構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2014年11月28日 (金) | 編集 |
ここまで書くと
聡明なお人は
「ははん、これの規模を拡大して
大量の挿し木を保湿すれば
強い根を持つ苗が大量生産できる」と
考えることでしょう
そして、やってしまうはず。

残念ながら
それは不可能、ほぼ出来ません
やったことのある奴が言うのですから
ウソではありません。

何が起こるか?

それはずいぶん後から解ったのですが
ひと言でまとめると

「気候の安定」
その空間が適度な湿度で安定するのです。

それで何が起こるのかというと
まず
挿し木の発根に非常に良い条件となり
保湿された挿し穂が
湿った葉のままでさっさと発根しようとする

そして
やっぱり加温した時と同じような
すぐ発根=根の本数が少ないけれどぐんぐん伸びる
状態となります。

それはそれで
普通の販売としては
文句無しなのですが

ここから
とんでもないことが始まるのですわ

気候が安定すると
(密閉空間が広いと温度湿度がけっこう安定する)

挿し木の発根に理想的な空間となる
そしてそれ以上に

カビが生えるのに最適な空間が
誕生するのでございます。


かくして
その空間はカビたらけとなり
それを防ぐために
殺菌剤をふりまくることとなる
それでも
私の経験からは
そのカビたちは決して止まらない
カビまくり、挿し木は腐りまくる

それが
広い密閉空間
人には管理できないものでございます。

ということで
密閉空間に必要なことは
狭いこと

狭いのですぐに乾く
カビが生えられない
狭いのですぐに冷える、高温になる
カビが生えづらい

ただし
発根も遅れます

発根しないこともある

その管理は
びっくりするほど難しい
けれど



私はこんな根が欲しい
そのためだけの
この「挿し木」でございます。

あれからもうひと月ほど経過しました
うーん
その他の発根は無し

こいつはなかなか手強い
とんでもないことに
首を突っ込んだようでございます、わははははーっ。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

私はいつも
やることが人と逆なのかも知れない
若き頃の経験
絶対の自信で始めたことは
全部大間違いだった、それを今書いている、、不思議やなぁ

休耕田段々畑おかむらさきの
販売発送を始めました
右上のホームページ版よりおいで下さい
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2014年11月27日 (木) | 編集 |
ハウスの中で
そして外でも
おかむらさきを含むラベンダーは

秋深くになって
細い枝が残っている場合
ある日、空気が乾いた寒い日に



太い枝だけを残して
枯れて行きます。

これが最初から3本だったら



細い枝が無いので
全部生き残り



4本だとこんなになったりする

うーん
ということは「タコ足」が使えない
だから今まで枯らして来たということか。

そこで考える
枝の数は欲しい
肥料はやりたくない
加温もしない

そして
失敗しかけた苗を
どうにかして復活させたい




ペットボトルで湿度だけを保ってみた
少しは地温も上がるけれど
上部は開いているので
そんなに暖かいということは無し



これはあの
おかむらさきの断根失敗君

いつもなら
このまま放置して枯らすところを
今回はペットボトルに入ってもらう



地上部は枯れたけれど
その下から新芽が出た

いつもなら
これをさらに乾燥させて
数日で枯らしてしまう

今回は…



無加温
無肥料で
ここまで復活しました

ということは
枝数が多い苗を
真冬に枯らさない方法とは
(細い枝も全部残す方法と言う意味)

最初からペットボトルで
密閉するとよいのではないかな



それを証明したくて
断根ラバンジン2号は
最初からペットボトル娘です。

未だに枯れません
大きくなりました



この方法は使えるらしい
どうやら新芽も出た

やったことはひとつだけ
湿度を保つ

これが真夏とか春なら
こんなことは必要ない

もしも冬の最中に
新しい苗を手に入れた場合には
この方法が使えます。

あぁ、おもしろいこと
なかなか楽しいお話でございます。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

このタイミングで
「これはまずい、枯らしてしまう」と気付き
ペットボトルのような空間に密閉して
湿度を保つことが出来たら
今まで枯らしていた苗が生き残るかも知れない
なかなか面白い、楽しいことでございます。

