構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2011年10月28日 (金) | 編集 |
2011年10月8日に
おかむらさきを植え替えたのです。

最初の水はたっぷりと
そのまま14日経過して



「ほうほう、まだまだ大丈夫やな」

いやいや
ここはじっくりと確かめんといかん
見た目ではわからんで
ここはこうやって…



持ち上げて重量を確かめるのですわ。
「ほうほう、まだ行けるな」

そして…



20日経過
そろそろ地表が白いのぉ




ちょっと掘ってやれ、ほれっ。



ふんふん
まだ湿っておるわ、当然のように水はまだやりません。

そろそろ「根」がじわっと伸びたな
20日でこれだけ伸びます、2センチというところか。

これが現実です。
草花のようにびゅんとは行きません。

じわじわ伸びることに意味がある
ち密な細胞、ストレスに打ち勝つ根
それが「道場おかむらさき」
鍛える根の未来に「あの花」が咲くのですわ。



言うておきますが
これはあくまでも「あの硬い土」に植えたからということです。

わざわざ水が抜けない土を作って
(だからというて過湿にもならない、ただただ硬い土)
その時を
「2回目の水をやる時」を待っているのです。

根とはまっすぐに伸びるもの
鉢まで行きついたらそこで止まる
そこから先は横に伸びるだけ
後ろに伸びることは無いのです。

それなら最初からじっくりと行こう
そのための硬い土
根に与えるストレスは「硬さ」と「乾燥」
その限界はどこか?

さぁ行こう、ここからが本番です。
「道場おかむらさき」
最初の試練は最初の水やりから。

失敗したらちゃんと枯れますから
ご心配無きように。

それから露地植え組の皆様
心配はいりません
これより少し難しいだけです。
ただし
秋特有の「朝と昼の気温差」がある気候が
結露となって葉を守ってくれます。

秋植えの良いところはこれ
今からは暑くならないので
水の心配がほとんどいらないのですわ。
だから
雨よけだけしておけば
何とかなるのでございます。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

いろいろ考えたのですが
道場おかむらさきは
ここでやります。

「何や、それやったら苗を買う必要はないやん」
いえいえ
現物が手元にないと分からないこともあるのです
この枝の感触は
文字と写真では伝わりませんわ。

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2011年10月30日 (日) | 編集 |
101ラベンダーズの重鎮
鶏玉中華そばくんの本職はこれ

「うーん、公表すると迷惑がかかるかのぉ」と
黙っておりましたら…



2011年10月30日の四国新聞に
本人が出ておりましたわ。



いこい食堂名物
「親鶏のうま味、中細麺に絡む」
誰が言うたか「親子丼のような中華そば」でございます。



新聞の写真なのでごめんなさいね。
黄色いのは卵で
」関西で言うところの「かしわ肉」入りです。
親鶏のことですわ。

私は食べブロガーではないので
うまく表現できませんが
「これは他では食べられない中華そばやな」
それに尽きると思いますで。

そして
何といっても彼は(ほんとは奥様)は
15センチポット苗に挑戦中なのでございます。

思い切って5株行きました
どこにどう植えるのかは聞いていませんが
中山間地の温泉街
その真ん中を流れる川
橋のたもとにある小さな「食堂」

来年の初夏には
その場所におかむらさきが咲くことでしょう。

それもまたラベンダーの風景
新しい風景
あなたの街でも始まります。

つづく





にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

50歳にして本気を出す
その君の勇気に敬意を表します

道は違えども
凛として前を向く友がいることは
心がときめくものでございます。

いこい食堂食べログ

よろしければここをクリックして
お楽しみ下さい。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2011年10月31日 (月) | 編集 |
2011年10月31日でございます。
雨上がりは気温が上がる
「そうは言うても11月前やで」



