構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2016年09月29日 (木) | 編集 |
今年は夏は大干ばつ
そして
今年の秋は長雨が続く

ラベンダーのみならず
植物すべてにとって
過酷な環境となっております。



そんな段々畑のおかむらさき
一年坊主組



濡れても
ラベンダーらしい色を保つ

昔はこうでは無かったなぁ



雨が降れば
痛んだ場所が黒くなる
それを見て
「うーん、枯れそうだ」

だから
病気にならないように
殺菌剤を使っていたのですわ

今年はやらない
枯れたら枯れたで
あきらめる

枯れなかった株だけを
育てる

この冬に発送するのは
そういう株なのでございます。



このあたりが
生き残るだろうなぁ

世田谷の紅茶様が
狙っておりますわ

もう少しだけ
お待ちください
台風がまたまたやってくる

長野からのコメントも
ちゃんと読んでおります。
ご心配なく

つづく

スポンサーサイト
2016年09月27日 (火) | 編集 |
無機無肥料は
生育速度が遅い
遅いけれどしっかりと育つ

それをじっーと
観ていると
経験したことの無い現象に
気付くのですわ

勝手に枯れる枝がある

全体では無くて
その枝だけが枯れる

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2016年09月25日 (日) | 編集 |
2016年9月25日でございます。
あの
パーライト+バーミキュライト+高分子ポリマーのみ

こうなった



真夏は越えた
枯れない



というよりも
見たことの無い育ち方をしている



3株も植えていたら
ひとつくらい枯れるかと
思っていたら

とてつもなく遅いスピードで
育つのですわ
しっかりと育つ



その姿は
なぜか美しい
自然のままというわけか

人が要らぬことをしなければ
こう育つのか



最高気温40℃
最低気温25℃
遮光率40%のハウスの中

少しずつ育った
真夏に育ったのだ

うーん
さっばり分からん

今までの経験は
役に立たないらしい



こんなことは
初めてだ

分からない
楽しい
そして
これは使える

鉢植えおかむらさきは
ここから始めよう

何も見えなかった未来
ちょっとだけ明るいのでございます。

つづく

追記
鉢植えなのに
草がまったく生えないというのは
驚きとらくちんだ

段ボールは
なかなか良い仕事をする
そして
腐ることも無い
br /> 凄いなぁ
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2016年09月23日 (金) | 編集 |
こちらは畑なので
水路が無い
あの大干ばつを
自分で生き延びたというわけです。

今年は
しっかりと野芝が生えそろい
蒸散防止と高温対策を
やってくれたようですわ

それでは
段々畑おかむらさき
生き残り組



まずは最古参
最初からここにいる彼女は
もう掘れないでしょう

今年は切り戻して
二回り小さくなりました





周りに伸びているのが
侵入しつつある野芝
波板の中まで入ってくる




 
これは3株の一年坊主を
一緒に植えてあります
これを一つずつ植え替えると
環境が変化しないのですわ





これはヤマトから移植した
3株植えです。



これは最後尾おかむらさきくん
畑の一番端っこなので
水が切れる

枯れたなぁと思っているのですが



テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2016年09月21日 (水) | 編集 |
今年は我慢だ
何もしない
農薬散布も
石灰散布もせずに
黙ってじっと見ているだけ

何がどうなるのか
ひたすら観察するのでございます。

それでは
後半休耕田おかむらさき



これは
冬に密閉しなかった一年坊主
どうやら
意味はなかったらしい



これは
冬に密閉した二年生
こちらは
効果があったらしい

うーん
分からん




















休耕田組は以上
次は
段々畑組を…



こちらは
水をやれる環境では無かったのだ

それでも…

つづく


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2016年09月20日 (火) | 編集 |
途方もなく巨大な円を
連なる雲たちが描いて
台風が通り過ぎて行く



台風の渦の
一番端の雲たちは
大きな円だ

それが
異常な速度で回っている
ぐるぐる回る

それを見ている
「うーん、今年は雨が多いわ」

それでは後半の
休耕田おかむらさき















№77
これは一年坊主
サイズとしては
普通の9センチポット苗の大きなもの



これは上記の№76
「何や、大したことないわ」と
思うでしょうが

これが
あの豪雨と大干ばつを
乗り越えて
再び台風を通り過ぎて行こうとする
おかむらさきの姿なのですわ

去年までなら
株のどこかが痛んでいたり
枯れていたりするのですが
今年はこれ

ちなみに
今週の台風の前
秋雨前線のど真ん中で
立ち尽くす76の姿はこれ



ここから
台風に突入して
枯れる場所は枯れる
生き残る場所は生き残る
という
過酷な競争を超えて

全国のラベンダーズのもとへ
届く予定でございます。

後半休耕田おかむらさき
まだまだ続きます

つづく


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2016年09月15日 (木) | 編集 |
去年までやっていたのは
年間を通じて
無肥料栽培を貫き
花後のせん定の時に
有機石灰を散布して
真夏を迎えるという方法だったのですが