休耕田段々畑おかむらさきの
販売発送を始めました
右上のホームページ版よりおいで下さい
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2014年11月24日 (月) | 編集 |
今週末も実家におります
黒大豆を収穫して乾燥
のついでに



例の
「根粒菌」を観察します。



まず
黒大豆の株元は
大きなはさみでジョキンとやって
逆さ吊りにしております。



今回はこっちが気になる
切った後に残る「根」と土



この根の先につく
丸いものが「それ」です。



ほら、何ぼでもあります。



この丸いものが
空中のチッソを固定して
豆類に供給するらしいのですわ



私はこれを使いたい
何とかして使いたいのです。

ラベンダーを含む樹木は
生育初期にはその根の量、数が少ないものです。

それが理由で水切れする
それが理由で
もしも切れたら後が無い、枯れる

そんな時に
根粒菌が最初だけでも助けてくれたら
どんなに頼もしいことか



方法は分からない
けれど



どう考えても
この粒をおかむらさきの根にくっつけて植える

それ以外の方法は無いでしょう
後は実践のみ
植え付けは5月の予定



季節は冬
根粒菌は真夏にも活躍しているはずなのに

草が枯れて
樹木が葉を落とす季節になると
たくさん手に入るのです。

今までなら
畑にすき込んでしまうだけだった
黒大豆の株

根粒菌を使おう
保存方法は
このまましばらくほったらかして
トラクターですき込む前に
掘り上げる

暗い場所で湿度を保つ

それで良いのか悪いのか
それはやったら分かることでございます。

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

これは野菜栽培の植え付け時に
栽培用土を植え穴に入れてから
苗を植えるという方法につながる
(実際にこれをやると生育が全然違ってきます)

それの原型を
タダで手に入れるという実験になるでしょう

休耕田段々畑おかむらさきの
販売発送を始めました
右上のホームページ版より
おいで下さい
2014年11月19日 (水) | 編集 |
2014年11月16日現在でございます。



冬の瀬戸内は空気が澄んでいるので
遠くまでよく見えるのです。



この週末も実家でいろいろ
やっております。
今年は
あっという間に寒くなって
南天もそろそろ真っ赤っか



アンソニーパーカーセージも
あっという間に色づいて



あのヤマトも
色づき始めました。



おかむらさき
西日本の冬の色
乾燥した空気に対抗するため
細く灰色に変身



このまま越冬します
この地方では
雪が降り積もることは無いので
凍る、溶ける、たまに雨
このパターンで冬が行くのです。




さぁ
乾燥と凍結の西日本の冬が来る
雪が無いというのは
暖かいというよりも
空気が乾き切って

唇も指先も何もかも切れる
土ぼこりが舞う
目が痛い
そんな季節でございます。



休耕田おかむらさき達も
そろそろ冬の色に

山の木の葉がすっかり落ちたら
5月までは
じーっと我慢の季節でございます。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

休耕田段々畑おかむらさき
販売発送を始めました
右上のホームページ版よりおいで下さい


ようやく冬が来た
これで枯れる心配が減って行く
草刈りも終わり
草取りも終わり
水やりも10倍楽になる

人それぞれなのでございます。
2014年11月17日 (月) | 編集 |
水を吸ったパーライトは
なかなか硬いのです。



挿し穂を傷めないように
まず穴を開けております。

私は
先端が尖ったドライバーなどを使いますが
穴が開けば何でも良い



水が切れると
たちまち崩れますが
保水状態ではこうります。



この穴に「挿し穂を置いて行く」

挿し穂が折れないので
この方法をやっておるのです。



挿し終わったらここに



倒れないように水をかけて



続いてオーソサイドをぶわっとかけて



密閉します。
ここから
水が切れないように(パーライトが、乾き切らないくらいまで我慢してから水やり)
管理開始です。



しばらくしたらこうなります
この状態を続けていれば
発根するはず

とにかく簡単な方法では無い
絶対に発根する方法はあるのですが
今回はそれをやらないのですわ

これを始めたのが
11月3日のこと
約2週間経過して
まったく発根の気配無し

さぁどうなるのやら
気温はどんどん下がるけれど
加温はしないので
やっぱり来年の春というお話
うーん、先は長いのでございます。

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

休耕田段々畑おかむらさきの
販売発送を開始しました
右上のホームページ版からおいで下さい。


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2014年11月14日 (金) | 編集 |
この箱はホームセンターで売っています
パーライトも
ビニールも
ちょっと出かけたら
手に入るものばかりです。




