構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2013年03月31日 (日) | 編集 |
私は軽自動車に乗っております
TNP27のうたい文句でCMをやっていた
ムーブなのでございます。

燃費がリッター27キロというのが
買った当時の最高レベルだったのですが
(ハイブリットは除く)

「これは果たしてほんまのことか」と
平均燃費を見るたびに
思っておりました

ところが…



オイルとエレメントを交換してすぐ

信号の少ない県北から移動していたら
「ほんまでした、疑って申しわけない」

暖房冷房無しなら
こうなります

と思っていたら



おぉっ、28行った





うーん
平坦な県道
信号でもちゃんと止まっております。




まだ行くか



うーん、ここまで
これが限界のようでございます。

県北からほぼ下り道
ゆるやかなカーブと少ない信号
先行車も後続車もあり

ダイハツムーブ恐るべし
TNP27は看板に偽りなし

今度はタイヤが新品の時に
試したらおもしろいやろなぁ

続かないと思う
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2013年03月31日 (日) | 編集 |


あれから約ひと月経過
雨も数回降り
よく締まった地面となりました。



試験として植えた苗も元気なもので




古着の下は日陰となって
保水性がなかなかよい。



さらには
これひとつで30キロほどの土が
おかむらさきの根を守ることになり



雨が降ったら
多過ぎる水は重力で下に向かい

カンカン照りの時には
大量の土に閉じ込められた水が
乾燥を防ぐ



ということを
証明できればよいなぁと
思うのでございます。

これが正しければ
「水やり」の心配が激減するので
おかむらさきを含む
西日本でのラベンダー栽培は

もの凄く簡単になる
ほぼほったらかしが可能になる

おまけに
北よりも生育が早いので
すぐに大きくなる

それが今年分かる
かも知れません
もっと分からなくなるかも知れん



もうすぐもうすぐ
始まります。

つづく
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2013年03月27日 (水) | 編集 |


スーパーおかむらさき
葉ぁぁぁぁーっ
葉あーーーーーーっっ!



しゅんしゅんしゅんしゅん



「おっす、おら●○●
スーパーおかむらさきになったぞ」

などと
この枝が言うておるのかおらぬのか

とにもかくにも
これが今年やろうとしておることです。



これらの何が
今までと違うのかというと

ここですわ



9センチポット苗の茎は
2ミリだったのが



それが
スーパーおかむらさきに変身したら



2年生なら3ミリとなり



6年坊主の場合は



10ミリ 
約5倍となります。



これは9ミリ



そして
私が長い間夢見ていた
「想像していた通りのおかむらさき」

14ミリに育った茎、もはや幹かな

ここから始まる新しい何かとは?

今現在
分かっていることは
幹が太い、水を吸いあげる力が強い
ストロングであるということだけ。

こうして
茎を倒して育てると
どうやらその茎は太る
そして
そこから伸びる新芽には
全部同じ高さに揃う

そしてそこには
全部花が咲く

それが今年の目標
スーパーおかむらさきへの道

今までやって来た
とにかく枯らさない方法の
最終形態であろう

私はそれを試そうとしている
面白くて面白くて
初夏が待ち切れない

何が待っておるのであろう
何が始まるのであろう

いよいよだ
いよいよここまで来た

さぁ行こう
遥かなる「西日本のおかむらさきへの道」



もう届く
もう届くはず

その時は近い
その日は近いと
思う、思いたいのでございます。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

おばっち様花売り娘様
始まりますで、始まります

ここから新しい時代に
ここから新しい何かに

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2013年03月26日 (火) | 編集 |
なるほど、なるほど
私が
毎年いろいろなことを試すので
今年は何をどうやっているのか

