構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2010年06月30日 (水) | 編集 |
ということで
ラウンドアップマックスロードを買ってきて

100倍に薄めてやね
畜圧式の散布機で草にふりかけると
一週間もしたら枯れるのです。

そんなことは猫でも知っておる
問題はそのあとなのです。


道

枯れた草は干からびて
地面がむき出しとなります。

高温と乾燥
日当たり良好ということで

次に生えるのは
キク科の草となんとか芝ばっかりとなるのです。

たぶん土も酸性になっておるのでしょう。
何回も除草剤を使うと
同じ草ばかり生えていませんか?

「消石灰ふったらええのやないかな。」

除草剤かけたら後から消石灰もふる

地面を強アルカリにしたら
草の種も発芽しにくかろう

酸性の土も少しは中和されよう
と思うのですがね。

ハウスの中とかでこれをやると
酸性大好きのなめくじは減りますな。


マックスロード

ラウンドアップの希釈倍率は
一年生雑草で100倍

多年生雑草で50倍、竹なら原液そのまま

これらのことは全部裏面に書いてあります。


2ピペット

それでは書いていないことを。

これをやね
200倍にしたら
500倍では、1000倍ではどうかな。

濃くしたらよく効くと
思いこんではいませんか?

薄いのはそれなりに
いろいろとおもしろいことがあるのです。

「そんなあほみたいなことは誰もせんわい。」

するのですな、これが。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

そろそろとんでもないお話に入ります。

全部嘘かも知れんと、心してお読みください。

それからぼちぼち
10000人目に誰かが当たります。

「私でーす」というコメントが
100人いても気にしません。

ありがたいことでございますねぇ。

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月29日 (火) | 編集 |
除草剤便覧という本があるのです。

それほどたくさんの種類の
「草を除く」薬が存在するのです。

さすがに読み切れんと思ったので
昔の私は買いませんでした。

今なら何とか理解できるかも。
「うーん、やっぱりラウンドアップマックスロードやね
 朝露ありも突然の雨も心配なーし。」

まぁそれはそれとして
いわゆる「除草剤」のお話をしましょう。
いつかどこかで
お役に立ちますように。


553.jpg
553のうら

上農は草を見ずして草を取る

昔はそう言われておりました。
これは
雑草の発生を防ぐ薬です。

粉の薬も存在します。

除草とは
もうここから始まっているのです。

私は使いませんが
こんなものもあるということでね。

何もかもがオレンジ色に染まって
きれいなこと、きれいなこと。


噴霧器

まずは道具から。
家庭菜園クラスならこんなのでよいでしょう。

畜圧式の噴霧器、安いので3000円くらいかな。
5ℓもあればなんとかなります。


先

「泡が出る」噴口を
(ラウンドアップ専用の霧が飛び散らないのがあります)

取り付けられたら
除草剤の散布はいきなり簡単になります。

どこにどれだけかけたのか
ちゃんと確認できますからね。

ちなみにこれは違います。
そして霧をかけた跡は人には見えません。


ポンプ

この黒いのがポンプの役割

人の力ですっぽんすっぽんと
空気を圧縮して使います。

やるべきことはいたって簡単です。


接触性

そして
草が生えてから散布する除草剤にも
いろいろな種類があるのです。


これは
薬が接触した場所だけが枯れる
接触性の除草剤。

根が枯れないので
それが必要な時に使いましょう。

どんな時や?

私にはそんな時もあるのですが
今回はめんどくさいので省略します。


マックスロード

私が使うのはこれ。
ホームセンターのど真ん中で並んでいるはずです。

いちばん容量の少ないものを買いましょう。
基本的には100倍にして使うのです。
それでも2000円くらいかな。


ピペット

これも買いましょう。
ピペット、メモリの付いたスポイトです。
200円もしないでしょうな。

除草剤を濃く使用しても
ろくなことはないのです。
正確に薄めるには必要でございます。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

ふんふん
噴霧器はすでに持っていて
除草剤も昔買ったのがあって…

ちょっとだけお待ちあれ。
昔のラウンドアップは今のと違うし
それから

10000人目はどなたかなぁ。
そろそろ当たりまっせ。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月28日 (月) | 編集 |
♪草取り草取りめんどくさい
 虫に食われてさぁたいへん

 暑いわぁー腰が痛いわぁー
 おかむらさきはもうギブアップゥー♪

などと言う歌が
西のほうから聞こえてきますな。

南からは「とっくにあきらめた音頭」が
流れてきてますな。

「うーん、これは
 最初のうったてが無理なのかも知れんなぁ。」

うったてぇ?

習字で最初に筆を置く場所のこと
岡山と香川と徳島の方言です。


草

私に草取りは無理やね

そんなお人にはあれがあります。

かつては「根が傷む」と
敬遠されていたあれ。

最近のは凄いでっせ。
アミノ酸とリン酸うんぬんで
土に落ちたら
最終的にはチッソ肥料となります。


除草剤

使うなら
ちゃんと理解して使いましょう。

そしてね
誰もやらない方法が
おっさんの頭の中にはあって

ぼちぼちと実践して試しておるのです。

もしも
除草剤の「草を枯らす」という
大前提をひっくり返して

「草を大きくしない」
そんなことに使ったらどうか?

