構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2010年09月07日 (火) | 編集 |
毎年毎年
同じ失敗を繰り返していては
どうしようもないのです。

もう6年目に突入しようとしておるのです。

今度は
今までのすべての失敗を踏まえて
来年のことを決めてしまおうかの。

「まだ台風の季節も過ぎておらんぞ」
そんなことはわかっておるのです。

それでも
この過酷な真夏の記憶が残っているうちに

何をどうすればよいのか
決めてしまうことがよいのです。

「ありゃ何だったかな」
春になったら大切なことを忘れてしまうのです。

農業は感覚でやってはいけません。
勘に頼るのは
「どちらにしようかな」と迷った時だけ。

何でもないことで失敗するのは
植え付けを始めてから考えるから。

今年は失敗したのなら
今度は繰り返さないための
用意が必要でございます。


本

迷った時には
本を引っ張り出して来るのです。

これは2006年刊、農文協の本ですが
わかりやすい土の話なら
これがお勧めです。


横

この第一章7ページ分を読めば
それだけで
「ふーん、なるほど」となるのです。


図

「土とはこうやでぇ」

水と空気は土の中でこうしてああして
などど書いておりますわ。


石灰

もちろんこうして
ど真ん中を書いて


カリ

物凄いヒントを何気なく
さらっと書いていたり


比率

そして
「おおっ、これ使うたろ」
探してもなかなか見つからないことも
何気なく書いておるのです。

恐るべし農文協様。

そして何より大事なことは
「読んだら必ず実行すべし」

読んで納得するだけなら
よけいな知識はいらんのですわ。

実用書は実行してみて
結果を見てから判断しましょ。

「ここは無理やからパスしてと」
そんなことはしてはいけません。

農業は何もかもつながっているのです。
いいとこ取りはできません。

いろいろな本を読みかじって
いいとこ取りをしてみても

ろくなことにはならないのでございます。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

この本はすごくわかりやすいのです。

読み進めていくうちに
私の頭では理解できなくなって
最後までなんとか読んでも
明日にはまた新たな気持ちで読めるのですわ。


スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年09月08日 (水) | 編集 |
母から電話
「リチャードグレイは枯れたよ」

うーん、恐るべし猛暑。
ラバンジンでも遠慮なしやな。

「おかむらさきはどうやの」
「日除けしてあるのは全部元気や」

理由はいろいろありましょうが
枯れたもんは枯れたのです。

「蒸れたな」
そんなこんなもひっくるめて
今度は土から変えたりますわ。

台風の季節が過ぎたらのぉ


石灰

有機石灰(カキがら)を
どれだけ入れたら良いのかが
わからずにいたのです。

ところがダメもとで始めた
あのどんごろすくんが
教えてくれたのです。

「土の量の5%までは大丈夫やで」

適当に放り込んだ有機石灰が
今年の真夏に大活躍。

「これはそのまま使うたらええんやないの」


どんごろす

株の周りの土だけを考えるとしたらやね。

初年度のラベンダーは
このどんごろすくんと同じだけ必要なはず。

そこにふりまく有機石灰も
また同じでよいのではないかな。

そういうことで
私があの日にふりまいたのは
ひと株につき500gの有機石灰。


有機石灰

炭は今まで風呂場の灰と一緒に
さんざんふりまいておるのです。
今回はやめときましょ。


初めてのお人は
バーベキュー用の炭でも砕いて使えばよろし。
水がきれいになるといいますな。

これをやね
枯れた株をひき抜いて穴を掘って
土と混ぜてもよし
ミルフィーユのように層にしてもよし

今までの石灰量の5倍ほど入れたりましょ。
なーに、どんごろすで実験済みや。
それからやね


カリ

カリは石灰と交互に効くようにするとええんやで。

「カリ1対石灰5」が良いらしいの
とっくに忘れていたけれど
今度は使うたろ。

この土に混ぜたらええんやないかな。


締める

これをやね
台風の季節が過ぎたら
さっさとやってしまうのです。

そしたら
秋の長雨を期待して
そのままほったらかしにするのですわ。

「土が締まる」
それを待ってから植えようと思います。

それが春でもよいのです。
どうせ今年はラニーニョ
夏が暑かっただけ冬も寒いはず。
(調べたらよろし、嘘ではありません)

