構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2015年04月30日 (木) | 編集 |
石灰をふると
植物のカリ分が制御されて
保水力が減少する

みかんの栽培でも使う方法
水分を減らして甘くするのに
葉に石灰をふるそうですわ


ラベンダーには石灰が必要
しかしながら
それを極端にやってしまうと
真夏に水切れするということです。

では
何をどのくらいにすれば良いのか
いやいや
その年ごとに気候が違うのだから
まずは「基本形」を決め

その夏の
雨量と気温を確かめてから
枯らさない方法を探っていくというのが
良いのではないか

ということで
まずは
5月の高温対策を
最初の「基本形」としますわ。



ウォーターワークスを混ぜた土に
さらに
今まで使用していた土を戻す

高分子ポリマーによって
保水性は上がったはずなので
(もともと雨の時期には石灰過剰で
素晴らしい株となっていた)

ここは半分ほど戻して
様子を見ます。



それでは
おかむらさきを植える

この株は



2週間前に
黒大豆後の土だけに直接植えて
その上から
石灰を含む土をかけて
仮植えしたものですわ

翌日から
豪雨だったはずですが
元気なもの

これを掘り上げて



まん中に植える
根を広げて植える



この株の上から
根粒菌入りの土をかけて行く




今回は
保水性を観察しているので

石灰分は
植え床の底に残る有機石灰と
半分混ぜた今までの土だけ

そして…



水を溜める
バケツいっぱいの水を溜めます。



これで
土の中に勝手に出来る
水の逃げる道を潰す

硬い土を作るためには
田んぼで言うところの
「シロをかく」
それをやっております。

空気を抜いてしまえば
上から下へと続く
土のすき間という名前の
雨の通路が存在しなくなり

せっかくの雨は
全部土に浸み込むのでございます。



水が全部落ちるまでに
数分かかりますが

それはいつものことなので
気にしない

それよりもさっさとやることは
土を乾かさない作業

古着のマルチを
河原の石で押さえます

時間が無いので
竹チップのマルチは
また今度やろう



いかんいかん
忘れていた

畑の土を使うと
心配することがある

それは「虫」
この時点で心配なのは
「コガネムシの幼虫」「葉を食ういも虫」「ダニ」

これらの対策は
オルトランをぶわっとまく

それから水を溜めましょう
2週間は何とかなります。



これを
最後の株まで全部やって

植え替えだけで40株ほど
やはり
最初によーく考えてやらないと
「数」は
こなせないものですわ

気候は
読めないものですが
まずは乾燥対策を基本としました。

ここから
梅雨の豪雨が来るのならば
全株に有機石灰をぶわっと散布
さらに雨が多いのならば
消石灰をぶっかける

そして
梅雨が明けて
カンカン照りになる前に
竹のマルチを用意して

40℃越えになるのなら
前年のように
ウォーターワークスのマルチ+土の日除け対策

さらにまずいようなら
カリを入れて保水力を増す

そうそう
花後のせん定は
6月中にやってしまおう
枝の仕立てはああやってやな

うわっ
何と言うことか
私は花のことなど考えてもおらん



今年は咲くぞ
庭先おかむらさきの2年前クラスが
80株は行けるやろなぁ

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

今回はひとつだけ
あることが欠如しております

病気の対策
これをやっていない
まったく
心配していないのですわ

チッソと水が病気を呼ぶ
しかし水は必要
だったらチッソを外せばよいのではないか

案外
花の栽培では当たりだったりします
そして
野菜果物の栽培では外れる

それが分かったら
けっこう楽になれるのでございます。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2015年04月28日 (火) | 編集 |
かつて
「有機石灰だけが何もかも解決する」と
勝手に吠えておりました

