構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2010年11月30日 (火) | 編集 |
一週間

あれから一週間後でございます。

わけあって
今週も四国に帰っておるのです。

消石灰をふって叩いて
「土間の叩き」をやったつもりだったのですが…


叩き

土の水分量の関係か
そもそもの量が少なかったのか

思ったような硬さになりませんでしたわ。

約60株に40キロの消石灰では
「ちょこっとだけふりましたわ」
その程度のようでございます。

指で押したらへこむ
石灰が混ざった土でコーティングした畝。

やってみたら石灰岩の崖には
まぁ遠いこと遠いこと。

先は長いようですわ。
私がやろうとしておったのは


叩きの試験

またまた
わけのわからないものが出ました。

これは
ほんとの土間の叩きを
(まさ土と消石灰がほぼ同量)
苗のまわりに塗りつけたら

どんなことになるんやろうと

数週間前にやってしもうた試作品です。
「えいっ」と突いたら
指が折れるかと思うぐらいは硬いのですが

どうやら枯れる雰囲気ではありません。

私が考えているのはこれ。
実行するには
どのくらいの量の消石灰と
叩く回数が必要なのでしょうか。

「うーん、これはしばらく静観やなぁ」


草

今回はっきりと確認できたことは

トレファノサイドは本当に効く
草はほんまに生えん。

そして二週間後に
薬の効果が切れるころ
「叩き」にしてみたら

今度は消石灰のせいか
それとも気温のせいか

やっぱり草が生えん。

おかむらさきには
何の影響も見当たらない(ようだ)。

これは使うたろ。
春に使うたろ。


思うのでございます。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

冬に何をやっておるのかと
お思いのことでしよう。

ふふん
私、今回は
春には何もやらないつもりでございます。

せん定の「発芽スイッチ」は入れません。
もしかしたら
ブレーキをかけてやろうと
画策するかも知れませんで。


スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年11月29日 (月) | 編集 |
2010年11月の終わり

本日の岡山の朝は
放射冷却でカチンコチンに凍結しております。


凍結
霜

この環境下で
どんごろすのおかむらさきくんは


どんごろす

その色を冬仕様に変化させつつ…

上

その芽はそろそろ
上を向いて揃い始めましたわ。

このまま
真っ赤になって冬を越えたら
春にはここから
新芽が伸びることでしょう。

どんごろすくん
それは祥瑞(吉兆)なのかな?

それとも
とんでもないことの入り口なのかな?

まぁどっちでも
懲りはしないのですがね。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

先の見えないことは
ひたすら心配でもあり

それでいて
ものすごくわくわくすることでもあり…

大事なことは
その結果がどうであろうとも
自分で考えて
自分がやったことは

楽しいのでございますわ。

失敗こそが「次」を考える力
人が園芸に動かぬこの冬にこそ

あなたのラベンダーの「次を考える時間」
それがたくさんあるのでございます。


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年11月26日 (金) | 編集 |
おかむらさきくんは
その「高さ」が問題となるのです。

かつて私は
「おうおう、上手に咲いたわい」

6月の雨の中でなんとか倒れずに
咲き誇る花を見て

そしてその翌日から降る大雨に
それでも耐えて咲く花を眺めながら

2008年

これは2008年のおかむらさきくん。

あの年はひと株約600本の花穂が立ち
私は「ラベンダーは制覇したったわい」
そう思ったものでございます。

そのあと全滅しましまたけどね。


あの日のことを思い起こせば
「短い花穂にならんもんかのぉ」
ふとそう思ったのかどうか
今となってはわからんのですが

「北海道とは全然違うことをせねばなるまいっ」

それだけは感じておりました。
「突破口はそこしかない」

それが
もう20年近くラベンダーに携わっている

「南国の四国おかむらさき」
それをやっている私が
あの日につくづくと思ったことなのです。


土蜘蛛

横から見たらよくわかりますわ。

たくさんの足が地面に着いている
「土蜘蛛」のごとく…


株元

ここから
何がどうなるというのか

春になればわかりますわ。
私はこう期待しておるのです。


水平

これは長崎ラベンダーくん
おかむらさきの節間はこの3倍はありましょう。

そこから真上に伸びる
新芽の先に咲く花は
それはたくさんの数となりましょう。

たくさんの花穂は
その栄養分をそれぞれに分散させて
たぶん短いままで咲くのではないかなと。

うんうん
やればわかるわい。
だからやっておるのです。

おもしろいですねぇ
(そう言うて去年も失敗したような、しないような)

