構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2011年07月29日 (金) | 編集 |
今年の夏は暑くない
こんなに曇りが続く夏は知らんで。

気温が35℃以下の日が続くと
「これは騙されとるに違いないわ」

確かに昼間と夜は蒸し暑いけれど
丸一日はぁはぁ言う日が
ふた月ぐらい続くということは無いのです。

それを指して
「今年の夏は暑くない」
夕方に涼しい風か吹いたりすると
「いかんいかん、
ここは暑くて蝉も鳴き止む気候のはずやで」



今年はまだ「赤トンボ」が田んぼで踊っています。
いつもの年なら
とっくに山へ飛んで行って涼んでいるのに。

ふふん、騙されんんでぇ
これは何かあるやろな。

台風か、秋が暑いか
何が待っておるのかは知らないけれど
道場開きは近いのですわ。
苗はおもしろいほど元気です。

私は夏バテしないおっさんでして
夏は水太りしても
汗が辛くない人になります。

30代までは日焼けしたら
皮がむけたりしたのですが
最近はそんなこともなくなりましたわ。

ご飯食べてビール飲んで
昼間は毎日2リットルの緑茶で水分補給
家には「オイル」というものが無く
牛肉はもう味を忘れた

実家で作った黒豆を炒ったのを
ビールの当てに
ひたすら食べ続けていたら
疲れることも無くなりました。

体が元気というのは
あほみたいなことを考えるのに
非常に役立つのです。

よしよし、誰も試さないことは
率先してやらんといかんのぉ
土のお話やで…

日曜日に二日酔いで無ければ
ホームページにつづく



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2011年07月28日 (木) | 編集 |
カレーうどんはあれやで
普通のかけうどんに
「かれーうどんはうまいらしいで」と
そのままカレーをぶっかけたら
多分おいしくはないと思う。

カレーうどんにはカレーうどんのルール
カレーうどんのための味付けがあるわけですわ。

蒜山やきそばは味噌ダレですが
普通のソース焼きそばに味噌をぶち込んでも
おいしくはないと思うのです。

さて
普通栽培の野菜たちに(肥料の3要素がきちんと入っている)
「有機石灰とカリがええらしいで」と
いきなりふりまいたら
何かが肥料過多となっておそらくは枯れますわ。

チッソが無いところに有機石灰が効き
石灰が効いたところにカリが効く
ということだと思うのです。



それからしーばさま
チッソが無いとおいしくないのは
キャベツとかレタスなどの葉物野菜です。

実を食べる野菜は
「おっさん、けちりやがってチッソが無いやないか」と
葉っぱをたくさん茂らせて
光合成を全力でやりまして

「こんな飢餓状態にしやがって
子孫をたくさん残さないと絶滅するやないか」
そう言うてたくさん実をぶら下げておるようです。

チッソが無いと皮が渋くない
私が感じることはそのくらいです。



もう忘れ物は無いかな。

さて
道場おかむらさきの用意は始まっております。
秋までに
どこでも誰でも手に入る土を探そう。
うーん、それはやっぱり



ダイソーさんやね、うん。
さぁ、実験実験と。

つづく



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

これは私が勝手に考えた答えです。
ウソ臭いと思ったらご自分で検証して下さい。

チッソが効いたラベンダーに
リン酸をふると肥料焼けで枯れて
カリをたくさんふると
過湿となってやっぱり枯れます。

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2011年07月27日 (水) | 編集 |
このブログを書いていると
ビールが約500mlとその他が○○ほど
口の中に入ってくるシステムとなっておりまして

途中で何を書いていたのか
忘れることがあるのです。

「うーん。それは不可抗力というやつやな
たまに書き忘れるで。」



胡瓜がポリポリしてうまいのは
これが「接ぎ木苗」では無いからかも知れんのです。

68円の「北進」の実生苗
自根苗はあくまでも胡瓜の味がするのかも知れませんわ。

接ぎ木苗はどうしても「台木苗」の特性が
その実に出るのです。

それは「硬い」ということ。
ここでそれを言うても何にもなりませんが
あなたが食べている胡瓜よりも
少しだけ皮が柔らかくて
かじるとポリポリする胡瓜は存在します。



カリはやっぱり「保水性」が増します。

カラカラに乾くカチカチの土のローズマリー苗に
600倍の硫酸カリを数回ぶっかけたら

なかなか乾かない「黄色い」苗となりました。
「ほぉーっ、カリが多いと何でも黄色くなるんや」

園芸初心者様に訂正です。
春先に黄色くなるラベンダーは
「石灰」が多いのでは無くて「カリ」が多い
それは
米ぬか等で「たい肥」化した土が
カリをたくさん持っているということでしょう。



水やりの話の書き忘れ

今日はなかなか良い「例」がありましたわ。

右から
土が湿っているのに病気でしおれている苗
元気だが水か無くなってしおれてている苗
もうすぐしおれる元気な苗



右から
病気というよりも「根」が出ていない
底までカラカラでとにかく軽い
ポット底にはまだ少しだけ水分がある



右から2ポット
水分があろうが無かろうがこうなるのです。
右のポットに水をかけると
明日には枯れますで。



中央と左ポット

ラベンダーは乾燥気味に育てる…
というよりも
きちんと育つと勝手にこうなります。



真ん中と左のポットには水やりです。



ここからじゃーっと水が出るまで
水をかけましょう。

ラベンダーはどどっと水をかけて
しっかりと乾かすのです。

めでたしめでたし
もう酔うたかな?