いつの年代に書いた
どれをやれば良いのか

それは分からなくて当然ですわなぁ

現在の私の頭の中では
こうではないのかと結論されております。

まず
有機石灰は

ラベンダーが成長し始める前に
徒長防止のために
カルシウムを補給するためのもの

ということで
そろそろ有機石灰をふる頃

ただし
私は地下に1キロの有機石灰を
埋め込んでいるので
しばらく様子見をしております。

続いて塩化カリ

これはチッソを運ぶ役目と
水分を葉や茎に蓄える役目を持っているらしい

だから
チッソを効かせたい時には
(野菜や果物に有効)
早春から追肥するものだろうなぁと

ただし
私の育てるおかむらさきには
チッソを効かせていないので
この効果はありませぬ。

あるのは
水分の保持のための効果のみ

ということで
日差しが強くなり
葉の成長が同時に始まり

毎日毎日ざぶざぶと
水をやらなければならなくなる時

それはたぶん5月の連休頃


ここからが難しいのですが

私は
その前に塩化カリを
パラパラとやろうとしておるのです。

こればかりは
その地方の気候に合わせるしかないので

あなたのタイミングでお願いします。

それからおばっちさま
塩化カリは
水に溶けて土に吸着され
そのまましばらくその場所に残るので

ちびちび溶けようが
どばーっと溶けようが
大差はございません。

そんな失敗は
誰よりも先にやっておりますので
ご心配無く。

これをやね
過リン酸石灰でやると
翌日には全滅でございます。

それもまた実践済み
何でもやっておりますで、おぅ。

わははははーっ、それではっ。

つづく
かも知れない
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

実家の続きは
また明日ということで

私の知ってといることなら
何でも書きますので
何でもお聞きくださいませ

ご遠慮無きように。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2013年03月24日 (日) | 編集 |
2013年3月24日でございます。

先ほど帰って参りました
実家のおかむらさきたち
今年は
想像していた「それ」になりつつあります。




帰りの春の瀬戸内海は
ベタ凪で





フェリーの波だけがざわざわと




こんな
彼岸桜と花桃の咲く季節に



実家のデニム組は



ますます「タコ」を極めて



なかなか面白い形状に
なりつつあります。


デダダダダッ!
シュンシュンシュンシュン…

おぉっ、
おっさんはとうとう「スーパーおかむらさき」に
なったんやね

詳細は次の水曜日に続く



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

県北で泊まり込みの仕事中でございます
次回は水曜日に帰還予定

ちょっと淋しいので
コメントをお願いします

今年から始める新ラベンダーズ(自己申告制ですので)
じーっと眺めていないで
一緒にやりましよう
いつでもお待ちしておりますで、うん。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2013年03月20日 (水) | 編集 |
2013年3月20日
春分の日でございます。

最近は
日本原高原で仕事をしているので
(岡山県北の自衛隊演習場の近く)
ブログを書く時間が無いのですわ

本日は県南で仕事
明日からまた県北でございます。



それでは本日の
庭先おかむらさきくん



春分の日を迎えて
微動だにせず

まだまだラベンダーの季節ではありません
くれく゜れも
ホームセンターに並ぶ「ハウスもの」の新芽に
「うわっ、私のラベンダーは遅れている」
などと思わないように。



ここ岡山市内では
まだまだこのくらい



ちょっとだけ動いているのは

株元近くの
冷たい風が当たらない芽たちだけ



まだまだカチカチの銀色
もうひと月ほどはこのままでよろし



この芽たちが
緑になって伸び始めたら

ダニの心配を始めましょう。

それから
最近の黄砂はもの凄いなぁと
困ったもんやと思いがちですが

ゴビ砂漠の微量要素が
日本海に降り注ぐからこそ
たくさんの海の幸が存在するのですわ

人の知らぬ昔から
ずーっと続いてきた自然の営み

たぶん
このおかむらさきにも降り注いで
力を分けてくれておるのです。

なんとか2.5が心配なら
タバコを吸っている人よりは安全らしいですわ

向こうから飛び込んでくる情報に
振り回されることなく
とりあえずは
自分の頭で考えましょう。

とにかく
おかむらさきが動くのは
もう少し先のこと

ちょっとだけ動く春分の日
じっと観察するには
なかなか良い季節でございます。

つづく



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

本日
瀬戸内国際芸術祭2013開幕でございます

今年の夏は
海がにぎやかなんやろねぇ
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2013年03月11日 (月) | 編集 |
2013年3月10日でございます。
今年はこれ