有機石灰とカリ(今度は塩化カリを使おうかな)
塩化カリはたばこ栽培に使うのです。
茎や葉がかたくなるのですわ。

今度の土はこう。
1対5でチッソなし。
やりたければどうぞ。

責任は持ちませんが
私はやるのでございます。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

まず土はこう
植えるのは急がない

今度はとにかく
どんごろす仕様でございます。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年09月09日 (木) | 編集 |
土はどんごろす仕様で
「石灰たっぷり+カリちょっと」をやったりますのや。

それで
植える苗はというと

最近私がはまっている
真夏のせん定三本仕立てを行こうかなと。
(はめるという徳島弁が
 県民ショーで物議をかもしておりますな
 よくよく考えたら私も使っておりますな。)

そういうわけで
今度はどこにも売っていないであろう
「株もとすかすか三本立て」を
この真夏から作っておるのです。

真面目な園芸苗農家は
決して真似してはいけません。

こんなものは
ホームセンターのバイヤーが
「欠陥品やね、うちはいらんわ」
そう言います。

必ず言いますので真似しないように。


三本立ち

よりによって
5年物の12センチポット苗を
この真夏にぶった切って

三本仕立てにしましたの。

「枯れるんなら枯れたらええやん」
それがあなた
枯れんもんですなぁ。

無チッソで
有機石灰とカリちょっとで
新芽が伸び始めるのです。

水は信じられないくらいやっております。
土の量がポットの半分もないのですわ。

北海道のローズマリアさまの
花壇も同じようですな。

土の量は苗の元気とは関係なし。
ぽっぽこぽっぽこと鍛えたらええんやでぇ。


新芽出る

9センチのポットのヒドコートも
調子に乗って切りまくったら

やっぱり新芽が伸び始めるのです。
「新芽にチッソはいらんのやないの」

「切る」というスイッチが
ここまで何もかも決めるのですな。
これは覚えとこ。

春に使うたらええのです。
今までは「新芽を出すために切る」
今度は「新芽を出さんために切らん」

一年坊主の法則は
花を咲かせたらいけませんと
よーく思い知ったはずでございます。

苗は現在育てております。
どう転ぶのかは知ったことではありません。

とにもかくにも
無チッソカチカチ苗を
心がけておるのでございます。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

最近ご来店のみなさまは
「何ということをやっておるの」と
ご心配のことと思われます。

安心して下され。
最近はおとなしくなりました。

それから
私のブログはリンクし放題でよろし。

「ふんふん、今日から私もラベンダーズ」
それも
自分で言うたもの勝ちということでOK。

「うげげっ、もうそんなもんやっとれるかい」
それもまたよろし。

何ぼでも来て何ぼでも去る
それを諸行無常と申しまする。
これはそんなお話ですわ。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年09月10日 (金) | 編集 |
三本