それでも
おもろしいものはおもしろいのでございます。

やめられんので
ございますわぁ。


立つ蜘蛛

かくして
そそり立つ蜘蛛たちは…


くもたち

みんな地べたに
へばりついたのでございます。

「うわっ、もう後には引けんぞっ」

ふふんっ
望むところじゃっ、かかってこんかいっ。

さぁっ、冬が来る。
そして
そのあとには6年目の春が…


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

長いお話のとっかかりが
ようやく語り終わりました。

ここから先は来年のお話となりましょう。
よくぞここまで
お付き合い下さいまして
ありがとうござました。

石灰岩の崖
たこ足せん定
土蜘蛛固めのお話は

今はここまででございます。



テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年11月25日 (木) | 編集 |
2011年はおかむらさきが
春先から地面を這うように

へばりつくように這うように
できれば
枝と枝の間を適度に間隔を取って

強制的にでも何でもよいから
蒸れないように
それでいてたくさん咲くように

そして
その花がぶっ倒れることの無いように


赤目

「おっさん、それは欲張りと言うものやでぇ」

この赤目ちゃんは最近
ずっとその辺で遊んでおります。

「何やとぉ、こらっ。」
ふんふん
お前さんは知らんやろけど

私はそれをずーっとずーっと
試し続けておるんやで。


針金
ペンチ

ポットでは
重りを枝にぶら下げたのです。

露地では
接する地面がずっと続いているのです。
ポットやプランターのように
空中ではないのです。

だったら
そこへ固定してしまえばよいのでは。


曲げる

コーティングした針金を切って曲げて
(錆びるのが少しは遅れるやろ)

枝先を地面に止めて行けば
間隔も自由自在やで。


挿す

私は左利きというわけではないのです。

こうやらんと写真が撮れんから
ただのそういう理由でございます。

たこ足にしといたから
先っぽはどこへでも動きまっせ。


土蜘蛛

こうしてお話は
ようやく「土蜘蛛」までたどり着きました。

適度な間隔
地面にへばりつく枝先

春になって
ここから真っ直ぐに立ち上がるのは
私の考えている花穂でありますように。

頼んまっせ、ほんまにね。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

おり

101くん
猪の罠はまっ黒になりましたで。

今度はとっ捕まるかな?

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年11月24日 (水) | 編集 |
「消石灰は別腹やね」

などと
言うたかどうかは知らんけれど


消石灰

今度は
「叩き」をずんずんと進めて行くのです。

消石灰をふり撒いて
(植え床ひとつに500g~800gでこのように真っ白になりますわ)


くまで

何回もやっておると
少しは何か考えますわ。

混ぜるのはこうして
熊手で叩けばよいのじゃ。

ぽんぽん、ぽぽんっ
うりゃうりゃっ。


4時間

これをじょれんで
ばんばん叩いて

さらに「こて」で
ぼんぼん叩いて4時間経過

「うーん、やると言うたからにはやらんとね」

もう絶対にやるとは言わんようにしようと
私は心に決めるのでありました。

(101にやらせたら、5分でどこかへ逃げるやろな)
などと思いながら
全部「叩き」にしたのでございます。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

お話が長くなって
書く時間が無いと困るのでね

「えーっ、101くん」
君ん所の二週間前に植えたラベンダーやけどね。

いのしし

猪が掘り起こして
日干しにしておったで。

レディコンバインと私の母と
一緒に植え直しといたわ。

パイナップルセージの向こうも掘り起こしておったぞ
あれはウリ坊(猪の子供)やろなぁ。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年11月23日 (火) | 編集 |
今回の植え替えの
最大の変更点は「有機石灰の量」

今までは
20㌔の袋で余っていたのです。

今回は「石灰岩の崖」をやろうと
少しずつ増やしていったら

合計で100㎏となりました。
消石灰は別のお話でございます。


穴掘り

前回
植え替え用に
何も植えていない所に埋めた有機石灰に加えて

今回は
場所が無くて植え替えできないおかむらさきたちの

ど真ん中を掘り上げてやね


もぐら

この「もぐら」の穴をふさいでやろうぜ。

讃岐の山のほうでは
「おんごろもち」と呼ばれております。

根っこの下に大穴開けやがって
真夏に干からびて枯れるわけじゃ。


どさっ

カキがらをどさっと
うーん、どどどっと入れてやろ。

そしたらみみずは
「うわっ、そんな所よう行きまへーん」
そしたらもぐらも
「あんたが行かんのならうちも行かんわ」

となるのではないでしようか。


埋める

そしてぶぁさっと埋めたら…

この時点で有機石灰の使用料が
100㎏となりました。

「これは入れ過ぎと違うかな」
そんなことを思いつつも

この上から
「叩き」をかましてやろうと
消石灰の袋をさくさくと
切って行くのでございます。

「そんなことしたら
 石灰の総使用料はどのくらいになるんやろなぁ」

うわはははーっ
知りまへーん、なるようになるわい。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

これは
石灰岩の崖を作っておるのです
そう信じておらねば
こんなことはできまへんでぇ。

それが正しいかどうかは
6月になればわかります。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年11月22日 (月) | 編集 |
2010年11月下旬でございます。