つづく



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

うーん
まだ何か書き忘れているような気がするけれど
もうどうでもええなぁと…

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2011年07月26日 (火) | 編集 |
真夏の挿し木はむずかしいのです。
じめじめしたある夜
予防もせずにぼけーっとしていたら



疫病が突然「輪」を書きます。
丸く丸く枯れて行きます。



24時間もほおっておくとこうなります。

「うわっ」と思ってももう遅い
オーソサイドかリドミルMZで対処しておけば
ふた株くらいで止まっていたはずですわ。



これは上から来る病気なのです。
水をかけると広がると思えば間違いなし。

夏は暑いのでどうしても水をかける
たまたま曇りのままだと
濡れたまま夜が来て病気が広がる
それがこの間の台風の夜でした。

「うーん、まぁそんなこともあるわい」
こんなことには慣れっこやで。



挿し木した日が数日ずれるだけで
病気が全く出ないものなのですわ。

今回はちょうど発根したばっかりの奴がやられたようやな。



鉢上げした日がそんな日だと
同じようにまとめて枯れてくれますわ。



うーん、これは最初から
根がちょっとしか無かったようやね。

溺れたようです。



うわっ、こいつは昨日までなんとも無かったはず



明日にはご臨終です。

これは地上ギリギリのところが
疫病にやられました、枯れ方でわかりますわ。



おおっ、これは主枝がやられた後で
おっさんが農薬撒布して生き残り
側枝が伸びたというわけやね。



それでこいつは
病気になりかけたところで農薬が効いて
「立ち直りましたで」とすくすくと伸びたら

主枝の半分が修復不可能となっていたようで
元気に大きくなったばかりに
その重さで倒れたようです。

これも明日には枯れます。



ということで
真夏は挿し木も鉢上げもむずかしいのです。

ほんとにむずかしいのです。
この苗は10日もあれば発根します。

だからと言うてさっさと鉢上げしたら
あっという間に上記のようになります。

この季節には
私はプラグから鉢上げまでに
60日くらいかけるようにしていますわ。

それだけ待てば
根がぐるぐる巻きとなり
葉がカチカチとなるからです。

さて
高知の「おだ」さま
このように
ラベンダーは発根したからといって
すぐに植えてはいけません。

根が伸びて太くなって
茶色の太い主根(白いのはまだ子供)から
枝根がたくさん伸びた頃
「うーん、ぼちぼち植えようかな」

春か秋ならそろそろ植え頃ですが
今の季節は秋まで待ちましょう。

植える土はとにかくチッソ肥料が無いこと
水はけが悪くないこと
(ものすごく水はけが良いのはやめときましょう)

最近これがええんやないかなと思うのは
ホームセンターで売っている
「挿し木の土」
これなら水はけよくて肥料分無し。

たぶんピートモスが多いので
赤玉土を適当に混ぜたらえんやないかなと
ちょっと試してやろうかなと思っていたのです。

道場おかむらさきで
きちんと書き直す予定ですが
「もう植えましたぁ」と言われたら困るので
ご参考までに。

みなさま
ぼけーっとしていたら
ラベンダーはこうしてすぐに枯れます。
南国ではこれが当然のこと
こんなことに負けてはいけません。

ほんまに。

つづく



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

今回はお仕事のお話です。

ラバンジンを真夏に挿し木して
鉢上げもするというのは
普通に考えたら「無理」

在庫が無いというのは
めんどくさいことが増えるのでございます。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2011年07月25日 (月) | 編集 |
あの有機石灰と塩化カリだけふりまいた胡瓜は



台風の強風が直撃したくせに
元気なのですわ。



水さえやっとけば
そこそこ実ります。



ローズマリーの株にへばりついておるのに
こんな実がちゃんと収穫できるのです。



チッソが無いからなのか
一度にたくさんは実らないけれど
食べるくらいはぽろぽろと実るのですわ。

おかげで「なり疲れ」とは無縁のようで
炎天下でもどんどん花が咲いております。

「ふーん、やっぱり有機石灰とカリはおもしろいのぉ」



うんっ、何やこれは?