とりあえず成長を止めておいて
時間がある時に草取りをするとしたら

さぁ始めましょうか。
最近はとんでもないことを書いてないのです。

ストレスがたまる前に
おっさんの除草剤の世界へようこそ。


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

昔の除草剤は
土も植物もすべてを傷めていたようです。

最近のラウンドアップマックスロードは
土に残るということをすっかり忘れているよう。

ちゃちやっと検索してみて下さい。
ラウンドアップマックスロード

高いだけのことはありまっせ。
私はこれを使います。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月28日 (月) | 編集 |
昔の自分が
とても真面目なことを書いているのを
「なかなかええことをいうやないか。」

そんな感じで読み直して
ふふふと独り笑っています。

今なら書店のどこかで並んでいます。

別冊現代農業2010年7月号
「農家が教える石灰で防ぐ病気と害虫」


本

ブログを始めるその前に
こんなことをしていたのです。

今まで書いていないことが
知りたかったら本屋へ行って

立ち読みいやいや
買ってからご覧あれ。

ここからすべては始まって
今に至るのでございます。

おっさんラベンダーの正体はね


2本

やはり
めんどくさいおっさんなのであります。

これは2008年のお話
今はもっと進化して
好き勝手なことを書くようになりました。

らる様はとっくに知っておるのです。
彼女はここから私にたどり着いたらしく

「ふんふん、本にも何か投稿してみるもんやな。」
無謀なことは昔から変わりません。


私のことを誰かに話すときに

「えーと、田んぼでラベンダーを作って
 喜んでいるあほがおってやな。」と
説明している101ラベンダーズのみなさま

履歴書代わりにいかが?
あほであることは
企業秘密なので書いておりませんがね。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

えーっと
読むのがめんどくさいお人には申し訳ありませんが
二本立てでございます。

一週間くらい
書き直したことを思い出します。
昔は真面目でしたわ。

今はビール飲んでからじゃ
わっはっはーっ。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月25日 (金) | 編集 |
時計を少し戻します。

花穂の摘み取りの当日
午前5時ごろ

私と101は草刈りしておりました。

「草のマルチが足りんからの。」

夏は朝がお仕事の時間。
暑くなったら熱中症が待っております。


101の田んぼ
2101の田んぼ
アップ

やる時にはやるのです。

枯らすわけにはいかんのです。

朝の早くから大盛りにしときましょ。
まだまだ全然足らんけどね。


ヒドコート

もうこれも
摘み取ったのでしょうな。

これからどんどん株が大きくなります。

それでも名残りのように
花がちらほらと咲くのです。

雨の切れ間に摘んでください。
忘れると種がついて株が痛みます。


つづく



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

また草刈ろうぜい。
今度は朝の4時かな?

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月24日 (木) | 編集 |
こうして今年の
花穂摘みは終わったのでございます。

おかむらさきとは何か?

それを分かってもらうためには一番良い方法

自分で切ってみる
花穂を編んでみる

来年も再来年も
またこの香りが欲しければ

今度は自分で育てればよろし。

いつでも好きなだけ
摘んで編んで楽しめます。


並べる

がんばった人にだけ
おかむらさきが微笑むのです。

お金のかかる栽培ではないけれど
手間はたくさんかかるのです。

一番の近道を
分かっただけはお教えしましょ。

そこから向こうは
あなたの努力しかないのです。


切り株

私の母のラベンダーを見るたびに
みーむんがこう言います。

「おばさんの畑には草が一本もない。凄すぎる。」

それは母のプライド
私のたどり着けない世界。

「あなたもそれを目指しなさい」

どう考えてもそれだけなのです。

がんばれ


花穂

そして
花穂たちは旅に出ました。

それがどこかで
誰かと出会い、新しい何かを語り始めるのか?

人知れず部屋のどこかで
誰かを楽しませるのか?

すべてはこれからのお話。

さすがに私も
今回はちょっと疲れたかな
おっさんはおっさんやね。

今は流れてゆく時間に
この身をゆだねて

泡盛のクラブソーダ割りで乾杯しましょ。
ぐびびっー。

それはいつものことやないのか?
まぁそうですけどね。


この項おわり

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月23日 (水) | 編集 |
最近は昔のように
何もかもを
独りでやっているわけではないのです。

