構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2017年05月25日 (木) | 編集 |
2017年5月25日でございます。



ちっょとだけ長雨の後です。



倒れないくらいの雨でしたわ。



庭先おかむらさきくん
今年はもう咲き始めました。

いつものように
外側の枝から開花



何もしていないのに
ちゃんと咲くのですわ。




中はこんな感じ
けっこう硬いままだ



ここは根が出て
独立している



どうやら
このせん定した枝が
ちょうど良い肥料となったようですわ



5年を過ぎると
最初の枝と今年の枝では
これほどの差が出る

せん定の時には
この太い枝の上で切るというのが
何も考えなくても可能となるのです。



なるほど
ちっょと考えればそうだ

これ以上は
大きな株にしないのだから
切った枝の分だけ
戻せばよいということか

大きく育ったラベンダーは
今までの管理方法では
ダメらしい

西日本の街中で
ここまで来ました。

今年も続きます
私のラベンダーものがたり

つづく

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2017年05月22日 (月) | 編集 |
2017年5月21日でございます。

今年は
花が咲く前に花芽を切るという
「株が生き残るための方法」を
試すのですわ




このように
枝が暴れているものは
さっさと花芽を切ってしまう

これで
栄養は葉を作るために働く





こういう飛び出た枝も
どうせ枯れるのだから
最初に切ることにしました




今年植え替えた株も
咲かせないことにしました

彼女に必要なのは
花では無くて
葉だ。



さらには
この数本だけ伸びた花穂

これらは
どうせ倒れるので



低い花穂の高さにそろえる



こういう株も
咲かせないことにしました

細い枝ばかり
これを咲かせると枯らしてしまう

だから
花穂を全部切る




こういう感じで
長い花穂だけを切るというのも
試してみますわ



こんな枝もどうせ枯らす
さっさと切ることにします。



ということで
全体ではないけれども

危ない株には
さっさと「花咲く前のせん定」をやりました。

結果は
そのうちに分かることでしょう。

つづく




テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2017年05月19日 (金) | 編集 |
2017年5月19日でございます。
庭先おかむらさきくん
今年は
もうつぼみが青い



知らぬ間に
その姿は丸くなり



花穂がたくさん出ました



今年は
せん定方法がちょっと違うためか

次から次へと
新しい花穂が伸びてくるのです。



ということで
最初の花穂はもう青い

今年も5月中に開花ということか

楽しみなことでございます。

つづく


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用