日曜日にはホームページを書こうと思いまして
「道場おかむらさき」のお話を進めております。

少しずつ全貌が見えてきた…
ような気がするかも知れません。

しないかも知れません。





よろしければクリックしてお楽しみ下さい。
こんな感じで秋からやろうかなと
いろいろと試しております。香川県でおかむらさきを咲かせる方法HP版
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2011年07月22日 (金) | 編集 |
何も心配はいらない
この娘はとにかく環境に負けない、ほんまに。



今年の彼女はとにかく強い
あの高温も豪雨も関係なし。

とっくの昔に雨よけを取っ払われて
それでもまったく蒸れた形跡が無いのです。



硬い新芽は真上を向いて



タコ足は「樹木」となりました。



それから伸びる芽たちは
きちんと並んで真上を向き



おっさん、これとこれは要らんで
切っといてくれい。

何やとぉ
心配せんでも残った葉たちで
ちゃんと光合成はしますがなぁ
 などと言うておるのですわ。



一番可能性が低いと思っていたのです。

都会のど真ん中で「宅地」にどんごろす
植えもせずにただ置いておく。

ペットボトルに有機石灰とカリ
全面雨よけにタコ足のせん定。

どうやらこれが
南国のおかむらさきにとっては
一番良い方法らしいのです。

よしっ
これを始めますわ。
今度は東京だろうが大阪だろうが
沖縄でもいけるやろ

熱帯夜の続く最高気温が35℃強のこの町で
こうして育っているのです。

道場おかむらさきは
基本的には都会のど真ん中仕様で
始めたいと思うのでございます。

そろそろ苗もできましたわ



本気の皆様
そろそろ始めます。

ほんとは苗が失敗したらどうしようと心配しておったのですわ。
何とかなりました
それではそろそろ始めます。
(基本的にはホームページでごそごそしますのでよろしく)

何か書いたらこのあたりでリンクの通知をします。


つづく



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

まずはこの苗の履歴と紹介から。

人がやらないことから始めないと
伝えたいことが伝わらないというのが
よーく分かったこの数年でございます。


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2011年07月21日 (木) | 編集 |


そして全部のせん定を終えるのに
約5時間を費やしました。

「何や、楽勝やないの」と
思っていたのですが
右足の膝と右足の親指の付け根が
今になって悲鳴を上げております。

「うーん、ひとりでやるのは限界やな」




などと言うている暇もなく
「塩化カリ」を株元に
一株につき約50gをぱらぱらと



そして全面遮光ですわ。

寒冷紗を高くかけて
透光率は40%というところかな。




雨よけと同じく
株元はすかすかにして
上にだけ遮光です。

横から入る太陽光線は気にしない。
となりの遮光が陰になるというわけですわ。

真夏の強行線は真上から来るのです。
それを遮ることが目的なのと
横を大きく開けることで
風通しが良くなるのです。



今年は全面雨よけのおかげで
一株も枯れませんでした。

いやいや
有機石灰とカリもがんばってくれたはず
タコ足のせん定もやりましたわ。

この梅雨の豪雨と
そのあとの猛暑を乗り越えた。
それはなかなかうまいこと行ったということではないのか。

そして
この次の日からあの台風がやって来たのです。

それはそれで
試験としては理想的ではないかと

そう思うしかないのぉと
結末を黙って見守るのみでございます。

そんな中
鹿児島からメールが来て
「枯れましたぁ」
それはこの状況から考えて当然ですわ
何も心配要りません、どこが問題なのかがどうやら見えましたわ。




実家の田んぼでは
土手のアガパンサスが咲いて
稲が誇らしげに揺れております。



今年のせん定はこれですわ。

株元だけ見ると枯れそうですが



全体ではこう
これなら何とかなるのではないかな。

「あほと違うか」と
お思いの方もおられるでしょうが
今考えられる最高の方法はこれです。

瀬戸内の高温と湿度に耐える方法は
これしか思いつかんのですわ。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

やっぱりブログでは書き切れんのぉ
週末はまたホームページやなぁ。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2011年07月20日 (水) | 編集 |