それで、花穂を切るという
私にすれば「作業」をみんなに教えていたら

「やっぱり、ぜんぜん伝わらんわい。」


花穂

この花穂を4~5本つかまえてやな

花穂は見ないで株だけ見てやな

丸く丸くなるように切りますの。

一本ずつ切ったら虎刈りになるんで
ばさっといってくれませい。

花穂?
そんなもんはどうでもやええから
葉っぱが残るように切ってくれい。


そう言うたら伝わりませんこと

「花穂が大事やん。」
まぁそれはそうですわな。


切り方

これはものの見方のお話です。

どちらの側から見ているか
人側はたぶんこうですな。

「花穂をきれいに摘んだら後から使いやすいわ。」

一本一本ていねいに切りましょね。

時間はかかるけどそれもまた楽し
うんうん、これはあっちから切ろうかな。

おっ、これはまだ蕾なので
また今度にしようかな。


坊主

そんなことをやられたら
たまったものではありません。

ラベンダー側から考えれば

「そんなにねちねちと長時間切り刻まれて
 つま先で何回も根の先を引きちぎられて

 おまけにまた今度だとぉう。」

拷問か、これは。

虎刈りにされたら
また伸びた新芽を切り刻まれるではないか

根っこの先で水分を吸うのに
そんなに長時間踏まれたらずたずたやないの。

そういうことではないでしょうかね。

せっかくここまで生き延びたのに
人間がわざわざ痛めつけることはないのでは。

一本何ぼで花穂の摘み取りやってるところは
そらぁ毎年枯れることでしょうねぇ。

ご苦労様です。


薬

さて私はとっとと雨対策です。

切ったらすぐにオーソサイド
株もとには草マルチをどんどん足して。

まだまだ二年目
ここで枯らすわけにはいかんのです。

今年は葉っぱがたくさん残り
考えていたような株となりました。

さぁ真夏が来ます。
風呂場の灰から始めようかな。

花穂はねぇ
株を守ってそれでもなんとか摘み取れた分を

人が「ちまちま」と使わせてもらえばよいのです。

私はそう思うのでございます。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

異論がありましょうな。
当然です。

それでもこれは譲れないのです。
枯らしたら
また3年待ちでっせ。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月22日 (火) | 編集 |
くもりで湿度高し。
少し動くと
じとっと汗がにじむ朝です。

それでもおかむらさきはおかむらさき
ロイヤルパープルはロイヤルパープル

今年も全開でございます。
今日はもっぱら写真をどうぞ。

気温はもうすぐ30℃
瀬戸内はもうとっくに暑いのです。


下
リチャードの横
花穂

この次に来るのは
雨で地面にたたきつけられる花穂。

泥だらけになる前に
摘み取ることができました。

一本あたり約60㎝
なかなかのボリュームでございます。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

無理を承知でお願いしたら
彼らは快く快諾してくれて

今日はもう何も書けんのですわ。
ありがとね、101と鶏玉中華そばくん。
みーむんもね。



テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月21日 (月) | 編集 |
何でも用意をしておる時が
いちばん楽しいのかも知れませんな。

2010年6月20日
梅雨のど真ん中
瀬戸内は無風のべとべと、曇りでも31℃。

今年もなんとかなりました。
おかむらさきたちも
満開でございます。


天空

明日は絶対雨や。

誰もがそう思っていたのですが
天空のラベンダーズはまたまた
奇跡のような天気をもたらしてくれたのです。

「切る前の何時間かと
 切る時に止んでおればよいのだな。」


波

瀬戸内海を渡るフェリーを
追い越すように波が空を映します。

梅雨の切れ間の夕日が光り出し


夜

ホタルの光の向こうで
夜のラベンダーたちが私を迎えてくれました。

「おっさん、今日が満開である。」

明日の朝には摘み頃です。
ここまでに母は
約20カ月、600日近くを費やしました。

このたった数十分のために
それをやれる覚悟があればこの扉を開けなされ。

ほんとはもう一年あるのですわ。
合計1060日の向こうに
踏み出す勇気を持つのならばね。

 


全景

来年の101ガーデンはこうなる予定。
たどり着きたければ
せっせと草刈り、草取りせんとね。

今のままではちょっと無理かの。
草のマルチは意味があるのでございます。
いつもてんこ盛りでお願いしまっせ。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

私が天の邪鬼であって
破天荒な栽培をしているのだということを
たまには忘れるのです。

今回もいろいろなものが見えまして
それはそれは楽しい経験でございました。



テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月18日 (金) | 編集 |
2010_0618_164345-CIMG6910_convert_20100618190115.jpg

さすがは梅雨
豪雨になると空が言うております。

咲き始めたロイヤルパープルの花穂を
ずぶ濡れにして

イングリッシュラベンダーの最盛期は
あっという間に過ぎて行くのです。

まぁしかたないか。
空の言葉を私は知らん。止むのがいつかは誰にもわからん。

摘み取り予定日の降水確率は70%
花穂がぐっしょりでは
どうにもならんのです。


摘む

そういうことで
私にできることはこれだけ。

「まだまだあるで。全部切ったろ。」

今度は数を数えんからね。
花穂の頭も揃えんからね。


束

雨が降っても誰かは来るやろな。

傘さして見物するのは
今しかできんことなのです。

来週には花も終り。
手ぶらで帰すのもあれなので
ハウスで花穂を集めておきましょう。


本

まだまだ1000や2000はあることでしょう。

ラバンジン

心配せんでも
来週からはラバンジンたちが咲くはず。

今度はこれを切りにおいでなされ。

私が花色だけで選んだ品種
リチャードグレイをどどんと植えておる場所は
めったにないと思います。

うぶ毛の生えた灰色の葉に
紺色に近い花が咲きます。

私も大きな株は見たことがないので
楽しみにしておるのです。

インプレスパープルも花の色は濃いし
写真撮るのはこちらがよいかも。

あの日
このために品種を多くしたのですから。

役に立つ日が来たのかもね。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

母が電話してきました。

「明日もあさってもくもりや。みんな来るんやろ。」

雨が降らんことを希望して
降っても無駄足にはならんように。

「すっかり咲いたよ。」
ラバンジを残して満開のようでございます。

明日フェリーで帰ります。
霧で停船勧告が出ませんように。




テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月17日 (木) | 編集 |
人の力ではないと
いつもいつも書いておるのです。