今回はこれで行きます
パーライトの量は
こんなに入れる必要があるのか
という
すり切れいっぱいでございます。

保水しながら蒸散する
そして水切れが良い
それを目指します。



まずは
昨日切ったヤマト組のおかむらさき

これを水に漬けて吸水させます
30分くらいかのぉ




これを切って
挿し穂を作ります
今回はちょっと長め
パーライトが深いので
ちょっとだけ長くしております。



ちょっとめんどくさいけれど
これだけはやりましょう。



天芽と節間を分ける
同じ大きさの挿し穂を揃える

これをやらないと
水やりの時に
何を基準にすれば良いのか
分からなくなるのでございます。

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

休耕田段々畑おかむらさきの
販売発送を始めました
右上の
ホームページ版よりおいで下さい
2014年11月12日 (水) | 編集 |
何をどうしたいのかと言うと

おかむらさきの挿し木をする
たくさんの根が欲しい
時間は関係なし

というのを
突き詰めて行くとこうなりました



ペットボトルを切って
パーライトをたくさん入れる
この物質は排水良く、固まることは無い

しかし
その量が増えるほど
たくさんの水を保水するのです。

そこへ穴を開けて
おかむらさきを挿す



底に穴を開けて
水が溜まり続け無いようにして



上部を再びぱこんと被せる
すき間の無いように注意



このままひと月ほど
このくもり具合を確かめながら

毎日から数日おきに
水を切らさないように管理

これは何をしているのかというと

根の出る地面はパーライトなので
水が切れる
切れるけれど大量の場合は
ある程度までは保水する

おかむらさきの挿し木にとっては
「うーん、これは根が出ないければ枯れてしまう状況や」

いうのを作っているのです

でも
挿し木には根が無いので
本体の水分が切れると
あっという間に枯れてしまう

そこで密閉空間
たくさんのパーライドが
底から水を流しつつも
空中にも水分を放出している

その空間はとにかく狭いので
あっという間に高温となる
それはまずい
だからペットボトルのふたは取ってあるのです。

こうして
挿し木本体は水分を保ちつ
発根すべき土は常に乾こうとしている
そんな環境が出来るのですわ
そして
その苦境を乗り越えた挿し木は




こんな根となります。
1およそ0本以上かのぉ
しかも硬い、太い、ぐにゃぐにゃしていない

わざわざ発根しにくい環境で
苦労して長い時間をかけて
発根させる

そうすると「これ」が手に入るようです
ただし
現在のところ
全体の3割くらいしか成功しない

まだまだ途上
しかし
絶対に克服する方法はある
今は大量生産できなくても
数をこなせば分かるはずですわ

というのを
ひと月前に試して

いよいよ今度は

応用編
今度のパーライトは
ちょっと多いぞ

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

こんなあほみたいなことをするプロは
まず存在しない
ますますやる気がわいてくる今日この頃でございます。

休耕田段々畑おかむらさきの販売発送を開始しました

右上のホームページよりおいで下さい
2014年11月11日 (火) | 編集 |
ラベンダーの挿し木
挿し木用土に発根促進剤
地温を適温に保ち
湿度も同様に保つ
適度に殺菌剤を使用する