これは2012年9月の写真
この頃は
有機石灰の量が多く
おかむらさきがすくすくと育っていた
のだが…



今から考えると
この時点で「枯れる要素」が見えています。

成長のし過ぎで
ダニが来る
病気が来る

当然のように



殺虫剤と殺菌剤を使う
うまく行かない日々が続く



2013年9月
ますます巨大に育てて
「枯れる」と嘆く



休耕田組も同じく
巨大に育てて



枯らしていた



2014年9月
この頃になると
有機石灰が
生育の邪魔をしていることに
気付き始めるが

散布する量は
70g、ひと握り
これでも「減ったなぁ」と
思っていた

そして
これでもまだまだ枯れるのだ



今から考えると
やはり「成長のし過ぎ」だ

有機石灰の「有機」が効き過ぎる
散布量がまだまだ多い
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2016年09月14日 (水) | 編集 |
休耕田おかむらさきの現在



№1から№25あたりまでが
豪雨で水没したらしく
まとまって枯れている

草の生え方からして
チッソが集まっているようだ
「突然柔らかくなり、強い日差しで水が切れた」
というところか



そんな中にも
せん定が正しかったのか
土地が少し高いのか
生き残りもあるのです。






32は枯れたらしい




この辺りは
2年生と3年生が混在しています
一回り小さいのが2年生株

飛ばした№は枯れたと
思ってください








№44は昨年植えた一年坊主
ひと冬越えて年輪がひとつ

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2016年09月13日 (火) | 編集 |
秋が来た
2016年9月中旬でございます。



今年のヒガンバナは
少しだけ早い、もう咲いた
毎年思うことだけれど
9月のおかむらさきは
見るのが恐ろしい

「今年これだけ生き残ったか」と
安心していると
突然の長雨で
あっという間に枯れた株が増えるのですわ



それでは
今年の「草を刈る草生栽培試験」の成果

これは
表裏一体の技のようだ
あの干ばつには効果があった
草が地表を隠して乾かない
おかむらさきが枯れなかった

しかし
9月の豪雨では
草の排水効果だけでは
追い付かないのだ

水が溜まる
低い場所に溜まった水は
草の陰で乾かない

それから
真夏には気が付かなかったけれど
地面の高低差は
草の勢いに「差」が出るようだ

低い場所の草は伸びる
低い場所には
農業用水に含まれる
「チッソ」が溜まるようだ



だから
水を取る場所が低ければ
他の場所よりも草が生える

その草を刈ると
それがまた肥料となる

結果として
低い場所に植えたおかむらさきは
真夏に生き残り
秋に過湿で枯れる



そしてもうひとつ
これは
段々畑の隅っこおかむらさき

この場所は
どうやっても水が切れる
何度植えても無理だ

これも確認した

これらの場所には
違う植物を植えよう
チッソが来る場所にはセージを
乾燥する場所には多肉植物を

水をやれない露地栽培では
これが限界らしい
やはり
おかむらさきの生育に
一番向いているのは
庭先、宅地の庭だろうなぁ

それでは
ここからは
6月の豪雨
7月の干ばつ
8月の干ばつと豪雨
9月の長雨に耐えている
おかむらさき№をどうぞ






この苗床の円周は120センチ
№37なら18~21 センチポットサイズでしょう。

明日からは
この続きです。

つづく

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2016年09月09日 (金) | 編集 |
秋も始まったばかりなので
ゆっくり書いていこうと
思っていたら

さっそく希望者が
名乗り始めてくれましたわ

本当はこれから
挿し木をして発根したものは
いつ頃こうやって送るとか
ヤマトで育てた2年生苗
休耕田の大株はこう送る
等々を
順番に紹介し

11月頃から
本格的に募集して
12月になり
気温が下がって
挿し穂が常温でも痛まなくなる頃に
発送開始しようと
思っております。

千葉
横浜
石川
宮城
鳥取から
応募のラベンダーズ
返信が遅れて申し訳ありません

ちゃんと読んでおります
もう少しだけ
お待ちください
(各県でひとりずつなので
これはあなたのことです)

メールとコメントと秘密のコメントを
全部調べていると
ついつい後回しとなりまして
申し訳ない

もうしばらく
お付き合いいただいて
11月になったら
再び募集をして

どれとどれをいくら希望か
確認後
発送開始とします。

住所の交換は
まず
私にメールをいただいて
私が住所を返信しますので

ご自分の住所を書いて
相応の切手を貼った封筒を
さらに別の封筒に入れて
私に送ってください

今回は挿し穂なので
レターパック
が良いでしょう。

その他の苗は
宅急便となります。
その際の
支払方法は
到着後に
「銀行振り込み」
「現金書留」
「図書カード」
(私は本を買うひとなのですわ)
等を
考えております。