ごめんなさい
限界はあります
やり過ぎは無駄なのでございます。



枯れた株を掘ってみる
土は
あの日、絶対の自信をもって
ブレンドしたはずの
マサ土+有機石灰、無チッソ

しかしながら
枯れたのは全部「それ」

私は大きな間違いを
やらかしてしまいました

それは
「水管理」をするのならば
この土は最適に近い

しかし
自然の雨水に頼るのならば
これは
絶対に間違いなのですわ



雨に頼る栽培方法ならば
保水を考えなければならぬ

ラベンダーだから
過湿だけを考えていれば
よいなどと
慢心してはいけません。

西日本では
梅雨の後は
カンカン照りに決まっております。

その時に
庭先栽培なら
水をやれば良い

だから
庭先おかむらさきは
硬い土でもどんどん成長する



しかし
休耕田は雨だけが頼り
降らなければ乾くだけ

真夏に
気温が35℃以上で
数日間雨が降らなければ
彼女達は枯れる

鍛えるというても
限度がある

高温の対抗策として
竹のガード、古着のマルチ
ついでに地表を草のマルチで覆う

それでも
この土では無理らしいのぉ

ということで



まずは
黒大豆を育てた土
根粒菌の残る土

普通の畑の土
チッソも少しだけ残り
カリもリン酸も残留する
保水性のある
雨が降ると「粘土状」となる土を…



混ぜよう

いやいや
ほとんどそれに交換しよう


ここに…




高分子ポリマー
ウォーターワークスを投入



水を含んで
50倍に膨らんだものを
この土に混ぜる



黒大豆の根粒菌+ウォーターワークス
ザクザクと混ぜて



さらに
レンゲの根っこの土を
(根粒菌を追加する)
混ぜて…

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

知っているすべてを
全部使って
試している

長年やっていると
残りは少なくなる
などということは
絶対に無い

次から次へと
新しい何かが
「ほれっ、これもやらんかい」と
季節の初めに
扉をどんどん叩く

「やってやろうやないか」
かかってこんかい、おぅっ。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2015年04月27日 (月) | 編集 |
2015年4月26日でございます。
実家の休耕田おかむらさき
いよいよ
全株の補植を開始

そして
冬からずーっと考えていたことを
始めます。



つつじの季節
おかむらさきも新芽を伸ばす




これは
実家の庭から見た風景

今は無き祖母が植えたらしい
今では人よりも背の高いツツジ達




さらには
黄色もあります

そんな風景の中で



いよいよ
植え替えを始めましょう。

今度はやることが多い
というか
試すことが多いのですわ



まず
高分子ポリマー
吸収する水の量、50倍
ウォーターワークス
今度は本気で使います。



大豆の根粒菌+レンゲの根っこの土



2週間前に
黒大豆後の土に
仮植えしてみたおかむらさき、ヤマト組数株



そして
今回は土も入れ替える



もちろん
その他の株は
ぐんぐん育っております。

朝の5時から草刈りをして
空いた時間で植え替える

約40株を植えましたわ
草刈りしながら
頭の中でイメージトレーニング
後はやるだけのこと



よしっ、行こうか

つづく






にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

かつて
自信を持って植えた土
あらためて掘り返すと
「ほう、なるほどのぉ」

今やっていることが正しいとは限らない
けれど
今までのことは間違いであった

それを正す
ついでにいろいろ加える

答えは枯れたら出る
枯れなければ正解かも知れない

もっとよい答えがあるかも知れない
あぁ、楽しいこと
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2015年04月23日 (木) | 編集 |
密閉挿しは
湿度が保てる

しかし
5月前ともなると
さすがに高温となる



うーん
もう修正、方針変更

高温対策をやりました。



おぉっ、画期的な対策が
成功した。

ペットボトル挿し木のパクリや



ハウスの天井を開けて
サイドは閉じる

これをやると
横からの冷たい風は防ぎつつ
そこそこに高温は保てる

春先の
葉物野菜の栽培で
見たことのある方法です。

徳島の人参栽培も
この方法の巨大版

長い密閉トンネルで発芽させて
成長に合わせて
どんどん穴を開けて行くというもの

何でも見ておく
記憶のどこかで蓄える

いつか
何かの役に立つこともあるのです。

ようやく
長い雨の季節が過ぎたらしい
さぁて
それでは根粒菌の試験栽培から
始めようかのぉ、うんっ。

つづく
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

天芽をつけたままだと
高温でしおれる
翌朝には復活する
それの繰り返しを眺めつつ
ある日
天芽が立ったままとなる
それが発根した印

ということで
2本ほど天芽を残してあります

これは指針
水やりの指針となっておりますわ
2015年04月21日 (火) | 編集 |
2015年4月21日でございます。

あの
庭先おかむらさきくん
今年も新芽がたくさん伸びた

去年までは
花穂が何本立つのか
調べていたので
全部咲かせていたのですが

「うーん、ちょっと挿してみようか」
少々切っても
何ともないくらい
大きな株となりましたので…



またまた
密閉挿し



パーライトのみ



60本ほど挿してみた



ついでに…



天芽を全部
切った

今度は春先節間挿し
発根まで2週間というところか

それとも
密閉挿しには高温過ぎて
最高気温30度あたりで枯らすのか

やればわかる
毎日水やりを欠かさなければ
何とかなる
ような
気がするのでございます。

つづく
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

秋の挿し穂が
春に欲しいけれど
そんなことは無理
冷蔵しておけば何とかなるか
いやいや
カビが生える

季節と成長の狭間
花穂が伸びる前に
いろいろと楽しむ

うまく行けばそれでよし
行かなければやめたらよい

今しか出来ない面白そうなこと
こんな挿し穂が取れることに感謝
さぁて、行こうか
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2015年04月19日 (日) | 編集 |
2015年4月19日でございます。