前回は
雨で中止となった「植え替え」を

二週間後にまたやろうとしておるのです。

全部で六週間をかけて
2011年仕様のおかむらさきを
仕立ててみたのでございます。


4n.jpg

本日はそれはそれはおだやかな
瀬戸内の大潮なのです。


島

雲が全然ないわ
風もないし
田んぼで石灰叩くには良い日やなぁ。


田んぼ

それでは行きまっせ。

おかむらさき2011年仕様
「たこ足」から始まって
「石灰岩の崖」。

最後は「土蜘蛛」となる予定でございます。


土蜘蛛

こんなやつですわ。

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

またまた
わけのわからん言葉が出てきました。

見たまんまやで。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年11月19日 (金) | 編集 |
「たぶんそうだろうな」と
半信半疑で引っ張ってみたら

この成長の早くて耐暑性のある
「よい子」は見せくれましたわ。


長崎

あの日に植え替えて(有機石灰の真上)

ちょっこっと寝かせてみようと
引っ張って育てた長崎ラベンダーくん。


45.jpg

45度の角度では
やはり頂点が優勢となりますわ。

このまま咲けば
二~三本だけびゅんと伸びて
パタンと倒れるのです。


水平

ほぼ水平まで引っ張ると
新芽はその大きさが揃うようです。

これを一節ずつ間引いていけば
同じ高さの花が
きれいに咲くのではないかなと
思ってしまったのです。

ひとたび思ったら
当然やってしまうのでございます。


三猫

「ふふんっおっさん、それは子供のやることやで」

何やとぉう、それのどこが悪いんじゃ。

わからないことはやってみる
知らないことは自分で調べる

本は読むけれど
それだけでは信用しない
自分でやってから判断する

情報とは「道しるべ」でしかない
どこの誰かも知らない人が書いたことなのです。

わが身で検証してから
ここに書いて行くのです。

うーん
今夜はボジョレヌーボーに酔うて
頭がふにゃふにゃしとるわぁ。

「それはいつものことではないか」と
チビ虎がつっ込みを入れても

そのとおりでございますなぁ。
ワインも楽し
ビールも楽し
芋焼酎もなお楽し

園芸とはやってみれば
変化のない粛々とした時間の流れる世界

それでもそれはそれで
楽しいのでございます。
ほんまに。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

さぁ私の弟にも電話入れといたことやし

実家のおかむらさきを
思ったようにやりに帰りまっせ。

今度は本当に失敗できないけれど
そんなことは考えもせんのです。

「うわはははー、全部叩きにしてやるわぁー」

来年枯れてしもうたら
「ごめんなさい」と言うまで。

やりまっせ、やればわかる
やらなければ何もわからんのでございます。

ということで明日は讃岐へGO。
しばらく留守にいたします。



テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年11月18日 (木) | 編集 |
まったく何をやっているのか
理解できないことでしょうな。

こればっかりは
6月になって花が咲くまで
説明のしようがないのです。

「ちゃんと立って咲くおかむらさき」
そんなものを狙っているわけなのですが。


ロイヤル
石

用意するものは
ダイソーで買ったこれと
弁当のおにぎりを包んでいたラップ
その辺の小石。


包む

もの凄い技術が必要なのでございます。

まずは小石をラップで包んで


つるす

枝先に吊るすいう
なんと5秒もかかる高等技術を駆使して

エビ固めを食らわしていくのです。
うりゃっうりゃっ。


べろん

ギブアップか?
まだまだじゃーっ。


つるつる

重すぎたら調整しながらと…。

だらん
平たい

ほりゃっ、全面エビ固めじゃっ。

ううっ、タップしますぅー
カンカンカーン、試合終了ーっ。


おかむらさき
おかむらさき2

おかむらさきくんも
当然のようにエビ固めでございます。

春までこのままにしておけば
手長だこのように地面を這うことでしよう。

これをオクトパスホールド
卍固めと呼ぶとか、呼ばないとか いちにいっさんっ、だぁーっ。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