ということですので
もうしばらく
お待ちください。



それでは
2016年9月9日の挿し穂候補たち





順調に育っています
ここで切って
挿し穂を取る予定ですわ。

つづく

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2016年09月07日 (水) | 編集 |
ラバンジンが
用水路の端に育っていたので
ちょっと撮ってみた



干ばつが過ぎて
あの大雨ですくすくと育っている

挿し木をするために取るのは
こんな株の…



上部のこのあたり
よく日の当たる挿し穂を取ると
発根しやすい



このような地上部近くにも
なかなか良さそうな枝がある

これを取って
全部混ぜて挿し木をするので
どれが
発根しないかが
分からないのだ

すぐに腐る
柔らかい
しかし
挿し穂を取る時には
なかなか捨てがたい

だから
絶対に地上近くの枝を切らないように



こんなせん定を
やったのでございます。

それでは
秋に樹木を挿し木すると
どうなるのか
答え合わせでございます。

秋に挿し木をすると
とにかくよく育つ
ここ西日本では
それが12月の終わりまで続く
気候によれば
1月の中旬まで続く

今年の夏は暑かった
最近の傾向として
暑い夏の年は
冬が寒い

だから
来年の大寒も
おそらく、うんと寒い

すくすくと育ったラベンダーの苗は
2月の大寒のある朝
低温障害でいきなり枯れるのです。

明け方の数時間で
フリーズドライのように枯れる

何年やっても同じだ
もう飽きたわ

いやいや
プロは加温する設備があるから
心配ないやないか

確かにその時は助かるかも知れん
けれど

秋から成長を続けて
冬を知らずに春を迎えた苗は

春になったら
その成長が止まらない

そのまま鉢とか
露地に植えると
もの凄く成長する
(越冬ラベンダーと比較するとという意味)

そして
自分の重みで折れる
害虫が来る
病気になる

私はそれがめんどくさい

だから
私は秋に樹木を挿さない

同じように
春にも挿さない
どうして
虫と草と病気の真っただ中へ
喜んで
飛び込んでいかなければならんのだ

ということで
どうせ挿し木をするのなら
管理が簡単で
虫も病気も来ない冬が良い

夏でも良いのだけれど
ミストの装置が必要だろう

越冬密閉挿しおかむらさきは
こうして誕生したのでございます。

次は
休耕田おかむらさき
あの6月の大雨と
40日以上続いた干ばつを
乗り越えた株たちを
「ちょっとやそっとでは枯れないおかむらさき」と
呼んでも良いかなぁ

これを
欲しい人はいるのかなぁ?
というお話しを…

つづく


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2016年09月06日 (火) | 編集 |
挿し木に良い季節が来た
秋になって
気温が下がり
草花の挿し木には
良い季節だ。



とは言うても
最近は
春と秋に挿し木をしないので
それなりの写真がありません

私は
樹木の挿し木は
春と秋にはしない

草花の挿し木はする

その理由
私が「園芸の苗屋」をやっていた頃には
考えもしなかったのですが

「造園の苗屋」になってから
ようやく分かったのですわ



春の終わりや
秋の初めに挿し木をすると
発根しやすい

そして
その後の生育も順調なので
苗として
販売するための時間が
短縮される

生育が順調なので
きちんと揃った苗を
出荷することができる

出荷が終わると
春なら夏がやってくる
秋なら冬がやってくる

その時には
苗はここには存在しない
ホームセンターに並んでいる

これが現実
どこがおかしい?

良い苗を良い季節に売る
誰からも文句が出ないはずだ




思っていた

どう考えても正しいのだけれど
現実はちょっと違うのだ

ここから先は
苗屋としても私と
ラベンダー使いとしての私が
たどり着いたこと

どうして
挿し木の季節に
樹木の挿し木をしてはいけないのか?

やってしまうと
何がどうなるのか?

それは…

つづく


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2016年09月05日 (月) | 編集 |
庭先おかむらさきの挿し木を
2016年11月後半から12月にかけて
やろうと思います。
これです。



その方法はこれから
書いてゆくのですが

今回は
挿し木を一緒にやってくれる「どなたか」を
募集しております。
興味があれば
しばらく、お付き合いください。




ラベンダーの挿し穂を取る際に
同じような顔をしているのに
発根する枝と
発根しない枝が存在します。

その違いとは何か?