時速15キロで大型台風が
頭の上を通り過ぎて行きます。

朝からずーっと台風の雲の下
夕方になってようやく尻尾が見えたようです。

またあの暑さが戻ってきますで
みなさま、心の準備はよろしいかな。



これを



これにする「間引きタコ足せん定」ですわ。
 自分で決める法則とは

①ど真ん中はとにかく要らないので切る。

②細い枝は切る。

③枝が重なる、くっつく時はどちらかを切る。

④枝分かれした場合はどれか一つだけ芽を残す。

⑤今これを切ると枯れそうなら、どんな場合でもストップ。

こうすればいちいち考えなくても
せん定が進みます。

「うーん、この枝は」と
悩んでいると熱中症になりますで。




私はこんな時のために
ビーチパラソルを用意しております。

背中がじりじりと焼けなくてよろし
それでも
悩んでいる間に中腰の膝と足が悲鳴を上げます。

だから
せん定は悩んでいてはだめ
頭でやろうとすると暑さでぼけます。

この枝は太いので惜しいとか
いろいろ考えていると
わけがわからなくなるのです。



これはあの秋植えのおかむらさきくん



手前が切った枝で
後ろが切った後の株です。

細い枝ばっかりだったので
半分になってしまいましたわ。

ちょっと切りすぎたかなと思うぐらいが
ちょうどいいのですが

それは枯れなかった場合のみ
偉そうに言えることなのです。

うーん、五分五分やな。

つづく



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

皆様
台風の被害はありませんでしたか。

岡山は台風の北に当たりまして
雨風は長かったけれど
もの凄い被害はありませんでした。

香川も強風で皇帝ダリアが倒れたり
里芋の葉が吹き飛んだりと
いろいろ被害があったようですが
詳細はまた今度わかるでしょう。

台風は必ず来るものですわ
これで沖縄の海がかき混ぜられて
水温が下がり
サンゴが少しだけ生き延びたのかも知れません。

強い雨で害虫が激減したとか
高温干ばつの被害が減るとか
なかなか良い面もあるのですわ。


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2011年07月19日 (火) | 編集 |
最初に書いておきますが
この「せん定」を終えた次の日に
大型の台風がほぼ直撃となりました。

全部なぎ倒されても
流されてしまっても仕方のない状況なのですが

だからといって
何もしなければ必ず蒸れて去年と同じ

やるべきことはやってから
明日に進むのでございます。



この株はあのおかむらさき君です。



これ
テレビに出演した彼女は
さらに大きく育ちました。



ちょっと広げて見ると
このように株元がぎちぎちになっております。

このままほったらかしにしたのが三年前

いかん、これは切ろうと思いつつ
すべてが細すぎて切れなかったのが去年。



今年は行きます。
まずは…



ど真ん中はいらん
枝が太かろうが何だろうが
とにかく切るのです。



よしっ見えたで。
ここから切り進んでいけばよいのじゃ。

端から切ろうとするから無理がある
ど真ん中に手を突っ込んで
ぐるぐる回りながら切ればよいのです。



こればっかりは「慣れ」ですわ。
私はハウスでずーっとやっております。

この写真は右下から始めたところです。
自分である法則を決めて
それに従ってどんどん切り進んでいかないと
足腰がもちませんで、ほんまに。

その法則とは…

つづく



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

切り過ぎて枯れることは
いくらでもあります。

だからといって
切らずにいても結局は蒸れて枯れるのです。

一発勝負ではなくて
出来ることだけやってしばらく「待つ」
もしも枯れずに生き残れたら、また切る。

今回は
そんな気の長いことを
やろうとしておるのですわ。



テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2011年07月18日 (月) | 編集 |
正確にはギターを弾こうとした
したけれど
指が動かない、コード忘れている
それでも
歌だけは覚えているのですわ。



これは私ではありません。
昔の同級生に誘われて



かつての母校の近くにある
カフェ&ライブのお店に連れて行ってもらったのです。



この日はお客様がステージに立ち
自慢のギターテクと歌声を披露するという趣向らしく

60年~70年代のフォーク、ニューミュージックが
生ギターで流れているのですわ。

私もギターを手渡されて
「何かやれ」と言われたのですが

昔弾けた曲もすっかり忘れてしまい
何よりも左手がコードを押さえられない
しばらく練習してみたのですが
「うーん、これは無理、本気でひと月くらいやらんと思いださん」

