構想15年、試験栽培5年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
| Login |
2008年12月14日 (日) | 編集 |
私はおっさんラベンダー
(キャプテンラベンダーと名乗るのはおこがましいから)
岡山でラベンダー苗を育てている、いちおうプロの47歳。
これはラベンダーを15年育ててきてわかったこと、いまだにわからないことのお話。

2.jpg
イングリッシュラベンダーは育て方を知らない人には本当にむずかしい。
このブログが誰かの道しるべとなればうれしい。

1
ここは四国。
香川県南部のとある町。
むし暑くて長い夏と、短い春と秋と冬の町。
なたね梅雨と本当の梅雨と秋雨前線の雨がしとしとと降る町。
真夏はずっと雨が降らずに砂漠のようにとにかく暑い町。

今はおかむらさきが咲く町になった。


上の写真ははおかむらさき。
ひと株で600~700本の花穂がついた。
いまから書き始めるのはこれの作り方。
自分でもびっくりするような農法なので読んでる人にはけっこう面白いと思う


スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2008年12月24日 (水) | 編集 |
香川県は狭い。

春は短く、夏は蒸し暑く長い。
秋は短く、冬は北国の人から見ればないようなものだ。

ここでイングリッシュラベンダー「おかむらさき」を咲かせる。
お金と人手をなるべくかけずに
山の小さな田んぼで咲かせる。

できるだけシンプルな栽培技術で咲かせる。
山とラベンダー

それができれば四国でもおかむらさきの花を
好きなだけ摘むことができる。

私の母は今それをやっています。
あなたもやってみませんか。


人入り

リース

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用