おかむらさきは
枯らさぬように育てて、その花はただ待つものだと。

それを忠実に守り
ここまで行った鹿児島のらるさま

これは前人未到のお話です。

どこまで行くのかはわかりませんが
今は彼女に乾杯を。

鹿児島おかむらさき
「指宿の青」がもうここまで来ました。


okadon2+(2)_convert_20100617185159.jpg
花穂

今年はこれでよいのです。

もう葉が硬くなったことでしょう。
これからは雨ざらしにして
鍛えて育てましょう。


ものすごい豪雨が予想されたら
その時は雨避けして

あぁそうか
そんなことは言わんでも
あなたならもうおわかりのはず。

おかむらさきくん
遠くまで行って、ほんによく咲きましたこと。
ただ感謝、感謝。


大鉢

これは岡山の
40cmポットに浅く植えた例のあれです。

おかむらさきはやはり
広い鉢だと大きく広がるようです。

今年は咲かせませんが
誰かの参考になればそれでよし。

らるさま
その花穂を切ったら
この夏にはこんなことになるのです。

101の田んぼはもう一回り大きくなるかな。

「花が咲く、あぁ楽し楽し。」
などという
児戯のごとき時間はもうすぐ過ぎます。

充分にお楽しみあれ。

これが過ぎたら
ほんとの「管理」の時間が始まります。

真夏を越えるのです。
心の準備はよろしいかな。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

むはむーはんからメールが。

ふんふん
どうやら私の考えていた
「ラベンダーズ構想」は
動き始めたようでございます。

「自分の分を為せ」と
青い花が背中を押したようです。


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月16日 (水) | 編集 |
西日本では
イングリッシュラベンダーが6月に咲くのです。

梅雨のど真ん中で咲くのです。

「雨が降ったら田んぼに入るな」

「雨の中では花穂を切るな」

そう言うたら101くんが
「そりゃあんた、無理というものですがな。」


満開の6月3

これは2008年の6月23日。

大雨の後
おかむらさきはもう満開で田んぼは水浸し。

これをあの日は
母と二人で切ったのですな。

西日本なのです。
そんなことは当たり前と思っておればよいのです。

それで
いらんことして枯らした記憶があるような、ないような。

この日があったからこそ
わかったこともあるのです。

世の中は何でもやってみんとわからないもの。

雨の切れ間の田んぼで
ラベンダーの花穂を摘むには


670ほんの花束

雨の降る時には切るな」

切り口から病気が入る
踏み出したつま先がぶちぶちと根を切る
田んぼに足跡の穴ができる

それよりもなによりも
切った花穂がぜんぶカビだらけとなるのです。

それを防ぐために
巨大扇風機で強制乾燥させると
今度はカラカラになって色も香りも失せてゆく。

あの日の花穂は全部
ぽろぽろと落ちてしまいました。

バンドルにも押し花にもたどり着かんのです。
だから私は
たくさんの花穂を持っていたのでございます。


満開おかむらさき2

こんなことになって雨が降っていたら
「あたしゃーこの日を待っていたのじゃー」と
手を出しても

落ちる花穂とカビの生える悪夢が待っております。

こんな時には
仲間に託しましょう。

晴れた日に誰かがやってくれるはず。
それが私ひとりであっても
それはそれでよいのです。

自然に逆らっても
人にはできないことがあるのです。

残念なことはいつの日にか
きっとかなえられる時が来るもの。

最初からその覚悟を持って
あとは栴檀の君にお願いしましょう。

「曇りでもよいのだな。」

「うんっ。」

友よ、予定とは未定のこと。
奇跡を待つというのも
最近は「よいなぁ」と思うのでございます。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

花穂を切るお話はこれまで。

ほんとはもっとたくさんあるのですが
それはまた今度ということで。

梅雨の切れ間であろうと
紫外線は強いので帽子は必ずかぶりなされ。

田んぼに長靴は当然として
自動車が汚れるから下半身の着替えも必要かも。

私の実家のトイレは
父親の希望でTOTOの全自動
ホテル並みやで、ご心配なく。


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月15日 (火) | 編集 |
君は最近
ごはん食べたらとっとこ出かけて

帰ってきたら草の種をいっぱいつけて

たくさん遊んでおったのだね。


きつね

「あんな、おっさん
 明日のごはんはもういらんからな。」

「そっか、…。」

道の向こうに何かを見つけたのかな?
おもしろそうなものがあったんだね。

享年1歳
きつねくん没

交通事故でした。

「ぼくはM78星雲に帰ります。」

さよならきつねくん
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月15日 (火) | 編集 |
まだ何かあるんか?

あらいでかっ。
何ぼでもあるけれど、いっぱい書いても覚えられん。

これだけ覚えといたら
何にでも使えるということを。


ねござ

なんじゃ、またまたわけのわからんものを。

これはダイソーさんでも売っておる
「寝ござ」でございます。

夏になったら
涼しいところに敷いて昼寝するやつですな。

これを花穂の摘み取りに持って行くのです。

「途中で昼寝するんか。」

いえいえ
これが役に立つのですわ、ほんまに。


切り方

これを切ってどこに置く?

ふんふん、株の上かな。それは正解。

ではそれを
どうやってバラバラにならんように運ぶ?