ということで
ギターは弾いてもらって
歌だけ歌って帰りました。

一緒にいたKKが「ジョニーの子守唄」をやりかけたのですが
やはり途中で「いかん、練習せんとできん」

ここは手堅く
「「サボテンの花」を生ギターで歌わせてもらって
気持ちよく帰りましたわ。

そしてせん定…

久しぶりの弦とスタンドマイク
ギターコードの並んだ音符
すっかり忘れてしまったものたちが
おっさんの中のどこかでまだ生きておる

今度はアリスがやりたいのぉ
ここのマスターはNSPが専門らしいで
ふきのとうの曲もやっておったようやしぃ

などと書いたら
若い皆様には何のことやらわからんかも。

そんな時代を生きていたんやなぁと
懐かしく過ぎた時間でございました。

めでたしめでたし。

続かないと思う

2011年07月18日 (月) | 編集 |
101ガーデンに空きがあるので
アンソニーパーカーセージを
こそっと植えたのです。



パイナップルセージが大きくなった向こう側に





並べて10株植えましたで。

秋には紫の長い花穂が直立することでしょう。
人とは必ず飽きるもの
ずっと変化させ続けて行かんと
そのうちに飽きてしまうのです。

だから
仕掛けられるものは何でも仕掛ける
この秋はこれですが
真冬の用意もとっくにできております
お楽しみに。




ちなみに
私の実家のアンソニーくんはこの大きさとなりました。



それから101ガーデンのラベンダーたちは
この大きさとなりました。
このままでは必ず蒸れるので



ひとつだけせん定しときました。
後はよろしく、私は5時間やった後なので
もう中腰になれませんわ。



それから乾燥対策として
塩化カリをふりまいておいたので
この雨でよく効くことでしょう。

などと言うていたら
「大型の台風が四国に上陸するかも知れん」

全部流れたら
無かったことにしようかのぉ。

つづく

2011年07月18日 (月) | 編集 |
2011年7月中旬でございます。

田んぼのおかむらさきを
この季節にせん定してやろうと
実家の田んぼに立っておるのです。



ふんふん
これを明日の朝早くから



三年前の失敗と
去年の後悔とを織り交ぜて



ばっさりとは行きませんで

今回はハウスで練習してきた
「間引きタコ足」をやるのです。

朝の5時から始めて10時までかかりましたわ。
いざっ…。

つづく



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2011年07月15日 (金) | 編集 |


今日は午後からもの凄い空
雲が何処にもありませんわ。

今年の西日本は
私の知らない空を見せております。
関東では猛暑が続いているようですが
それは
去年までのここのお話ではなかったか。

地平線が白いのは
空気がもわーっとしているからでしよう。

最高気温が思ったほどでもない
33℃くらいでは夏でないのぉ。

熱帯夜は続いておりますが
この夏は「知らない夏」となりそうです。

もしかしたら
この気候はもう少しだけ南の地方のもので
私の知っている気候は
名古屋あたりに行ってしまったのかなと

それならそれで
おっさんには考えがあるぞと
考えているこの頃でございます。


つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

今週末は讃岐でおかむらさきを「せん定」しております。

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2011年07月14日 (木) | 編集 |
あのカリを追肥した胡瓜が それはそれは面白いことになりました。



塩化カリを溶かしてやろうと 毎日水をぶっかけていたら 胡瓜が実り始めました。




ほれっ見えますか?
こいつらは三兄弟なのですわ。

面白いですなぁ。 それも一つや二つではないのです。





もの凄いプレッシャーをかけてやると
胡瓜は子孫を残すことに全力を出すのでしょうか。



これは一節に着いた「雄花」ですが
その数はうーんわからん。




むしってやれ、ほれっ。
一節でこれだけ雄花がありました。

何か知らんけれど普通ではないな、うん。



今日は食べる分だけ収穫しておこうかの。

雄花が枝分かれして こう咲くというのは
私はこの歳まで知らんかったのです。

世の中は面白いですねぇ、ほんまに。



その他の節にも こんな感じでとりあえず二つずつ実っているようです。

もしかしたら胡瓜はこれが普通なのかも知れんなぁ
チッソ肥料がブレーキだったりしたら ものすごく面白い展開が待っておるのだろうなぁ。



ほれっ、、もうひとつ見つけた。
有機石灰とカリだけで胡瓜は実る
それは嘘ではないと 少しは証明できたかのぉ。

大雨でも病気にならんし
虫が食って困るということもないし

これで何ぼでも実ると 万々歳でございます。 さて…

つづく



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

今週末にはせん定に帰ります。
今年は暑いで、予定通りやな、うん。

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2011年07月13日 (水) | 編集 |
今年もやっぱりカンカン照りで
いつもの夏がやってきました。

昨日もちょろっと書いたように
春先にチッソ肥料をやってしまうと
今になって水切れに悩むのです。

こんな時は「有機石灰」
しかし、この高温では逆効果となることもあります。

細胞壁は確かに硬くなってくれますが
同時に
カリが不足して保水性が低下します。

それをほおっておくと
真昼に真っ白に燃え尽きますわ
明日のジョーになりまっせ。



ということでカリを追肥しましょ。

今回は「塩化カリ」
無ければ硫酸カリでも草木灰でも同じ。
(厳密には違うのですが、ほぼ同じ。塩化カリがその中ではラベンダーには一番というだけ)




これを逆さペットボトルに
半握りほど入れたら(約30g)