ほれ、三本やで。
こんな苗は誰も買わんわね。


仕立て
仕立て2

これを植えたら
春にはこうなって
夏にはこうなって
秋にはこうなって
冬にはこうなって

一年は枯れないと思うのです。

その次の年はちょっと違うけれど
まずは初年度を乗り越えないと
次へは進めないのです。

不格好でも何でもよし。
枯らさないためだけの苗でございます。


長崎

彼らもぐんぐん伸び始めました。

今度は最前線に立ってもらいます。


先

おかむらさきくんと比べても
この節間は蒸れますわな。

「それなら枝と枝の間を開けたらええんやないの」

それを証明しようと
三本立て、四本立てにしているのです。

みーしゃさま
私は長崎ラベンダーの仕立て方も
やったろうと狙っておるのです。

うまくいけば
全国の長崎ラベンダーが生き残ります。

思ったよりは手ごわそうな
色と柔らかさに
「なめとったらあかんのぉ」

たった三株のお話。
人は制限された環境でこそ
実力を発揮するものでございます。

「二株は讃岐行きやね」
今回は背水の陣でいきまっせ。

挿し木はできるんやけれど
それはプロとしてマナーに反するのです。

このまま
実家の田んぼで活躍してもらいましょ。
それは秋かも知れず春かも知れず。

いきなり枯れても
それはそれで宿命として受け止めたらよろし。
「やれることはとりあえず全部やる」

いつものことをいつものように
粛々とやり始めようと思うのであります。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

書いてしもうたら
やるしかないのでございます。

ブログとは
黙って決意表明するのには
もってこいなのですが

やれるかどうかはわからない

それでも大人としては
「ちょっとはがんばろうかのぉ」
そう思えるところが
心地よいのですわ。


秋が来ましたの。
ちょっと讃岐のラベンダーに会いたくなりましたわ。

週末はフェリーに乗って
秋を見に行こうかなと。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年09月20日 (月) | 編集 |
温度

真夏が過ぎたので
ハウスの日除けを取った途端に

「今年で一番暑いやないの」

それがハウスの宿命として
にゃんこ共ども立ち向かうのです。

長崎ラベンダーの危機に

ダニ攻撃に対して
一週間付きっきりでで
でんぷん攻撃の「粘着くん」を二回散布

「ふーん、やれるもんやね」


長崎
長崎2
長崎3

みなさま
これが長崎ラベンダーにやってくるダニです。

この葉っぱのまだら模様が
ハダニが樹液を吸った跡。

これは葉の裏にもっとたくさんあるのです。


4長崎

だからと言うて
それが人に見えるのかといえば

それは顕微鏡でお願いしますわね。
私は葉っぱで判断します。

そんなこんなで
私の眼には「ハダニ見つけたる機能」が付いたようで


レモン グラス

レモングラスもそうやね

ワイルドストロベリー

ワイルドストロベリーもやな

かたばみ

どれがハダニか知りたければ
カタバミの葉っぱを見るとよろし。

これが最初の感染源となるようです。


ローズマリー

もちろん
ローズマリーもぐちゃぐちゃにやられます。

ご注意を。


葉

この色と模様が正常な長崎くん。

それはハダニのおらん世界のお話。
もちろんそんな世界は無いのです。
我々が望めるのは


長崎ラベンダー
2長崎ラベンダー

ハダニを撃退できたら見えてくる
新芽の行列に

「うわはははーっ、勝ったでぇ」

ダニにいつまでも
負けっぱなしではいかんのです。

薬は何ぼでもありますが
あり過ぎて使い方がわからんのです。

今日効いても明日はわからない
リサージェンスの世界は
私にはどうすることもできません。

「粘着くんをちゃんと使ったらええんやないの」

ダニの気孔を直接ふさぐという
何回でも使える方法が簡単。

効くというのが恐ろしいほど
効きますが(一時間もすれば全滅のもよう)

それは
窒息というスリーパーホールドのような
かかったらそれまでの必殺技。

あとは
数時間後に孵化するであろう
まだ卵のダニたちに
数日後に散布したらよろし。


みーけ

「そんなかゆくなるようなお話は
 もうええから、眠いんやしぃ。」

みーけくんは朝晩は元気で
昼間はこれですわ。


ちび

「おっさん、ダニには勝ったんか
 そしたら明日が見えてくるのぉ」

おぅ、いつかは勝たんと前には行けんのじゃ。

どうやったかはのぉ


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

そして覚えておかなければならないことは

隣接するおかむらさきくん


となり

ダニの気配はまるでなし
だから私は気がつかんかったのです。

それでも真夏の田んぼのど真ん中で
枯れ草のチッソが効いたとしたら…

そこまで考えないと
南国ラベンダーはやっとれんようですわ。


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用