そのまま
約2週間で発根
それから
4週間もすれば
ほぼ全部の苗が鉢上げできるようになる

というのを
20年ほどやってきました

しかし
おかむらさきに限って
もうやめます

「あること」が無理
「あること」が次へ続かない
それがもう嫌と言うほど分かったのでございます。

たこんのるーる
多根のルール、法則

今年はそれを
試しております。

これです



何のことか分からない
これはおかむらさきの挿し木
現在やっているものです。

さて
何が違うのか



実は
ひと月前にペットボトル挿し木を
開始しておりまして…



そろそろ
発根開始のようです。




これです
根の本数にご注目下さい。

これを作り出すのに
何年かかったのか
もう忘れましたわ

多根のルール

今までは
根の量ばかり気にしていたのですが
それは間違いだった

根は量では無い
根は数や、何本出たか
何本伸びて行くかで全部決まる

これがたこんのるーる、多根のルール
それをやっております。

何がどう違うのか?
挿し木用土仕様の場合
この根の数か違うのですわ

発根しやすい状況で
すくすくと発根させると
最初に出た2~3本の根が
柔らかい用土の中を
ぐんぐんと伸びて行く

そこで何が起こるのか
4本目以降の根が出ない、必要ないということです。


ちょっとの数の根が
ぐるぐると伸びて増える
私はそれが気に入らない

だから
これをやっているのでございます。

明日はその実践方法を

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

休耕田段々畑おかむらさきの販売を開始しました
ホームページ版(右上)からおいで下さい


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2014年11月09日 (日) | 編集 |
2014年11月3日現在でございます。
あの「ヤマト」の芽を切って
挿し木を始めました。



挿し木で失敗する
それにはたくさんの理由があるのですが

いちばん気を付けなければならないことを
なかなか実践できないものですわ

それは
しっかりとした「太い挿し穂」を
挿し木の数ヶ月前から
その日に向けて
育てて行くということ

せん定くずで挿し木をするのは
ものすごく難しいのです。



私は数々の失敗から
それを知っているので
今年は
春先から用意しております。

それがヤマト
本来ならば
きちんとせん定整枝して
それらしい苗を育てるところを

わざわざ
枝を切らずに伸ばし
そのまま
真夏を越えて硬くする

秋になり少しだけ成長し
そろそろ冬の用意の色になる頃

「それ」を切って
挿し木をするのでございます



挿し穂を取るのは朝
空気が乾燥する冬は
挿し穂の乾燥防止のためにも
そうしております。



ハサミは良く切れるものを使いましょう。
安くても新品が良く切れます。

挿し穂を入れる袋は
100円均一の店で買った不織布の袋
水が溜まらないのに
保湿できるので便利なのですわ。



それから
この場面でよくやってしまうこと
それは
挿し穂を取ることに気を取られて
残る株の整枝を忘れてしまうこと

少しでも
長く太い挿し穂を取ろうとして
株の枝がどんどん短くなる
丸坊主に近くなる

それをやってしまうと
春先に復活する頃には
短い細い枝がたくさん伸びた
園芸店で売っているような株となります。

ちょっと遠くから撮影してみました
それでも
芽を切った株とは見えないはず

こうして
挿し穂を切った後でも
株の枝が20センチほど残り
太い枝が3~4本立つようにしておけば

次の植え替え時には
いつもの苗の姿

この方法を取るのは

①今年伸びた20センチ以上の枝は
 大寒の頃には
 どうせ水切れして枯れてしまう
 それだったら挿し穂に使おう

②どんなに伸ばしても
 どうせ切るのなら
 太くて硬い芽を伸ばそう
 細いたくさんの芽は
 挿し木には
 役に立たないのだから

ということを
知っているからでございます。

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

休耕田段々畑おかむらさきの
販売発送を開始しました
ホームページ版をご覧ください

やれることはやって来ました
それなりの時間と知恵を
高いと感じるか
安いと感じるのか
それは私が決めることではありません、いざっ。
2014年11月07日 (金) | 編集 |
私はスーパーの果物売り場で
仕事をしたことがあるので
バナナの箱というものが
防水性がかなりあること
積み上げることを前提にしてあるので
その強度がなかなか凄いことを
知っております。