前回溶け切れなかった有機石灰と混ざって
イチゴミルクセーキのようになりました。



「何やようわからんで」

ほいほい、こんな感じです。
合計で5対1になれば良し
ならなければそれは仕方がないしぃ。

これで保水性は一晩で向上します。
効果はしばらく続きますので
水が切れてからでも何とかなるのです。

簡単に言えば
土が乾いてしまってもなかなか萎れなくなる

それがカリの力(ちから)です。
お困りのお人はお試しあれ。

ただし
最初はとにかく少量から。
その土にどのくらいのカリが含まれているのかが
私にはわかりません。

もしも堆肥が入っていれば
これ以上のカリの補充は命取りとなりますで。



などと言いながら本人はというと
あの胡瓜に塩化カリをふりまいて



こいつらに何とか水を送ってやろうと
じたばたしております。




やっぱり無チッソで有機石灰と塩化カリだけでは
胡瓜は実らんのかな。

それでも何本かは食べたで。
カリカリの胡瓜というのは食感で言うと
「ぽりぽり」です。

噛んでも「ぐにゅっ」ではなくてぽりっ。



この苗は「接ぎ木」ではなくて
68円で買った「実生苗」です。

「こんな死にそうな目に逢わせやがって」
そう思っているのかどうか
ひと節に2本ずつ胡瓜が実るのです。

ただ、それが大きくなるかどうかは雨しだい
何せチッソは無しですわ。

ふんふん、こいつが実れば
おかむらさきの保水性も何とかなるということやね。

さーて、どうなりますことやら。

つづく



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

都会の皆様
この胡瓜をやね

10㎝くらいの大きさでちぎって食べたら
「うわっ、胡瓜はこんな味がするんや」と
はははーっと笑いたくなりますで。

胡瓜は鮮度が命
スーパーに並ぶ胡瓜たちを見ながら
バイヤーのみなさまは
ほんまにその大きさがうまいと思うとるんかなぁ

そんな要らぬ心配をしてしまいますわ、ほんまに。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2011年07月12日 (火) | 編集 |
梅雨明けの空は決して澄んではいない
もぅわーっとした空気が
空の中間で漂って

青いのか白いのか
よくわからん7月のことでございます。



もうとっくに真夏となった岡山の

それも朝から全開で高温のハウスの中で
私がやっていることとは



ミストを使った挿し木です。

もの凄くリスクがあるような気もするのですが
うまくやれば
発根までが約14日。

今年は苗が春先に売れてしまったので
在庫を何とかしないとあかんのです。

そんな時には
昔やった技術を駆使して
ラバンジンを挿しまくるというわけですわ。



ローズマリーも足りないようなので
「ふんふんーっ♪」と
やるのです。



この時期なら
挿し木で100%発根というのは当然のこと。

そこは仕事ですから
殺菌剤とかミスとの調整とかは
いろいろやりますが

くわしく説明するには
どのくらいの時間がかかるのか。

まぁ、おっさんはそれが出来るくらいにはなったということで
ご勘弁下さいませ。




ラバンジンは何とかなるのはご存じのとおり



問題はイングリッシュ組なのですが
今年はちょっと考えることがありまして
おかむらさきをこの真夏に鉢上げしております。

「うーん、これで行けるんやないかな」
まったく枯れんとは言いませんが
方法があると言うのは分かりましたわ。

水か切れるということとは
ただ異常な高温なのか
それとも保水性の無い苗を作ってしまったのか

そのあたりが問題
そしてそれは病気にもつながり
さらにはチッソ過多にもつながること。

それらを何とか乗り越えて
こうして
真夏の新苗を眺めているのでございます。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

暑いということと
ラベンダーが枯れるということは
直接は関係が無いようです。

こんなに暑いのに
葉っぱが柔らかいままだとか
チッソがリン酸が効いている
石灰とカリも足りない
枝の数が多過ぎる
数十時間も雨に降られた

そんなことが積み重なって
ある日突然枯れるような気がします。

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2011年07月11日 (月) | 編集 |
2011年7月初旬
もうとっくに梅雨が明けたのですわ。



空には積乱雲と青空が同居して
気温はほぼ体温と同じ
空気が入れ替わった感じがする
じめじめではなくじりじりと暑い

中四国の夏がやってまいりました。



ということで
さっさと「せん定」の続きです。

次に切る場所は…



これですわ。

この残した枝の先端で
さらに枝分かれした「これ」を



こう切りました。

「うーん、それは私にはできませーん」
そう思ったら見ておくだけでもよろし。

枯れそうな株でこれをやると
翌日にはまさにその通りとなります。
ご注意を。



この苗を



こうしろと言うておるのです。
普通の感覚ではそれは無理でしょう。

このおっさんは一体何をやろうとしておるのか?

ふふん、それはやね



この15㎝ポット苗を
全部これにしてやろうと思うのですわ。

そのためには先端で分岐する枝は必要なし
いやいや
そんなものがあったら



結局はこれにしかならんのです。

こんな株は
今年はなんとか咲いても来年には枯れます。

こんなに上部ばっかり枝が出来ても
水を吸い上げる力が増えるわけでもなし

ここからタコ足に修正するのもなかなか大変やしね。

めんどくさくなって
全部の枝を平均に切ったりしたら
さらに枝の数が増えてやっぱり枯れます。

それを何とか止めるために
先手を打とうとしておるのです。

その「先手」が正しいのかどうかは
今から解るはずです。

たぶんね

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

香川県でおかむらさきを咲かせる方法HP版

ホームページは
何回でも書き直してリンクし直して
なかなかおもしろいですなぁ。

その割にはなかなか進まんのやけどね。


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2011年07月08日 (金) | 編集 |
おかむらさきの15㎝ポット
6月に鉢上げしたものとは別に
昨年の秋に鉢上げしたものがあるのです。