おかむらさき波板仕立ての古着巻き

周囲120センチ
高さ20センチ
休耕田のマサ土に100キロの消石灰

植え床の真下には
1キロの有機石灰

ここに植えます。



通路、株間は70センチ
叩いてカチカチに固めてあります。




2週間前に植えた試験植えも
何ともなし、生きております。






5月に定植予定の株たちも
元気なものですわ。



中山間地の休耕田

本番はあと50日ほど後のこと
とりあえず
準備は出来たのでございます。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

準備完了
明日から違う農場で手伝いのため
しばらくいません。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2013年03月06日 (水) | 編集 |
2012年の真夏に植えた
4本仕立ての鉢植えおかむらさき



洗濯バサミで固定して
タコにしたら

こんな感じで中がスカスカに



夏からずーっと
丸坊主のままだったのですが

今月に入って…



葉の無い枝から
新芽がぽつぽつと



特に地面と平行の枝からは
こんな感じでぽつぽつと

立性のままだと
上の芽が強く
下からはめったに出ないのですが

この方法だと
どちらも同じような新芽が出ます。

後は
これを均等に間引くと
「蒸れない枝の仕立て」となります。



この新芽たちと
今ここにある芽たちが
5月になったら同じ高さになるとは

誰も思わないことでしょう。

なりますで、うん。
ラベンダーというやつは
いきなりエンジン全開の瞬間が来ます。

心して待つように。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2013年03月04日 (月) | 編集 |
2013年3月4日でございます。
ハウスのおかむらさきが
そろそろ動きだしました。

思えば
2011、2012年ともに
ここで間違えていたのですわ



これは枯れているのか?
私はこの2年ほど「枯れている」と
思いこんでおりました。

そして切ったのです。
新芽が伸びやすいように
枯れた場所をちょきちよきと



こんな枝は切っていました

根っこが生きていれば
新芽は「必ず出る」と
信じていたからでございます。



しかし
現実の世界では
これを切っても新芽は出ませんでした。

春まで待てないまま
全部枯らしたのでございます。

さて
このど真ん中に新芽があります
ミリ単位なのでルーペでしか見えません。



これもど真ん中に新芽が

これくらい大きくなると
気を付けていれば見えます。



これもど真ん中



ここに新芽があるというのが分かるのは
5月になってからです。




これを確認してその上で切る

ということをやると
やはり枯らします。

この枝をじっと我慢して
5月まで待つ

新芽が出なかったら枯れている
新芽が出たら生きている
どうやら
これが正解のようですわ。



何の話かというと
この鉢のお話でございます。

「うわっ、もう捨ててやろうかなぁ」
「いやいや、切ったら元に戻るやろ」
というのを
全部やめろ

2月にこうなったらほっとけ
ということでございます。



いやいや
それよりも
こっちをやりましよう

こいつが
なかなか凄いことになっております。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

どうしてこんなことになるのか
ハウスで暖められて
伸びるはずのない季節に伸びて
2月になって寒さで突然凍死する

それの対処方法でございます
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2013年03月01日 (金) | 編集 |


赤磐市の休耕田
花売り娘様の田んぼでございます。



草取りが趣味のようで
きれいに管理されております。

土には
鶏糞がすき込まれているらしいので
これから暖かくなったら
どうなって行くのか
楽しみですわ。

それにしても
ラバンジンは強靭で成長が早いなぁ
後ろに見えているのは
たぶんセビリアンブルーだと思うのですが

前回よりひと回りり大きくなっていました。

イノシシ用の電気柵が張り巡らされているので
(私はどのくらいのビリビリかを知っているので
 平気で感電して入って行けるのですが)

それをやるのは不審者みたいなので
本日は
道路から観察させてもらいました。

枯れてはいないようやな

まだまだ先は長い
本当に長いので
今は大きく育たなくても心配しないように

とにかく
枯らさなければ明日はあります、うん。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

枯れてはいないというのは
万全であるということではありません

地上部の一部がしおれている
その部分は
この冬の低温に耐えきれなかった
5月になったら
その下のどこかから新芽が伸びるはず
じっと我慢していれば
答えは出るのですわ。

切らないこと、とにかく切らないこと。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用