あの日にみーしゃ様が送ってくれた
長崎ラベンダーが教えてくれたのです。

寝た枝からは
こんな新芽が出まっせと…。
それは明日のお話。

うわっ写真がない
さっさと撮らねば。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年11月17日 (水) | 編集 |
40cmポットのおかむらさきくん

たこ足にせん定されて
そのまま冬を迎えました。

ぜんぜん伸びないのは
これでもかというくらいの
有機石灰をぶっかけられているからなのでしょうか。

ちょびっとの硫酸カリもふりまいております。


大ポット

うーん
さすがにポット栽培だけあって枝が伸びん。
全部直立しておるわ。

これは私の思っている姿ではないのぉ。


ロイヤルパープル

外組のロイヤルパープルくんも
なんか中途半端やし

もっと「手長だこ」のように
這いずりまわらんといかんやないの。

ということで


おもり

こんなことをやらかしましたわ。

たこに逆エビ固めをかけてやりました。
うわはははーっ。

これはいちじくの応用
枝を曲げておるのです。

その方法とは…


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

コメントできんようなことを
次から次へと…

あぁおもろいこと
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年11月16日 (火) | 編集 |
今度は岡山編
2010年11月初旬のことでございます。

物干し台横の「どんごろすくん」
あの真夏に
有機石灰のボトル攻撃を受けて


ボトル石灰

日除けも雨避けもしてもらえず

肥料も(カリも)もらえずに
冬の入り口を迎えました。

さて、どうなった?


9月

9月にはこんな顔をしていたのです。

11月

11月になっても、その大きさは変わらず

それぞれの枝が太くなっておりますわ。

これをせん定しましょ。


せん定

直立している枝は
どんなにりっぱであろうとも

どうせ花が咲く頃にはぶっ倒れるのです。
ということでちょきん。


切った

♪切ってー切ってーまた切ってー♪

たこ足のできあがり


切りくず

うーん
切ったほうが多いような気もする。

大丈夫、枯れたらわかるわい。


株元

株もとはすっきり

ここから伸びる新芽は
どんなに伸びても40cmくらいやろ。
これなら蒸れません。


枝先

枝先はあくまでも一本

途中から伸びる枝は
全部切ってしまいましたわ。

細い細い枝が何本もあるよりは
ぶっといのが一本あるほうが
後々のためには良いのです。


マルチ

切りくずは
燃えるゴミに出すのもめんどくさいので

肥料としてマルチ代わりに
株もとにかけておきますわ。

防寒は必要ないのです。
ここは氷点下10℃になんか
なったことがないし

なったとしても「おかむらさき」でございます。
何の問題もなし
身が引き締まってよいわ。

それでは
このまま春まで
ほったらかします。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

らるさま
こんなことしてますけど
あなたは
お好きなように切りなされ

みなさまも
心配でしたらそういうことで。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年11月15日 (月) | 編集 |
じょれん

二週間前に
有機石灰を埋めて、さらに上からふりまいた
その場所を掘るのです。


すくう

そこへ
隣の列からおかむらさきをすくい上げて
どんっと置くのですわ。


置いた

今年は株間を「倍」にしてやろうと

無理やり植え替えをするのです。


石灰

掘っては植え替えて
さらに有機石灰と硫酸カリをふって

約二時間したら暗くなってきまして…


全景

よーし
本日はここまで。

残りは明日の朝やろうと
何もかも田んぼに置いて帰ったら…


雨

夜明け前から雨が降りまして

私は懲りないおっさんなので
少々のことならやってしまうのですが

今回は無理なのです。


だんご

石灰は水に触れると
だんごになってしまうのですわ。

そういうことで
また二週間待ちでございます。

今度は全部「叩き」にしてやろうかなと。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年11月15日 (月) | 編集 |
よくよく考えてみたら

このパイナップルセージ達を植えたのは
去年の秋であったわ。

この一年で
人が座ると隠れるほどの大きさになりました。
(ついでに書けば真夏に半分にぶった切っておるのです)