今年もそろそろ



庭先おかむらさきが



萌える季節となりました。



今年は何本の花が立つのか



うーん
去年の実績から想像すると



800本というところかな



そして
今年も「中身」は
すかすか



この新芽たちも
木漏れ日を浴びて咲くことでしょう。



ちなみに
ひとつの芽の大きさは
これですわ

おぅ、これを挿せば
面白いんやないかな

今ならまだ
密閉ざしで行けるやろ
よーし。

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

今年も始まり始まり
毎日変化する枝たち
伸びる新芽
ぐんぐん伸びる花芽

6月の中旬まで止まらない
おかむらさきの季節が
やってきたのでございます。
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2015年04月16日 (木) | 編集 |
東京都に
あの株たちは
無事に到着しました

重い方の重量は
30キロはあったはず
なかなか
植物苗の運送は難しい

とにかく
やってみたら
やれたらしい

今後の指針と
なることでしょう。



それでは続きのお話

今度は根を切る
というか
ここまでは根が行っていない

その場所を
ガリガリと削っていくと



そんなに頑張らないでも
この株は持ち上がる

4回もやれば
この株は持ち上がる




ふーん
さすがに
大量の根はここまで届いていないらしい



簡単に表現れば



本当に
根こそぎ全部
掘り取れたということですわ



さすがに土の量が多過ぎたので
次の株はこれ

何でも限度はある
常連様には
「こっちでもOK」と
お返事いただきまして

ありがとうございます

この娘達を
よろしくお願いいたします。

西日本の
菜種梅雨
そんなある日の
出来事でございます。


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

おかむらさきを送る
喜んでもらえる
それが誇り

2015年04月14日 (火) | 編集 |
私の栽培方法は
この数年
波板植え床なんちゃら方式でございまして



ちょっと見では
まるで門松仕様となっております。

これを発送する

そのためには
これを掘る必要が…



無いのですわ

おかむらさきは掘らないで
回りの波板を
上に向かってスポンと抜く



すると
根周りの土が
「どん」と出現する

これを麻布で巻いて
荒縄で縛る



私は
このやり方に関しては
まるっきりの素人なので
今回は
ネットで調べまして

何とかパクっております
このやり方が正解かどうか
そんなことは知りませんが
とにかくやっております。



まずは
周囲を巻くらしいので
とりあえずやってみた



巻いたらとにかく縛る
縛ったら何とかなるようなので

今度は下やな
ちょっとずつザクザクと
株が動くまで
やってみたら…

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

この方法は
私にしては「まれ」な
やってみたら本当に成功したらしい
植え替えを前提とした
栽培方法なのですわ、おぅっ。
2015年04月13日 (月) | 編集 |
2015年4月12日でございます。



レンゲの季節
今年の春は雨が多いので

農作業をやるタイミングが
まったくやって来ないのですが

私は3月末の日曜の朝
カッパを着てトラクターに乗り
雨が降り始めた田んぼと畑を
なんとか耕すことが出来まして

今度はおかむらさきの番



今日は朝から
長雨で伸びた草を
バリバリと刈りまして



作業がやりやすいように
座る場所を確保



ラベンダーズの常連様から
予約のあった株を掘って
発送するのですわ



うーん
もう「苗」とは言えない大きさと重さ



そして
ヤマトから掘って来た彼女達も
植え替えます。

翌日からは
また雨らしい

今日を逃したら
もう間に合わないかも知れない
やる時はやろう

ということで
まずは
掘るところから…

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

ホームページを更新しなければ
いけないのですが
それよりも先にやることが多い

なかなか凄い株達となりました休耕田組
ホームページの書き換えを
販売開始の告知を
うーん、忙しくなってきた
2015年04月09日 (木) | 編集 |
だから
無加温密閉挿しを
6カ月も続けているのです。


