら
30%増しの筋肉で補填しよう

二週間だ
たった14日のこと

無事に帰ったら
まずは
この病気の手記を書いて…

おぅっ、やっぱり
つづくだ


追伸
忘れていたこと

花売り娘様
あなたが気にしている庭園の
ローズマリープロストラータスと
ラベンダーデンタータ、スイートラベンダーは
どこかで見覚えがありませんか

あれは
私が育てて発送しました
枯れないように鍛えてありますわ
これからもよろしくお願いします。


にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2018年08月30日 (木) | 編集 |
大寒挿し木のお話しの続き
これを書いておかないと
大きな矛盾が発生するのです。



大寒に挿し穂を取る
大寒に挿し木をする
その挿し穂とは

夏の高温と冬の低温を耐えた
年輪のある枝である。

こう書いたはずなのですが
それを実現するには



無肥料
無石灰
無せん定で

とにかく
鍛えまくって
育てる必要があるのです。

無せん定にする理由とは
適当に切ると新芽がたくさん出て
真夏に蒸れる、虫が来るから

無肥料ならば
必要のない枝は出ないので
枝のすき間が多くなり
水切れも蒸れも防げるのです。

ということで
こちらは新芽がたくさん出ないように
育てるというお話になるのですが

さぁ
ここで問題だ



無せん定というのは
花が終わったら切るだけ
ということなので

当然のように
その下の新芽は全部残ります。

そして
真夏でも
枯れないように育てているので
よほど細い枝以外は
生き残ります。



花穂を切った時に
わざわざ
長く切ったはずの枝と葉は
もうその役目を終えて
落ちていきました。

残ったのは
たくさんの新芽たち

このままではちっょと多い
これらが
すべて咲いてしまうと
株が消耗してしまう。

だから
多くのラベンダー使いは
これを秋にせん定するのです。

しかしだ



この時点でせん定して
選別した新芽を育てるというのは

ひと昔前ならば正しかった

今は気候が変化した時代
今の気候ならば
それは
さらなる徒長を招く

それならばだ

育ち過ぎを防ぐためにも
このまま育てよう

そして大寒を迎えよう

ほら
もう分かったことでしよう

無せん定で残した新芽は
数が多すぎる

だから
大寒になってから
挿し穂として
大きな枝から切って行くのです。

残った枝は
自分の力で育つ

切った枝は
自分の力で発根する

結果として
半分ほどがせん定され
半分ほどが挿し穂となる

かくして
おかむらさきの株は
育ち過ぎること無く

適量の花を咲かせて
少しずつ育って行く

挿し穂はこうして選ぶと
簡単だ

せん定は
こうしてやれば簡単だ

これでつながる

一年を通しての作業は
こうやれば無理が無い

毎年きちんと育つ
毎年挿し木を挿せる
毎年花を咲かせられる

大寒挿し木の挿し穂は
こうして選ばれ
おかむらさきの無肥料栽培は
こうして続いて行くのでございます。

さて
本日の再検査では
私の持ち時間は
12日まではありそうです。

それでも
頭に衝撃を受けないようにとか
両足に影響が出ているとか
いろいろとございますわ

もう少しだけつづく



にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用