新聞紙をたくさん持っていくかな?
そりゃ風で飛びまっせ。

外は風が吹いておるもの
さっさとせんと乾いてしまいます。

ということで
「ござ」が活躍するのです。

一番安いのはみーむんが知っておるはず。
これを一枚もっておれば
車に運ぶにも積むにもらくちんらくちん。

田んぼから運び出す
きちんと持って帰る
そこまでは考えておきましょう。

手ぶらで出かければ
自動車の中がめちゃくちゃになるだけでございます。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

これは全部
かつて私が失敗して困ったことたち。

知っておれば何でもないのです。

最後はもちろん
梅雨時のこと、雨が降ったらどうするのかというお話

花は咲き切り、雨はやまない
どうしましょね。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月14日 (月) | 編集 |
2010年6月14日現在

どんごろすおかむらさきくんは
短めながらも
その二番花を咲かせてくれました。

問答無用で叩き切った一番花は
その役目を果たしたのでございます。

「おぬしの分を果たせいっ。」

どんごろすくんはにこりと笑って
答えたようでございますな。

「今年はこれでよし。」


どんごろす

長い花は今年は無理

おっさん、これでがまんせいよ。


花花

細い細い二番花

なんやこれは、なめとんのかこらっ。

いやいや
そんなことはないのです。

来年のさ来年のために
今年はここまでにしておくのです。

君の使うはずだった力は
ほらここに


新芽2

明日の新芽
この真夏を越えてゆく者たち

新しい君たちのために
花たちは今年は咲かずにいてくれるのです。

さぁ行こう
これからが本番の真夏

大丈夫
みんながついておるわ。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

鹿児島のおかむらさきも
長崎のおかむらさきも
世羅のおかむらさきも
101のおかむらさきも

そしてあなたのラベンダーも
みんな同じなのです。

今年の力が来年の力となり
3年後の満開となるのです。

はるかな旅に
仲間がいることをお喜びあれ。

私のような天の邪鬼が
いっぱいおるのは楽しい。

ラベンダーズ
いつかいつの日にか
みんなでアンサンブル

この日本はけっこう狭いのでありますなぁ。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月14日 (月) | 編集 |
はさみで手を切る話は
もうええからの。

次行け次じゃ。

ほほーっ、なるほどね。


切り方

この花穂を切る方法とは

花穂の下の第一番目の葉のひと節め云々
まぁそんなことは
専門書をお読みくださいませ。

私はもっぱらこうですな。

「えーっと、はさみの刃が当った所を切れ。」

めんどくさいことを
どうのこうの言うても

切る花穂はいーっぱいあるのに
そんなことしとったら熱中症でぶっ倒れます。

最初に株をよく見て
自分で決めてしまえばよいのです。


かめ

あほの言うことを聞いとったら
知らん間にあほがうつるでぇ。

「今年も来ておるのか、あほ亀が。」

あほ言うもんがあほやと言うぞ。

…。

木を見て森を見ずと申します。
花穂を切るには花穂を見ていては
ろくなことにはなりません。

花穂を切るには
株を見ておればよいのです。


アッフ゜

さぁどこを切る?

片手で数本つかんだ花穂
反対の手ではさみを持って

方法は二つだけですな。

まず
こんな元気な株は形だけ見ておればよし。
葉っぱが残るように
丸く丸く切っていけばよいのです。

花穂の下の一番目の葉の下を切れと言うたら
みなさん
手がぴたりと止まって
ものすごい虎刈りをやってくれます。

そんなことしたら
後から直すのにどれだけかかるんやろ。

「元気な株は
はさみの刃が当ったら
とにかく丸くなるように切れ。」

よほどの猛者でない限り
これでちゃんとやってもらえます。


h@i.jpg

もうひとつはちょっと大変ですな。

これはちゃんと理解してくれるお人に頼みましょう。
もしくは自分でやりましょうね。

株自体が弱っていて
花穂を切ったらまる坊主になりそうなやつ。

こいつはちょっと気をつけましょう。

これの花穂は
最初からあきらめたらよいのです。

株の葉の数が最大限残るように
切ることで何とかなります。

形はいびつでも虎刈りでもよいのです。
そんなものは
後からいくらでも治せます。

花穂に使う力を
新芽に使えるように切る。

するとこうなります。


新芽

光合成をつかさどる葉っぱが
次々とにょきにょき伸びて


切った葉ょ

まる坊主だった株もとにも
新芽が伸びて来るのです。

虎刈りが気になれば
それからまた丸ーく切ったればよいのです。

最初からがつんと切りこんだら
あっという間に枯れますので
ご注意ください。

肥料はいりません。
というより、やったらすぐ枯れます。
ほんまにすぐ枯れます。

やってみたらよろし。
花の苗とはここが違うのですな。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

花穂を切るのに
まだ何かあるんか?

ふふん、あるのじゃ。
知らんことは何ぼでもあるのです。
役に立つかどうかは私は知らんけどね。

お役に立ったらコメントしてください。
お待ちしております。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月13日 (日) | 編集 |
「ほんなら、せん定バサミを使うたらええんやね。」

むはむーはんなら
たぶんそう言うことでしょうな。

それがねぇ
なかなかそうもいかんですわ。

やってみたらわかるんですが


おかむらさき

こんなになっている株のそばで中腰になってですな

はさみを持って「いざ切らん」と
視線を落とす先には


角度

こんな感じで密集した茎が待っているのです。

当日は花が咲いているはずなので
はさみを入れる場所はまず見えません。

片手でつかんだ花穂を
「このあたりであろう。」

数本つかんだ隙間を覗き込んで
ざくざくと切ることになるのです。

「それで、せん定ばさみの何が悪いと?」


ロイヤル

これは6月11日現在のロイヤルパープル
おかむらさきよりも茎が硬いのです。


並び

そしてラバンジンたちはもっと硬いのです。

ふんふん、それならせん定はさみが
なおさらよいではないか。

「よく切れる、力を入れるとぶっつんと切れる」

私は二度ほどやったので
もう懲りておるのですが

力を入れやすいので花穂をつかんだ指を
ぷっつんと切るのですわ。

それでね
よく切れるのでしばらくしないと
本人も気がつかないのです。

せん定はさみで指を切るとびっくりしまっせ。

「うーん、これは治るんか。」

刃が太いので切り口がばっくりと開いてゆくのです。
もう何にもする気にはなりません。
お風呂も苦労しますわ。

そういうわけで
ラベンダーの花穂を切るのに
せん定はさみはお勧めしません。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