101くん
関東のベランダ王が「行って見てみたい」
そう言うておるで。


レディコンバイン


これは私ではありません。
レディコンバインが草取りしておるのです。

向こうに見えるのは山ではありません。
あの日
株間をうんと狭くして植えたパイナップルセージたち。

梅雨にも真夏にも蒸れることなく
人の腰の上くらいの高さで
いつまでも赤い花を咲かせております。

このくらい植えると
株もとが暗くて草が生えないようですな。


うちのも

うーん
あらためて眺めると
人との大きさの対比でびっくりしますわな。

触るとぷんぷん匂いまっせ。

101がこれで何か作ろうとしておるようですが
うまくいかなかったら知らんぷりをするでしょうな。


いのしし

それから
最近はハンター101が出没しておるのです。

うちの田んぼを荒らす猪どもを
「ぽぽんっ、捕ってくれよう桃太郎」
と言うて

シシトルマン(猪捕る人)と共に
週末になると仕掛けた罠を見まわっておるのです。

「がんばれ、ハンター101」
猪鍋はもうすぐじゃーっ。


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

びっくりすることが
ひとつあるのですわ。

この罠、手作りなのでございます。
とことんこだわるのは
私の専売特許ではないんやのぉ。

世の中は広うございます。

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年11月12日 (金) | 編集 |
時間

話があっちこっちに飛んで
いつのことやら
わからなくなってしまいそうですわ。

穴を掘って有機石灰を埋めたのが
10月24日のこと。

それを掘り返して
おかむらさきの植え替えをしたのが11月7日のこと。

本日はその日のお話の続き
この日も良い天気

だったはずなのですが…


うちのも

「植え替えしよう。」と
101が電話してきたのですわ。


植えかえる2

「わかった、やろやろ」

どどっと穴掘って
すこーんと植え替えて
有機石灰をばばばっと、硫酸カリをちょろっと

「水やっといて」
「ほいほいっ」

などとやっていたら
午後の三時を回ってしもうたわ。

「それではまたっ」


パイナップルセージ


そうそう
ちょこっとだけ有名になった
パイナップルセージの海でございます。

ラジオで「もう花の時期は過ぎて…」
などと言われたのですが

この花はこんな感じで
霜がたっぷり下りるまで咲き続けるのです。

もう少し楽しみなされ、101ラベンダーズの諸君
この植物はほんとに何にも手がかからん
101くんのための花なのでございます。


予定地


さてさてそれでは
実家の田んぼです。

上も下も有機石灰のまま二週間
台風とか長雨に打たれて


田んぼ

「どれどれ、掘ったろ」

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


またまた話を伸ばそうとしておるのではないかと

うーん、まったくそのとおりで

この植え替えは
実際のところまだ終わっておらんのです。
あの日に日が暮れてしもうて
次の日は夜明け前から雨が降って…


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年11月11日 (木) | 編集 |
本

夢枕漠さまの
魔獣狩りが完結したのです。

長い時を楽しませてくれた
物語が終わってしもうたのです。

このお話が始まった頃は
私はまだ成人式を終えた鼻たれ小僧

独り暮らしが始まって
「本」という世界にのめり込んで行ったあの頃。

登場人物はもちろんみんな年上で
当時は無かった新しい伝奇

なかなか進まないお話と
どれだけ絡めあったら気が済むのかという展開に
心躍らせた日々。

あれから約三十年
私は登場人物よりも歳を取り

少しは世の中も見えてきた50歳に手が届き

この物語は終わりを迎えましたわ。

よくぞここまで書いてくれたこと
よくぞ最後までたどり着いたことよ

続けるということに
勇気をもらいましたわ。

さて、私もねちねちと
続けさせてもらいましょ。

いつの日かの
大団円、堂々完結のその日まで。

ご苦労様でした
ほんまにありがとうございました。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年11月11日 (木) | 編集 |
おかむらさきも
ロイヤルパープルも

このままでは来年になったら
株と株が重なりそうなのです。

おまけに
たこ足にして地面を這わせてやろうと
密かに企んでおるのです。

ここは植え替えですわ。
ついでに
有機石灰の座布団と
「叩き」もやってしまいましょ。


株間

これをまず
たこ足にせん定して
二週間ほどほおっておきます。

すぐに植え替えすると
茎も根も同時に切ることになるのです。

まずは上を切って
落ち着いたところで根を掘る

こういうところは
きっちりと押さえておく
ずる賢いおっさんなのです。


たこあし

これをこうしている間に

予定地

植え替え予定地に
穴を掘って有機石灰をどんと入れて

土をかけてふたをして
その上からまた有機石灰をかけて

ふふん
合計したらひと株につき1㎏ほど使うたわ。

全部で100㎏ほど田んぼに入れて
準備完了。

この後すぐに
台風と大雨が来たのです。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

霜

2010年11月11日
岡山の沿岸部にも霜が下りました。

秋はもう過ぎて
冬が本格的に来たのですわ。

ここの冬は雪ではなくて
とにかく乾燥した低温の風

真冬なのに
植物が水切れするという
恐ろしい季節が来たのでございます。
テーマ:園芸
ジャンル:趣味・実用
2010年11月10日 (水) | 編集 |
これに水をかけると

セメントとは言わないけれど
そこそこにカチンカチンとなるのです。


水

何のためにこんなことをしているのか?