こいつらがそろそろ危ない

梅雨が明けたら確実に蒸れるやろなぁ
そして本日梅雨明けでございます。

「そうはいかんで、今年はちゃちゃっとせん定しまっせ」



まずはこうやって
タコ足にした時にどの枝がどうなるのかを
試してみるのです。




うーん、 これが要らない
この細い枝ををまず全部切ったれ。



こいつらを株元から全部切ります。



残すのはこれ
太い枝だけが4~5本もあれは良いのです。



このくらいすかすにしたら



風もよく通るし
残された枝はさらに太るしぃ。

「うーん、どうしようかなこれ」
そう思って残した枝もありますが

しばらくしたら答えが見えてくることでしょう。
株が元気だったらまた切る
ちょっと切り過ぎだったらしばらくほっとく

「こんな不格好な苗はいらんわ」

そうお思いならそれもまたよし。
これが真夏にどうなるのか
笑ってご覧下さいませ。

ちなみに
6月鉢上げの彼女らは…




7月8日現在こうなりました。

ここから真夏を越えて
この秋に嫁に出そうと思っているのです。

嫁ぎ先はあなたの庭先か、それとも鉢の中か
まだ予約を受け付けてはおりませんので
しばらく彼女たちがどう変身するのか
じっくりとご覧下さいますように。

現在のハウスの最高気温は40℃を越えて
夜間はほぼ熱帯夜がつづいております。

その湿度は汗が乾く暇がないほどですが
それはとっくに実験済み
そしてこの豪雨の梅雨が終われば
カンカン照りが待っております。

今年はこれ
タコ足が前提の15㎝ポット苗
これならいけるやろなぁと

今度は一日中とにかく暑い大阪か
それとも灼熱の高知か

そもそもそれまで
この苗たちは生き残ることが出来るのか?

ホームページ版では
この苗をずっと追いかけております。

それからあれやで
せん定はここからが本番でして
細い枝を取るくらいなら
本にも書いております。

次はやね…

つづく
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2011年07月07日 (木) | 編集 |
長崎ラベンダーくんの前に
練習として彼女らもばっさりとやりました。

ばっさりは丸坊主ではなくて
全部切る、全部残すの組み合わせです。

毎日こればっかりやっていると
つくづく今までのことが悔やまれます。
「うーんちょこっと気付くと
こんなに簡単やのになぁ」

それが現実ですわ。
それはそれで受け止めて行かないと
その先には進めませんで。

せん定は自分の好みでやってもだめ
現在をかっこよく切りそろえてもやっぱりだめ

明日の向こうを想像して
真夏のおかむらさきが蒸れない方法とは何か?

そのためには
この切り取った後の枝から伸びる新芽とは
どんなスピードでどんな形に伸びるのか
それは硬いのか柔らかいのか
肥料はいるのかいらないのか
カルシウムは、カリはどうなんや

それを失敗したらどうなるのかを
この数年で全部見たような気がします。

まだまだとんでもないことがあるとは思いますが
今年のこれからはちょっと違いまっせ。

これがこうなる
それが予想できるというのは
なかなか面白いことでございます。







とりあえず地面を出す
風通しをよくしてから待つ。

待っていたら「ここは要らんから切れ」と
おかむらさきが自分から教えてくれます。

せん定は一発で決めたらかっこいいけれど
それをやる益はなし。

切ったら少し待ってみるのですわ
じっくりと考えて
来週でもさ来週でもやり直せばよいのです。

「おっ、この枝が元気ええやないの
ということはこの隣のこいつはいらんのやね」

などということが
自然に見えてくるのでございます。

つづく
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2011年07月06日 (水) | 編集 |
2010年の春に長崎からやって来た
長崎ラベンダーくんを



有機石灰をふりかけたりタコ足にしたり
いろいろやりまして
一年が経過しました。

そして今年は開花です。



見た目は何ら普通の株と同じですが

中身はタコ足の3本仕立て
タコは3本足ではないのですが…。



これをせん定します。
まずは花穂を切り取って



ざくざくといらない枝を切っていく



このくらい
すかすかにしておかないと
この枝にからむ枯れた葉っぱから蒸れるのです。



こうやっておけばそのうちに
ぱらぱらと勝手に落ちてくれます。



ほれっ
地面が見えるせん定でございます。



地面と水平の枝が3本
そこから立ちあがる枝を全部で20本くらいにして
後は全部枝元から切りました。

枝の途中で切ると
そこから分岐してまた枝の数が増えるのです。

それをやってしまうと全部が蒸れてしまう
長崎ラベンダーは
枝が細く、その数が多い
それは花がたくさん咲くと言うことです。

たくさん咲いたらたくさん切るわけですが
咲かずに残った細い枝もたくさんあるのですわ。

それをそのままにしておくと
全部の枝が蒸れてしまう

何本かの太い枝を残して
そこから新たに花芽を持つ枝を伸ばす

3本の太い枝に約5本の枝を立て
その枝にさらに数本の花穂を立てると

株元はもう蒸れることは無し
これなら秋咲きもいけるかなぁ。



この小さな新芽たちが
いつまでにどのくらいの大きさになるのか

それを知ればこう切ることが出来ます。

こればっかりはやってみなければわかりませんわ。
ただし
状態の良くない株を切りまくると
確実に枯れますのでご用心を。

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



香川県でおかむらさきを咲かせる方法HP版
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2011年07月06日 (水) | 編集 |
みなさま
ブ゛ログを休んでいたのではありません。