予想していなかったことも
少しずつ分かってきました

無防備で安心していたこと
もっと難しいと思っていたこと
半年も観察を続けていて
何も変化し無し

のように見えても



やはり枯れるものは
枯れるようです。



記憶をたどると
これらは枝の先端から

まず20センチの挿し穂を取り
その下の枝も行けるかも知れん

無理だと分かっていて
それでも挿したもの達ですわ

やっぱり無理だった

しかしながら
これらの枝は
密閉して保水したことで

つい最近まで生きていた
というか
葉は枯れたけれど
この枝はまだ生きているらしい

確かめたくて折ったみたら
分かったのですが
パーライトに埋もれた部分はもうダメ

そして
まったく心配していなかったことが
そーっと
起こっていたのでございます。



びっくりしたのですわ

この空間は
上部の空間が
密閉されていて
湿度を保ちながら

「虫」は防げると
安心していたのですが



キノコバエどもは
知らぬ間に入り込んでいたのです。

右の挿し穂の下部
皮がポロボロ

細菌のしわざではありません
水分でふやけた皮を
キノコバエの幼虫が食った

まったく奴らはしつこい
ビニールのすき間から入り込んだらしい

ここから分かったこと

やはりラベンダーはハーブ
その匂いは
虫を呼ぶらしい

うーん
どうしようか?

心配しても
どうせ分からないので
どのくらい被害が出るものなのか

ちょっと放置して
試してみたのです。

すると



となりの挿し穂は
こんなことになっている



ふーん
こっちは虫がいないのか

なるほど
隣接する挿し穂でも

キノコバエは
こっちには来ないらしい

全滅するまで喰らい尽す
ということでは無いらしい

これが
挿し木用土なら
あっという間に喰らい尽される

パーライトなら大丈夫なのか

いやいや
硬い挿し穂を使ったからなのか

分からんなぁ

けれど
パーライト密閉挿しの場合
キノコバエは最悪というわけではない
枯れた部分だけ食って行く
掃除屋のようなもの
なるほどのぉ、うん。



それから
ちょっとだけ理解出来たこと

おかむらさきは
無肥料のマサ土と有機石灰だけの
9センチポットで1年間
生き続ける

というのを
実際に
やってみたら分かりましたわ



しかし
まったく成長はしないらしい

まるで
道端に生える草のように
短く硬く
じっと生き続ける

もしかしたら
こっちが本当の姿では無いのか
そんなことを

分かったような
分からんような

ここから始まる
「次」へと
またまた考えます

おぅっ、そうや
マサ土にパーライトで
水やりを間違わなければ

鉢植えは
行けるんやないかなぁ



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

そして初夏が来る
これらを植える季節が来る

休耕田おかむらさきを
そろそろ販売開始する季節が来る

休耕田の枯れた株を
植え替える季節が来る

草刈りの季節が来る

よぉしっ、来いっ。


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2015年04月07日 (火) | 編集 |
2014年111月3日
パーライトに挿し木して
ハウス用ビニールで密閉した
おかむらさき20センチ穂木

ビニールハウスというものは
今の時代には
ほとんど存在しません

もっと凄い素材がたくさんある
さらには
それを組み合わせて
外見はまったく変わらない
しかし

その強度
紫外線の透過率
耐久年数
いろいろなことに
ほとんど適応してしまう
被覆材が
それはそれはたくさん
存在するのでございます。

それでも今回は
私はビニールを使用しました
密閉、保温
この2点に合致する
さらには
そんなに高価では無い

理由はそれだけでございます。、



そして
水管理だけで
真冬を越えて

ここにたどり着いた



150日経過の「節間」挿し
おぅっ、
側枝は健在で…



その根は
こうなりましたた

ふーん
挿し木は真冬にやると
確かに時間がかかる

加温すれば
14日で発根する

けれど
その根は
あまりにももろい

だから
こんな方法をやっておるのですわ



そして
この根は
確かに強いのです。

硬いパーライトに新根がぶつかる
すると
ぐねぐねと曲がりながら
少しずつ少しずつ
硬い根が伸びて行く

これが普通の
挿し木用土ならば
ふにゃふにゃと柔らかい

発根したらスーッと伸びて
プラグの壁に突き当たる
今度はその壁沿いに
ぐるぐると渦を巻く
そして
スポンと抜ける頃
鉢上げとなります。

私はそれが
気に入らなかったのでございます。

だから…

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

ビーニールハウスが
もの凄く珍しい時代になりました

何というても
重い、捨てられない、燃やせもしない

農業被覆資材は
進化し続けておるのでございます。
2015年04月06日 (月) | 編集 |
2015年4月6日でございます。

あの
越冬挿し木おかむらさき密閉仕様

大寒には
赤くなっていたのですが
ここ数週間の暖かさで
赤が解けて



未発根の挿し穂たちが
「動いた」

150日経過して枯れず

きちんと保水すれば
(湿度を保てれば)

ラベンダーの挿し穂は
冬季の長期保存が可能のようですわ。

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用