ひとつには
モグラとみみずがこないようにするためです。


もぐら

これは二週間後のおかむらさき

「おおっ、もぐらが株もとでバックしとる」
おかむらさきの真下には
有機石灰が約500g入れてあるのです。

みみずはそれを嫌がって来ない
それを食らうもぐらも来ないということか。

とりあえずよしよし。
ついでにかなぶんも来ないとよいなぁ。


株下の石灰

これだけ入っております。

土と混ぜるなどと考えてもおらんのです。
この有機石灰にしみ込んだ水を
おかむらさきが吸うのなら

こんどこそ「硬水」
欧州仕様やないかな。

それがこんなことをやる
二つ目の理由。


上からたたき

そしてさらに
上からは「どまのたたき」

三つ目の理由は「雨」を利用したろうと。

これからこの地方には
たまに冷たい雨が降り

短い冬が過ぎたら
菜種梅雨がしとしとと降るのです。

この上から降る雨に
叩きの消石灰と有機石灰が溶け出せば

それはそれは
葉っぱがカチンカチンのおかむらさきにならんかなと

そう思うのですわ。


tl.jpg

いかんいかん
これを忘れると石灰過多で
水切れと病気に弱くなるやないの。

5対1の法則
ここで硫酸カリをぱらりんとやりますわ。

塩化カリは小袋が売ってなかった。
それならあるものでよいのです。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

写真をじーっと見ているお人には
気付かれたかなと。

トレファノサイドの効果
草はこうなりますわ。
テーマ:園芸
ジャンル:趣味・実用
2010年11月09日 (火) | 編集 |
またまたわけのわからんことを書く

「ドマノタタキ」とは何やの


にゃおん

こらっ、おっさん
眠たいこと言うとったら承知せんぞぉ。

私らは眠くなんかないんやからね
くかーっ
すうすうすう…。

ばかたれにゃんこどもほおっておいて

ドマノタタキはどまのたたき

田舎の古い民家の入り口にある
土間の叩きでございます。


叩き

土間の叩きはどうやって作る?

そもそも
何でそんなものがラベンダーの畑に出てくる?

石灰岩の崖はどこへ行ったの?

それらを説明することもなく
とにかく始めますわ。

途中で気付けば
「ははーん」となります。


消石灰

土間の叩きとは
簡単に言えば
消石灰とまさ土(花崗岩の山にある強酸性の土)を混ぜて

平たい板きれとかで叩くのです。
ぼんぼん叩くのです。

紙袋入り消石灰を買ったので
濡れないように有機石灰の袋に入れております。
くれぐれもこれは
有機石灰ではなく「消石灰」でございます。


混ぜる

讃岐の田んぼは花崗岩

消石灰をぶっかけて混ぜる混ぜる


じょれんで叩く

こんな時にじょれんは便利

とにかく平たく叩く叩く、ぽんぽんぽん。


左官屋さん

ほら、出たっ「こて」。

叩いたら今度は
左官屋さんのように細かい所を叩いて滑らせて

思っているような植え床を作りましょ。
角が立つのがおもろいこと、おもろいこと。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

えーっと

あまりの展開にコメントも何もあったものではない

そう思っていることでしよう。

とりあえず笑っておいで下さいませ。
わはははーっ。
テーマ:園芸
ジャンル:趣味・実用
2010年11月08日 (月) | 編集 |
2010年11月上旬でございます。

二週間前にいろいろとやってしもうた
あのおかむらさきたち。

「生き残っておるのか?」

今度はそのくらいのことをやっております。


二週間

ふんふん
生き残っておるわ。

というよりも
これはなかなかよいのではないかな。

何のことか解らんでしょうが
知ってしまったら

「あ、あほの考えることは恐ろしい」と
いうようなことをやっております。


石灰の上

これを植えかえたらすぐに
台風がやってきて
とにかく雨がしつこく降り続く低温で日照不足の日々。

それでもこれですわ。
今度は何のマルチもなし。

雨の跳ね返しは全部浴びて
植えたばっかりなので土はどろどろに…

「嘘を言うな、植え床のエッジが立っておるではないか」


90パーセント

植え直した所だけが
讃岐うどんのように角が立っている。

そして
その新しい株は長雨に耐えて…
いやいや、元気そのものでございます。

植えてから二週間経過
これは枯れないということで良いですわな。

それでは何をしでかしたのか?
そろそろっと始めましょか。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