ふふん
西日本の気候をなめとったら
とっと(鳥)が笑うで。

午前中でこれですわ。



ほぅ、31℃
真夏やな、ほんまに。



さすがに掘っても掘っても
そろそろ乾いておるわ。

これ以上掘ると支障が出るわなぁ。




ということで
22日目で2回目の水やりです。



かける水の量は
底からどどどーっと流れるくらい。



だからというて
水はけの良い土ですから
すぐにこれです。

「今度は何日目かのぉ」
こうして3回目の水やりに慣れて行くのです。

鉢の側面に根が届くまでは
気を許してはいけません。

地上部が何の変化も見せなくても
じーっと地下の状態を想像して
この晩秋~初冬を過ごしましょう。

今は根が伸びる季節
完全に寒くなったらもう終わり
西日本では12月末まで
これが続きます。

自分が寒くなったからというて
おかむらさきも寝ておると思うことなかれ

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2011年11月01日 (火) | 編集 |
土間の叩きは間違いではなかったはず
あの台風までは
想像した通りだったのですわ。

しかし、それはもうありません。
「うーん、今度は鉢でやろうか」



去年の今頃は
表面だけの「土間の叩き」をやっておりました。

「あーほめ、こんなん枯れるにきまっとる」
うしねこの言う通り
冬になったらすぐに枯れてしまいましたわ。

「今度は混ぜたらええんやないかな」
硬い土をもっと硬くしてやろう
そのための「土間の叩き改」。
今年はこれもやりますで。



いつものように残土です。
肥料の抜けた使い古しの土に…



今回は同量の「マサ土」
宅地に敷きつめて固めてあるあれです。



そこにさらに有機石灰をどどどっと入れる。
全体量の3割ほど入れて見ましたわ。



これをぐちゃぐちゃと混ぜて



いつもの平たい鉢にぶち込んで



水をぶっかける



信じられないくらいにぶっかける。
空気を全部出してしまうのですわ。



しばらくするとこうなります。
マサ土入りなので水はけは良いのですわ。



これをやったのは10月20日のこと。
「どうして今まで黙っとったんや、こらっ。」

もちろん、あれですわ。
水を切ってさらににカチカチに
もの凄く硬くしてやったのでございます。

さぁて
これにおかむらさきを植えるのですが
今度は6年生ではありませんで。



もしかしたらこれでよいのではないか?

「時間」という難題に
バイパスを通してやろうと思い立ったのですわ。

もしも最初から
これがこう行けるのであれば
あれはああなってやな…

うーん、とりあえずやったろ
やります。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

ファーストラベンダーズと
ニューラベンダーズに
おかむらさきの苗を送った後に
「いかん、いかん、これで満足するわけにはいかん。」

かくして
人には「これこれこうしてこうやで」と
書きまくっておるくせに
自分は新しいことを始めるのでございます。

これは道場おかむらさきの2012か2013年版
失敗したら無かったことにしますので
そこはよろしく。
2011年11月04日 (金) | 編集 |
2011年11月初旬でございます。

9㎝ポット苗の限界を
嫌というほど知っているくせに
今度もまた
新しい「おもしろいこと」に挑戦するのですわ。



ぐ゛ぐーっと押しつけても…



手のあともつかない
それはそれは硬く締まった土に



ポットの大きさの



穴を掘る



当然のように
底には大量の有機石灰が埋まっております。

そこに…



この向きで植える



冗談のように植えるのですわ。
苗はぎゅっと押してやれば入ります。



掘り上げた土は上からばさばさと
中央をめがけて



盛り上げる



こんな感じでよし



ここに水をかけると



これでもかというくらいかけると



ポコポコと泡が出て
苗と土のすき間が埋まります。



盛り上げた土は水で流れて
適度な高さとなりました。

ここまでは
いたって普通ですわ
いつもやっておることなのです。



次はこれです。

つづく



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

そして
これだけで済むはずもないということを
たぶん誰もが知っておるはず

うーん
だったらその向こうを
やらんといかんのやね

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用