ということで
中古品でもよいから
バナナ箱を使うと荷崩れしにくいと
いうことを知っているのです。

それでもその高さには
限界がある

こんなに大きな株を入れると
当然こうなります。



箱のふたを開放してもこうなります。
うーん
ちょっと考える


ひらめく



もうひと箱つけ足したら
ええんやないかな

よしよし
まずは下の箱(バナナ箱は上のふた箱、下の箱の2つでひとつの組み合わせです)

これの底を開く
そしてひっくり返す



この箱は
その厚みが凄いので
今回はそれを利用しまして…



まずは
こうかぶせます
この時に…



下に見える箱は
硬くのりづけされているので
四隅の角度が直角に保たれている

その上に
逆さにした同じ大きさの箱を置くと



段ボールの厚みだけで
きっちりと収まります、笑ってしまうほど収まります、ずれません。



これで約50センチの高さが確保できた
しかし
これではまだ上が開いている
梱包出来ないので



ここにふたの箱をさらに被せる

上も下もどちらも
箱ののりづけを開いているけれど

いちばん弱い場所は
どちらも二重になっている
箱がずれて中に落ち込むかなと
思っていたけれど



そうでも無いようですわ、なかなか硬い梱包になりました。
これは3段重ねの上から覗いた箱の中身

高さ50センチのおかむらさきが
下に見えております。



この大きさだと
この株tが二つ入ります
今回は
9cmポット苗と土を入れる予定




全部入れたら
すき間を古新聞で埋めて
縦横を結束バンドで梱包します。

これでクロネコヤマトさん行き
実際にやってみたら
簡単に人が座れました。

これで送ります、50cm程の苗を送る場合
この方法が使えます、どうぞパクって下さいませ。


つづく
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

これで
縦×横×高さの合計が143センチほど
160センチを越えることはありません
何のことかと言うと
料金のお話でございます。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2014年11月06日 (木) | 編集 |
ホームセンターで
物色していたら
ジュートの何とかがありました

「ほぅ、これを使おう」
使い方は知りませんが
仕事がら見たことはありまして
オリーブやツツジを運んだ経験がございます。




こんなもんかなと
勝手に巻いてみました
ついでに縛ってみました

プロが見たら
「あ、あほか、こいつ」
というレベルですが

私なりにいろいろと考えまして



とにかく
このラベンダーというやつは
細い枝が集合しているので
「首根っこ」を締め上げたら
絶対に折れるはず

それならば
ちょっと下から
ぐるぐる巻きにしなければならん



地上部は
タコにしてあるので
そのままでは必ず「折れる」

ということで
これも巻いてみました

これを…



従来のように箱詰めすると
当然のように
こうなります。

50cmと言う高さは
普通の箱ではこうなります。



さぁ
ちょっと考えましょう

今回、思い付いたのは
三段箱
三層に分解出来たら
箱入れも箱から出すのも
簡単やないのかと…

おぉっ、やればできるもんやなぁ

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

最初は麻布を探していたのですが
最近は「これ」らしい
斜めに巻いていけば何とかなりました
荒縄は
いつも使っているハウスバンド(マイカ線)の応用
このままでは
数週間で劣化するので
来週には発送したいと思います。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2014年11月05日 (水) | 編集 |
№42を掘ったつもりで
隣の43を掘って根を巻いたお話です。

思い込みというものは
恐ろしい

頭では分かっているはずなのに
この手が43を掘っている
時間が経てばびっくりしてしまう
そんなことが
現実にはあるのでございます。

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2014年11月04日 (火) | 編集 |
2014年11月2、3日のことでございます。
いろいろなことを
まとめてやってみたら
なかなか楽しかったというお話です。



まずは11月2日の雨の後
休耕田の大株をひとつ掘り上げた



同じ日
ヤマトの挿し穂を切った



翌日には
パーライトに密閉挿しをした



同じ日
発送のための梱包方法を試す



今度の株はちょっと大きい
普通の発送方法では
折れてしまう心配があるのですわ



9センチポット苗が
この株の
根の高さにも届かないのでございます。

それぞれの詳細は
明日から少しずつ
始めたいと思います。

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

うーん
№42を掘ったつもりが
これはどうも43だったらしい、困った
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用