いやあ
やってしもうた本人としては
はらはらどきどきの二週間でございました。

これは園芸の話ではなくなりましたわ。
ほんまにね。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年11月05日 (金) | 編集 |
ちょっと前に
園芸資材はこれがこうこうで
除草剤はこれこれがこんなので

良かれと思って言うてみても
「だったらお前がやらんかい」

讃岐ではこれをへんどのお粥と申します。
または
うどん屋の釜と申しますわな。

どちらも言う(湯)ばっかりという意味でございます。


トレファノサイド

トレファノサイド
除草剤、ふりまいておけば草が生えんというもの。

通路に使いましょ。
今回はかなり引っ掻きまわしたので
草が生えるはずなのです。


黄色

何の遠慮がありますかいな。

[無農薬有機」というのは
天下無敵の代名詞ではないのです。

有機であるからだめなこともあり
無農薬であるから打つ手がないこともあるのです。

私にはそんなプライドはございません。
何でもやれることから始めて
もしも可能なら「それ」を求めたいと思うのです。


時

時間というものは
誰にも平等にやってまいります。

「忙しいから草は生えんといてね」
などということは聞いてくれまへん。

「農薬は心配じゃー」
だから草ぼうぼうで手がつけられん
「うわわっ、枯れてしもうたわ」


私が率先すればよいのですわ。
母がいつまでも元気で草取りをするというのは
どう考えても無理なのです。


通路

今回はこの通路全部に
トレファノサイドをふりまいて帰ります。

ラベンダーに、いやいや生えている植物には
もの凄い汚染とかそんなものはないのです。

人には「うーん」という臭いがするのですが
このガスで雑草の細胞分裂を阻害して…

ひと晩経てば何の臭いもしませんわ。
「使えっ、こらっ使わんかいっ」と
言うておりのではありません。

このような使い方もありますと
ほんとに忙しいあなたが
春先のほんの数日だけ、草が生えるの我慢してねと

そんなことが許されますようにと
私は勝手に思うのでございます。


101ガーデン

それから当然のことながら
101ガーデンもせん定しといたのです。


こがねむし

うわっコガネムシがおる。
これは根っこ食われとるわなぁ。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

ということで
明日の昼にはここにおるはずです。

それでは…

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年11月04日 (木) | 編集 |
たこあし

今回はひと株だけ植え替えするのです。

「あること」をやろうとしておりましてやね

こんなことして植え替えても
「枯れない」ことを確かめるために
2週間待とうと企んでおるのです。


植え替えをする

これを掘るのには
まず、まわりから攻めるのですわ。


まわりから
境界線

横に伸びる根に届いたら
ここが「境界線」です。

2年前はこれをぶった切った様な気がしますわ。
あれは梅雨に枯れました。


すくう

下に伸びる根は20cmしかないのです。

ここはじょれんですくい取って、うりゃっ。


ドンと置く
ドンと置く2

どんっと置いたらよいのではないかな。

土をかける

ポットと同じように
まわりの土をかけていって


水

天気予報ではあと数時間で「雨」なのですが

降らんかったら困るので
植え付け水はたっぷりやっときます。

だいたい
これをけちって枯らすのですわ。
ひと株に1ℓくらいやらんと意味はないのでございます。

ただ一度だけがんばれば
後の水は必要なしなのにねぇ。


植えかえ
できあがり

植え替え完了でございます。

有機石灰の上に直接ラベンダーを植えるのは
あえて言うならば
「有機石灰の層」でしょうか。

「有機石灰の崖」はこれではありません。
答えはもうすぐ出る予定

枯れたら知らんぷりをするのでよろしく。


崖

うーん
ほんまに園芸ではなくなったのぉ。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

もうひとつやったことがありますので
よろしければお付き合いくださいますように。


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年11月03日 (水) | 編集 |
ポットで成功したからと