回線がえらいことになりまして
フレッツ光と接続できなくなっていたのです。

そんなこともあるんやなぁと
NTT西日本に連絡したら

「復旧しましたのでご使用下さい」
そう言われたのが5日のこと

どれどれと
パソコンを立ち上げて見たら
やっぱり接続できませんわ。

フレッツ光へ電話が通じるのは
朝の9時から午後の5時までなのです。

そういうわけで
録音ではどうせうまく伝わらんだろうと
本日6日の朝にふたたび電話してみたら

昨日と同じで回線が混雑しておりまして
「うーん、どうやらこれは一人や二人ではないで」

「お客様がお帰りになってからお電話します」
営業時間を過ぎてもやりまっせと言うてくれましたわ。

かなりたいへんなことになっておるんやろうなぁ
怒られっぱなしでへこんどるんやろうなぁと
待っていたら先ほど連絡がありまして
どうやら解決したようです。

電話の相手に怒ってもしかたがないので
「助かりました、ありがとう」と言うたら
「えっ」と恐縮しておったようです。

そういうことで
再開でございます。

お騒がせいたしました。

2011年07月01日 (金) | 編集 |


2010年の11月に



タコ足のせん定をした街中おかむらさきくん

長い枝8本をだらーっと伸ばして
株の中央は丸坊主でした。



これが2011年の4月にはこうなります。

丸坊主にした中央部は
「強せん定」となって新芽が勢いよく伸びるのですわ。



そして5月になると花芽が立つ



6月に開花して満開となります。
その数およそ200本

これを切ると



こうなります。

今度こそ太い茎も大きな葉も残る
6年越しの期待の詰まった株の中身は



おおっ、全然蒸れてはいない
うーん、それでもまだ真夏ではないわけやし



ということで
ここからこれを「せん定」します。

よしっ、とりあえずド真ん中はいらん
全部切ったれ、ほれっ。



タコ足で無かったら
これをやるとまったくの丸坊主となります。

たったひとつの中心部に
すべての枝が集まる状態で

200本の枝がそこにあって、それを均一に間引いてせん定する
そんな芸当は人間の力では不可能なのですわ。

「それならあれやで、200本をいきなり20本にしないでやな
 まず8本に分けてからそれをさらに分けると言うのはどうやの」



こうやな

まず太い主となる枝が「タコ足」として
地面に平行に伸びておるのです。

花穂の着いた枝はそこから真上に伸びている

その花穂を切ったら10㎝くらいの枝がそこには残るのです。

そしてそれは
見事に並んで立っているのですわ。

それを


一枝ずつ交互に
「全部切る」「全部残す」
たくさん枝があるようなら
とにかく空間を確保しながら間引いていく

それははさみが何処にでも入る
もの凄く簡単な「せん定」となりました。

そして
太い枝も大きな葉も
今度こそちゃんと残るのです。

よしっ、すかすかなのに太い枝と大きな葉っぱ

これで真夏を越えて行くで
これでも蒸れるようならまた間引いてやったらええんや

そろそろ葉の色も「夏の葉」



ついでに例の5対1をどどっと行っとこうかな

ペットボトルはこんな時には便利やなぁ



これならきっと蒸れませんで
枝も太いし株元もスースーしておる

これをやるために
ほんまに何年かかったことでありましよう。

「知っておるなら早く言え」
うーん、それを自分の頭の中で整理するための時間が
約6年かかったということですわね。

さて
これが「もう遅いこと」です。
今さらこれを言うてももう遅い
だからというて
あの6月の満開のラベンダーに向かって

「えーっと、それはもしかしたら失敗かなぁ」とは
口が裂けても言えないのでございます。

今なら聞けることもあるのではないかなと
いらぬお節介をしておるわけです。



次は「長崎ラベンダー」のせん定やで

それから大鉢おかむらさきもロイヤルパープルも
タコ足4本立ちおかむらさきも

全部叩き切ったのでございます。

こちらのほうがタコ足がよくわかるかも知れんなぁ


つづく


うわっ、たこ足をやっている間に
例の胡瓜が…

2011_0701_132812-CIMG0263_convert_20110701193157.jpg

ほんまに実ったわ
胡瓜ってチッソがいらんかったかなぁ

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用