人はすぐに慣れるのです。

二株も切ると注意力が散漫になって
痛い目にあうのです。

草取りと同じで
花穂を切るのも道具と技術

指を切ってからでは遅い
ほんまに痛いんやで。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月12日 (土) | 編集 |
私は一応プロなので
怪我するわけにはいかんのですな。

「何の寝言じゃ、おっさん。」

ふふん
はさみで指の皮がべろべろになるのですわ

ちよっとのことで
痛い目をせずに済む。

ほんまでっせ。
やってしもうてから
「あいたたたー。」

今回のお話はこれですな。
お暇なお人はお付き合いください。


おかむらさき

こんなことになっているのです。

おかむらさきは大暴れして
こんなことになっておるはずです。

これを切るために


はさみ

ハサミを使うのですな。

グリップが平たいのと丸いのとがあります。

ちょっとだけ切るのなら
どちらでもよいのです。

田んぼで使うにはバネ付きのこんなのがお勧め。
大量に切ると
あなたの手に大変なことが起こるのです。


はさみ2
握り

ラベンダーの花穂を切るためには
こんな角度が必要なのです。

上から下へ
ハサミは横を向いて


丸い握り

これをこんな形のはさみでやると

まさつ

私の場合は
この中指の第二関節が
常に動くのです。

いつでも広げたり閉じたり
それはそれは摩擦が凄いのです。

この接点だけが知らぬ間に水膨れとなり
べろべろに皮がむけるのです。

やってごらんなさい。
ひと月はひいひい言うて過ごせます。


「あほの子かな。
 手袋はいたらええんやないの。」


そうはいかないのです。
右手も左手も手袋はいたらいかんのです。

右手は切る感覚が
左手は避ける感覚が
どちらも極端に鈍くなって

よく切れるはさみで必ず手を切るのです。
何回もやったのでよーく知っております。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

はさみで切ると
勢いよくやってしまうのですな。

それはそれは治りませんので
本気でお読みくだされば
なによりでございます。

それから

どんごろす

岡山の物干し台の横
どんごろすくんが


どんごろす2

2010年6月12日
本日開花しました。

一番可能性が低かったはずなのですがね。
世の中はおもしろいですなぁ。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月11日 (金) | 編集 |
ここ数日の32℃越えの気温

ここまで奇跡のように
走り続けてきたラベンダーたちも

ここで明暗が分かれたようです。


ムンステッド
ストレイン
ロイヤル
ヒドコート

どこかで混ざっていたムンステッドも
ストレインも

ロイヤルパープルも
咲き始めたヒドコートも

これらはこのまま咲かせてみましよう。


おかむらさき

それでね101ラベンダーズのみんな

おかむらさきくんは
今年はここまでにしておきましょう。

今から花を咲かせる力を
新芽を育てる力に使いましよう。

花穂を早急に切って下さい。

できるだけ葉を残すように
雨の日には切らないように


花穂

おかむらさきがどれかわからんぞ。

花穂がぐにゃっとなっていて
葉が焼けておるのがそうです。

そして花穂を切ったら
このむしろが
見えなくなるくらいに

厚く広く草のマルチをかけて
地温の上昇を押さえて下さい。


溝

それから今度は
本格的に梅雨対策を。

田んぼからの水を確実に止めて下さい。

板を切ってふたにしてもよし
ビニールマルチを丸めて詰めてもよし

何でもよいから
いつもいつも湿っていないようにしましょう。

やることは多いけれど
今やっておかないと来月には枯れまっせ。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

最初からうまく行くはずがないのです。
今年はここまで来れたのをよしとして

明日にでもだれか動いてくれませんか。
雨の中では決して切らないようにね。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月11日 (金) | 編集 |
西日本放送の
気ままにラジオ~
雨の日晴れの日曇りの日という番組の

ラジオカーレポートに出演しましたんですわ。

本日も32℃を越えて
それはそれは暑い一日でございました。

「ブラシの木」のお話だったのですが


ブラシ

まぁそれはそれで何とかやりまして

リクエスト曲の間に
やっぱりラベンダーの田んぼに移動するのですな。

「うーん、これはぶっつけ本番というやつではないかな。」

彼女はプロなので余裕です。
私は何をしゃべるのか
頭の中でかき混ぜて、いつものように開き直るのです。

「キーワードだけは言うたるぞ。」

私がとりあえず話せたことは

「香川県でおかむらさきを咲かせる方法」
「おっさんラベンダー」
「ラベンダーズ構想」

白井さん
好き勝手なこと言うてお騒がせしましたな。

またおいで下さい。


白井さん

本日初めてブログへおいでのみなさま

ようこそラベンダーズの世界へ

あなたがイングリッシュラベンダーを
いつか植えたいなとか
私のお話につきあってもよいとか

そんなことを考えたのなら

今日からあなたもラベンダーズです。

一緒にやりませんかな。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月10日 (木) | 編集 |
本当にずーっと
ほったらかしにしておいたこと。

去年の梅雨に大鉢に植え替えたお話

ほったらかしラベンダーのその後

「ふふん、都合が悪くなったことは
 隠しておくのではなかったのかな?」


きつね

これは君が生まれたころのお話。
私はずっと続けておるのだよ。

ほぉら


ほったらかし
2010_0610_151816-CIMG6820_convert_20100610183842.jpg

右はあの日に植え替えたロイヤルパープル
おかむらさきは別の場所にあります。

左はいつものほったらかしくん。
今年もちょろっと咲きまして。


大鉢

背の低い大きな鉢に
ラベンダーをゆったりと植えたらどうなるのか。

たぶん、露地植えのように大きな株となるのでは?