何の躊躇もなくやってしまうおっさんなのです。

大量の有機石灰をふりまいて
その上に直接おかむらさきを植えてしまおう。


ポット

まずはポット苗から始めましょ。

この日のためにあの夏の日
4~5本仕立てにしたおかむらさき15cmポット。


石灰

穴は掘らないでも
有機石灰の上に置いてまわりに土をかけていけば


植え床


ちゃんと高さ約20cmの植え床ができ上がります。

今度は広いでぇ。
約90cm×180cm、ベニヤ板にひと株の計算やで。


高い畝

うーん
まだ試験中なので公表できませんが
最後にはこうなりました。

うしろにセメントを塗る道具が見えていますが
間違いではありません。


bw.jpg

何が起こっているのかご心配でしょうが
たぶん、私はもっと心配しておりますわ。

それでもやることはやります。
答えはまだ出ませんが
2週間もすればわかるでしょう。


植えかえ

さて
書き方を間違えましたわ。

これは植え直しでございました。
植え替えとは少し違う。

右のたこ足おかむらさきを
左の石灰の真上に植え替える

それこそが植え替えでございます。

「いきなりやるんか?」

もちろんでございます。
それでは本番
ここからが長崎みーしゃさまラベンダーにもつながる
ラベンダーの植え替えのお話。

行きまっせ。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

らるさまも
みーしゃさまも
ようやくここまで話が進みましたわ。

これをどう自分なりに消化して
秋のせん定と植え替えをするかは
あなたにおまかせします。

101くんは
まかせたらほんとに危ないので
ちょっと考えますわ。

全国のラベンダーズのみなさまには
「答えを見てから動く」というのを
お勧めいたします。

この週末には
「その2週間後」でございます。

もちろん
何がとうなっているのか
確かめに帰るのでございますわ。


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年11月02日 (火) | 編集 |
掘ったら当然のことで

植え替えをしてやろうと思うわけですわ。

「よーし、石灰を●●するでぇ」


とんが

株を掘ったら今回は
もう少し掘りましてやね


耕す

この列は全部植え替えたろ。
ほりゃほりゃっ、ミミズももぐらも出て行けぇっ。


じょれん

まだまだやでぇ
今度はじょれんで平たく平たく

こんなもんかな。


穴2

ここから下は
くわが入らないくらいは硬いのです。

ここにあれを…


有機石灰

♪ゆーきせっかーい
 ゆーきせっかーい、とっとことっとこふりまっせぇー♪
 
ひと株500gでどんごろすは正解やったな
そしたら
そんだけふってやろう。


植えかえ

それでは行きまっせぇー。

今度もいつものように
あなたの予想をわははーっとぶった切ってやね…


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

最近は有機石灰の上に
直接植えるのにはまっておるのですわ。

いつになったら枯れるんか、はっきりせい。
枯れんということは
元気になっているということは

これでよいのではないかな
ほうほう
それはおもろいやないの、ねぇ。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2010年11月01日 (月) | 編集 |
春先は根がまだ伸びていないし

梅雨時は花が満開やし
真夏に掘ったら絶対枯れるし
真冬はカチカチに凍って掘れんし

ということで今掘って
「ラベンダーの根っこ」というものを観察してやろうと
元気な株を掘り起こしてやろうと

そんなことをする
「あほ」はなかなかおらんであろうから
みなさまにも
ちょこっとお見せしようかなと。


ラバンジン

ラバンジンくんは
それはそれは元気なものでございます。

あの夏さえ
「なめとったらあきまへんでー」と
ぶっとい枝に葉っぱを茂らせておりますわ。


3掘る
今回はリチャードグレイくんに
それを見せてもらいます。

この地方の気温では咲かないようなので
何の遠慮もなく
根っこを見せてもらいましょう。

うりゃっ、引っこ抜いてと。


広がる

ラベンダーの根はこうです。

地上部からすぐ下に
真横に広がる太めの根が広がり

真下に伸びるのは
短めの細い根ばっかり。

直根が真下に伸びることはなくて
横に広がる根もたいしたことはない。

こんな大きな株でも
簡単に手で引っこ抜けるのです。


根の上

原産地ではたぶんこれが
石灰岩の崖のすき間に入り込んで
たこのように岩をひっつかまえているのでしょう。


下の根

そしてこの細い根で
水分を吸っていると思うのです。

深さにして20センチくらいのものかな。

だから真夏に乾燥すると
あっという間に干からびるのではないかのぉ。

ラバンジンでこれだから
イングリッシュはもっと根が少ないはず。

うーん、ちょっとおかむらさきも掘ったろかな。


おかむらさき

やっぱりのぉー

根っこはこんなもんやな。


おかむらさきの根

株もとから20cmくらい
細い根っこも太い根っこも
そこまでしかありませんわ。


先の根

私が地上部をたこ足にするのは
地下がたこ足だからかも知れませんな。

こんな貧相な根しか持たない植物が
わさわさと茂っていたら
真夏に水切れするに決まっておるのです。

これを見たら納得できますわ。
「いやいや、田んぼで水浸しにして育てるから
 こんなことになるんやないの」

そうかも知れんし
そうでないかも知れません。

それでも水を切らしたら
とっくに枯れていたのです。

ラベンダーの根を見る機会とは
植える時と枯れた時でしょう。

たまには元気な根を見るのも
いろいろと考えられてよいのです。

そしたらこんなことをやりたくなって…


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

まだ何かやる気かというと

まぁそうなのでござます。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用