構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2013年05月10日 (金) | 編集 |
2013年5月のこと
今度は「公」の場所に

岩部式「キャプテンおっさんラベンダー」
おかむらさきを植えようと

思い立ったのでございます。



その方法は最新式の

波板に足ふきマットのマルチ
マサ土と有機石灰のみ



場所はここ
道路沿いの花壇



美しいダム湖の景観と



涼しげな「回遊路」のある




香川県高松市塩江町

NPO体験型ホテル
(セカンドステージ」



今回は40センチポットの
「ロイヤルパープルくん」も
出動いたします。



では
いつものように行こうぜ、おぅっ。

自分の管理していない
初めての「花壇」に植えるということ。
それは
「お前の技術は通用するのか」と
問われているようで

それはそれは恐ろしいことですわ。

それでも笑って乗り越えて行こう

失敗しても成功しても
ただ一度だけのことやないの

前を向いていれば
何かは見えてくるものでございます。

それでは
セカンドステージ編、突入!

セカンドステージ

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2013年05月13日 (月) | 編集 |
アメリカ在住の
「ローズマリーのアイアンマン」から

「何でも土のうに見えますなぁ」と
全米の最先端のラベンダー栽培方法を
伝授されました。

インデイアナでラベンダーと…



ということで
懲りずにやっております。

波板マルチの下には「有機石灰が」1キロほど
敷きつめてあります。

その上から
またまた「有機石灰」を適当に混ぜた
「マサ土」をどどどーっと入れて

この上に乗って
ひたすら「踏む、どんどん踏みこむ」

そしてまた「マサ土」を入れて…



こんなものを作ります。



ふんふん
今回はこう行きます。

真ん中に「ロイヤルパープル40センチポット苗たぶん6年生」

その左右に
「おかむらさき15センチポットたぶん5年生×2株」ずつ

計5株を植えます。



それでは始まり始まり

まずは「穴掘り」から



「穴」というものは
必要なだけ掘れば良いのですわ

せっかく固めたのだから
ここを掘れ、ほら、わんわんわんっと。



それはそうでございますわ

そんなうまいこと
「きちんとした穴」が掘れるはずが無い

誰が掘っておると思っておるのかな
まぁ
こんなもんです、こんなもん。



ちょっと置いてみます
ふんふん、こんなもんかな



ここに「有機石灰」を適当にほうり込んで
(これは植え付け用やで)

とにかく「水」をざぶざぶと
風呂状態といたします。

ここは温泉街やから
というわけではありません。

これで「地下水」と地上の水を
つないでおこうとしております。

そんなことが出来るのかどうかは
確認したことは無いのですが

「雨」が明日降るとは限らない
そして
私が明日もここに来ることが出来るはずも無い

という時には
この方法が「確実」です。

たとえ明日
豪雨となってもそれはそれのこと

乾いて枯れるよりは良い
過湿の心配はしておりません。

何故なら
「完全無チッソ、リン酸」をつらぬくと
成長は遅くても「病気害虫)の心配は
要らないことを知っておるからでございます。



さて
水が゜引いたらまた「マサ土」をどんどん入れて
バシバシと叩いて固めます。

ここまで入れたらもう入りませんので
誰でも出来ます、ここからはもう無理ですから。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2013年05月14日 (火) | 編集 |
まずは訂正から



うーん、分からんやないか
写真の失敗や、何をしとんのや私は。

補足説明
穴を掘ったらダニ対策

毎日観察出来ない場合は
とにもかくにも「オルトラン」をばさっと…。

植え穴には「オルトラン」
これは基本でございます。
約2週間の防御が可能

たった2週間やけれど
そこに行けないのであれば
それは絶対に「必要」なのですわ。



お次は
いつものように「足ふきマット、インド綿」のマルチを

ヘアピン杭と黒丸君で
打ち込む、叩き込む、かんかんかんっ

今回使用する「コメリ」さん」のヘアピン杭は
先がとがっていないので

20センチのヘアピン杭を
グラインダーでガリガリガリーッと研磨して

「穴あけ用」として
用意しております。

この使い方は
「黒丸君」を置いて
この「穴あけ用」を叩きこむ

穴が開いたら
「穴あけ用」だけを抜いて

黒丸君はその場で固定
左手で押さえておいて

40センチのヘアピン杭を
「その穴」に刺し込む

そして
プラスチックハンマーでカンカンカンッと叩きこめば



こうなります。



これは何かというと
ダイソーさんで105円で買った
「インド綿足ふきマット」



ロイヤルパープルく君にも
何も問題なしで行けました。



おぉっ
そうやそうや
この何年ものか忘れた「大株君」
彼女の「根」が

それはそれは
すばらしいことになっておりまして…

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2013年05月15日 (水) | 編集 |
ロイヤルパープル何年か物の古株君



この根の量は
私も初めてでございます。



これが40センチポットの「裏側」
ほぅ、やはり「細根」が絡まりあっておるわ

これが本来のラベンダーなんやろなぁ。



これも同じように植えてと



ラベンダー組は
これで出来上がりです。

この上からさらに
「水」をどんどんかけて
「20リットル」ほどかな

今回は約1時間で終了

この方法の一番の目的は
何と言っても
「花壇の土」とラベンダーの土を
分断するということ。

どんな肥料分か分からない土に
いきなりラベンダーを植えるのは
恐ろしいのでございます。

もしもチッソとリン酸が
もの凄く残っていたとしたら

最初は生育旺盛で
あっと言う間にチリチリに枯れる

皆様は
とっくにご存じのことが
無いとは限らない

いやいや
絶対に「ある」として
考えて行けばよい



今回は
回りに「岩垂れ草」をぐるりと植えました。

これも
後々の乾燥防止になるかも知れん。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

次はセージとぎぼうしの植え付け
ですが

その前に
庭先おかむらさきの最新版
今年はなかなか面白いで、うん。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用