地温を下げるためにポットに日除けして
草のマルチで肥料なし。

有機石灰だけであれからほぼ一年
こうなりました。


ヒドコート

ついでに雨ざらしのヒドコートたち。
何のことはないのです。

肥料はやった覚えがないけれど
石灰は何回もふりました。

まぁ花穂の青きこと
いえいえ、紺色と呼ぶべきかな。
ハウスものとはちと違います。

「ほんでもな、これでできたら
 何でもできるんやで。」

化粧鉢では見えないことを
ただ黒いだけの大きなポットが教えてくれます。

私の頭の中では
どうやら答えが出たようです。

この土地ではイングリッシュラベンダーに
チッソ肥料はほとんど必要なし。

太陽と水と石灰と
ある時期のカリとそのための長い時間。

それだけでここまでは行けるようです。
あとのことは次の課題やな。

この項はまだ続くのですが
今回はこれまで。

ベランダガーデナーのみなさまにも
花穂が100本越えのラベンダーが見えてきたようです。

いつか誰かが
「やりましたぜい。」
そう誇らしげに答えてくれますように。

私の進む道とは少し違いますが
知らぬふりをする気は全然ないのでございます。

ほんとに誰かやりなはれ。


どこかへつづく

ロイヤル

来年は100本の花穂が立ちますように。

おかむらさきの大鉢はまた今度のお話ということで。

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月09日 (水) | 編集 |
とあるお人から電話がありまして

「ブラシの木を見せてもらえませんか。」

「はいはい、お久しぶりでございます。
 どうぞお好きなだけご覧あれ。」

「金曜日の午後3時に
 お伺いしてもよろしいでしょうか。」

「はーい、何とかします。 白井さん。」


ブラシ

あれから2年が過ぎました。

今度もよろしくお願いしますね。


227_convert_20100609195358.jpg


 RNCラジオ 1449 ♪

2010年6月11日 金曜日
午後3時過ぎたらお聞きあれ。

香川県のお人限定でございますが
おっさんラベンダー実名でしゃべります。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

うまいこと言うて
ラベンダーの話に持っていこうとしておるのであろう。

うんにゃ、そんなことはない。
私はブラシの木の引き出しだって持っておるわ。

ほんまかな?

たぶんね。


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月08日 (火) | 編集 |
「水を入れるんやったら
そう言うてくれたらよかったのに。」

101の母上が面倒を見てくれております。

「遠慮なしで水を入れましょうね。」

「わかった、遠慮なし。」


水

よしっ、花穂は垂れずにピンッ。

葉っぱは元気を取り戻して


100608_070636_convert_20100608183559.jpg

「咲きつつあります。」

本日、メールが届いておりました。
2010年6月8日、ほぼ予定通り

見逃すことなくお楽しみあれ
101ラベンダーズ諸君。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

にゃん

最近は出番がないにゃ。

帽子にしっこでもかけたろかな。

きつね

「なんやとぉう、こらっ。」

あっ、きつね寝入りきつね寝入りっと。
すぅすぅ、死んだふーり。


えーっ、
カウンターが一ケタ増えそうですな。
みなさま、ありがとうございます。

どなたか存じませんが
10000人目となられましたら
「よしっ。」とお楽しみくださいますよう。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月07日 (月) | 編集 |
鹿児島は指宿から
写真が届きました。

どうやら何とか生き延びておるようです。

それはそれは非常識極まりない教えに
真剣に向き合ってくれてありがとう。

九州でもここまで出来る
らるさまがそう教えてくれております。


おかどん

これは鹿児島のおかむらさき

一番花は切って
ペットボトルをどかんと据えて
草のマルチはあくまでも厚く

そろそろ花穂が青くなりましたな。
ここまで来たら何とかなるでしょう。


どんごろす
花穂

岡山のどんごろすくんも
そろそろ二番花が咲きそうです。

バケツで水やりしたおかげでございます。
石灰もよく効いております。
よしよし。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

花が咲いたとメールが来るのです。

もう少しお待ちください。
「花が咲く」とは
こういうことでございます。

花
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月06日 (日) | 編集 |
♪練習、練習やりなはれぇー
 バンドルバンドルめんどくさーい

 リボンがぐちやぐちゃ
 いぃーっとなるぅー あーほれほれ♪

ということで
ストレスの塊をみんなに配っております。

本番が近いのです。
今のうちに練習せんと
寝る暇が無くなりまっせ。


押し花

ふーん、どうやらセミプロが混ざっておるようです。

押し花の写真が届きました。


バンドル

バンドルも出たな
あんな細いハウスものでよう作ったなぁ。

田んぼの半分も太さがないのですがね。


リース

ほぅ

コンバイン

コンバインもやっとるようだの。
また花穂を送るから
みんなでいぃーっとなりましょうね。


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月06日 (日) | 編集 |
三日見ぬまのおかむらさき

2010年6月6日
昨日の最高気温は軽く30℃を越えて

本日も乾燥注意報の讃岐でございます。

今年も花穂はぐんぐん伸びて
ここからの二週間は年に一度の

ラベンダータイム

今回は悠長にアンサンブルなどと
フランス語で言うておる場合ではないのです。

ラベンダーズ、アセンブレ(集合せよ)!
見逃すことなく時を追いかけるのです。

毎日、毎時間
その花穂が色を変えて
むせるような香りがあなたを待っております。


列
上

午後からは
101くんがレディコンバインと偵察にきた模様。

そうそう、花が咲く過程がよいのです。
 
完全開花までのその途中の過程こそが
いちばん彼女たちが香り立つ時間なのです。

今年は水を切らさんから
おかむらさきがピンと立っておるわ。

風呂場の灰もよく効いて
自分で言うのもあれだけど
ほんによく出来ましたこと。


リチャード
赤

ラバンジン組は今年はまだまだのようです。

遅れていたブラシの木も咲き始めて
青いラベンダータイムの開会を

真っ赤な金宝樹が高らかに宣言するのです。

「よっしゃーっ、さぁ行こうぜぇっ。」


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月02日 (水) | 編集 |
101から
「おっさんの金もうけのために
 ラベンダースティックを作るわけにはいかん。」

うーん、それは誤解じゃ。
そう読めたのなら私が悪い。

ごめんなさい。


リース

むはむーはんさまが
夜なべしてリースを作ってくれました。

私が無神経なことを言うてしまいまして
申し訳ありません。

ごめんなさい。


経験上
ラベンダースティックにしておくと
一年中楽しめるので

今のうちに練習しておきましょうと
思うたのであります。

「何にも考えとらんから、あほなことを書くのじゃ。」

どんごろすのおかむらさきに笑われて
しゅんとしておる6月の夜でございます。


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月02日 (水) | 編集 |
2010年6月初旬

今年も花の咲く季節がやってまいりました。

そして
過湿と水切れの心配を同時にせねばならぬ

ややこしい季節がやってまいりました。


ほ
ほ2

瀬戸内海にはいつものように
いろいろな船が浮かんでおります。

今回は帆船をどうぞ。


田んぼ
株

今年で2年目。

そろそろラベンダーらしくなってきました。

一株で200~300本は花穂が立たんと
すかすかのラベンダーですわなぁ。

今年はその中間かな
来年が楽しみです。


列

奥から
おかむらさき
ロイヤルパープル
リチャードグレイ
インプレスパープル

ラバンジンは元気ですなぁ。

リチャードグレイの銀色は
よいアクセントでございます。


削る

いつものように草を削って

水

朝の5時から水を入れるのです。

どんどんどんどん
水を入れるのです。


水入れ
水3

このあと
ものすごい豪雨となりました。

「端っこまで水が届いたからこれでよし。」

どうせ明日からは
カンカン照りの日々が続くのです。

瀬戸内のラベンダーは
これでよいのであります。

涼しいか、おかむらさきくん?
もう少しで満開じゃ、がんばろうぜいっ。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年06月01日 (火) | 編集 |
毎年のことながら
6月の気候は恐ろしいのです。

梅雨入りすれば完全な過湿
カラ梅雨ならばあっという間にカラカラに。

最近は豪雨というのが加わりまして

それはそれは大変なのでございます。


田んぼの乾き

101の田んぼはカラカラに。

この間までふり続いた長雨の名残りは
どこにもありません。

最高気温は25℃以下でも

乾燥注意報と強風注意報

そして5月の最強の紫外線で


2010_0531_144351-CIMG6674_convert_20100601175545.jpg
2010_0531_144356-CIMG6675_convert_20100601175652.jpg

新芽が焼けております。

この数日の天候が
瀬戸内の初夏から真夏へと続く

イングリッシュラベンダーには恐ろしい季節なのです。

「濡れて腐るか、乾いて干からびるか」

そもそも初年度の田んぼは
やっぱりチッソ過多で葉っぱが柔らかいのです。


化石
化石2

ということで
勝手に石灰をふるのです。

有機石灰をふろうと思ったら
「なんじゃ、化成肥料が混ざっておる。」

「おっこれは何かな? 貝の化石肥料が転がっておる。」

これをふっといたろ。
どう考えてもカルシウムであろう。


切る

それだけでは間に合わぬのです。

「お母上、田んぼの水を入れてもよいかな。」

「うん、ええよ。」

ここを切ってこうやって


切る2
切る3

「いっぱいになったら止めといてね。」

「わかった。」

私はフェリーの時間を気にして
さっさと帰るのですが…


豪雨

天空のラベンダーズが気を利かせて

「おっ石灰ふったな、よしよし。」

これこれ栴檀の君
ちょっとは遠慮せんと前が見えんぞ。

今年も豪雨とカンカン照りの梅雨のようです。

どうなる、101おかむらさき。

開花まであと少しの
ある日のことでございます。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

リース

そして花穂たちも
いろいろと形を変えておるようです。
ミームンからメールがきました。

次はどこに持っていったらええのかな。
101ラベンダーズの諸君
用意ができたらメール下さい。

君の奥様が「私もやる」というのもありでございます。


はりこさんとみーしゃさん
もう少しお待ちください。
まだ実家の花が咲きません。

実家の田んぼは
また明日のお話で。


次は3日からいなくなります。
ご容赦を。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用