ミカンと同じですわ
よく日の当たる
高い場所のミカンは甘い
地面の近くの日陰ミカンは酸っぱい

大きさは同じ
並べると分からない
食べると分かる

だから今回は
高い場所に
間引きした新芽を育てた
それがこの株となります。

全部が日当たり良好
間違えて
日陰の枝を切ることが無い

この枝を使います。




その数が
ほぼ100本あるので

挿し穂5本をひと組にして
いつものように
切手を貼った封筒を
こちらに送ってもらい
中身を入れて返送するという
方法で
発送しようと考えております。

その季節は冬
挿し穂を湿らせて
封筒で送ることは可能なのか
実験してみたいのですわわ

そのかわり
挿し穂の料金はいただきません
ただ
挿し穂のその後がどうなったのか
それを
定期的に報告して欲しいだけですわ

それが可能ならば
ご協力いただきたい

まったくの素人が
挑戦してくれるのが
いちばんうれしいのです。

その場合は
挿し木の方法から
必要な資材まで
こちらで用意するつもりですわ
実費はいただきます

「いやいや、おかむらさきは
そんなものでは無い」と
自前の資材で
挑むつもりのあなた

タダで勉強するつもりで
ご一緒しませんか?

この挿し穂の様子は
今から定期的に発信していきます

心配しないでも
もう8年近くブログを書いているのです

応募が100件も来るはずがない
そんなことは
とっくに分かっておりますので

しばらくお付き合いいただいて
もしもその気になったら
コメントなり
メールなり
送ってください

私は勝手に
次にやることを
書いていくのでございます。



ダイソーさんへ行き
いろいろと探す

ペットボトルの挿し木は
安定が悪いという難点がある

いちばん大事な時期に
風でひっくり返る
出始めた根が切れる

ということで
安定した容器を探しています

今回
見つけたのはこれ
ワインクーラー108円

20センチ近くあるので
挿し穂の頭がぶつからないだろう

候補として
購入しました

他に
いけそうなものとして
透明な虫かご(そろそろ安くなるやろ)
小さめな水槽
コミック本が入るケース
これはふたつ並べて使用かな

今回は
防水効果のある
すぐに倒れない
安定した透明なもので
上から水がやりやすく
挿し穂を挿しやすそうなもの

それを探しているのでございます。
つづく

さっそく
ご連絡いただいたみなさま
本来ならば
ひとりずつ返信するところですが
申し訳ありません
ちょっと整理がつきません

本日までに
ご連絡いただいた
千葉、横浜、宮城その他のラベンダーズの皆様には
「了解しました」ということで
よろしくお願いします

途中で気が変わっても
全く問題はありませんので
ご心配なく

ローマは一日にしては成らず
まずは
始めの一歩から…


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2016年09月02日 (金) | 編集 |
2016年9月2日でございます。
庭先おかむらさき
今年は
せん定を変更して挑んだ夏

どうなった?



ごつごつとした外観
普通に考えると
おかしな切り方でしたが



慣れると
それなりに「うまくいった」となります。



この枝が
思ったように伸びてくれまして




おぉっ、たくさんの「未来の挿し穂」が
育っておるわ



夏でこれだから
冬までには、もう少し育つだろう



15センチで挿せる芽が
100本といったところかな

これを「越冬密閉挿し」して
発根したら
「無機無肥料無農薬の鉢植え栽培」を
開始する予定でございます。

2017年は
こうして怒涛の如く
新たな荒野を歩き始めようと
一年前から始めておるのですわ。

ポット栽培をしないで
根を巻かずに伸ばす方法は
正しいのか、間違いなのか

もしも
正解ならば
鉢植え栽培のおかむらさきは
植え替えの失敗が
無くなるはず

何年も続くことができる
おかむらさきの鉢植え栽培が
可能となるかも知れない

さぁ
黙って見ているか
それとも飛び込んでみるか

あなたはどっちだ?

初冬までは
まだまだ時間がある
もしもあなたが
「この挿し穂が欲しい」と思ったら
私には
送る用意があるのですわ

いやいや
挿し穂が発根したら欲しい
それとも
鉢に植えてからが欲しい

それもまたよろし

試験栽培というのは
たくさんやるほど精度が増す

たくさんの鉢を
様々な環境で試そう
ここでやれるのは
岡山の気候だけ

挿し木の用意か
鉢植えの用意か
どちらかがあって
ついでに少しの勇気があれば

ご連絡下さい
募集します

庭先おかむらさきの分身を
やってみませんか?
育ててみませんか?

いつもなら
休耕田なので
私には
場所がたくさんある
今度はベランダだ
ベランダで成功する方法を探る
だから
助けて欲しいのですわ

一緒に来年やりませんか?
約100本あります
ひとり5本くらいで
ペットボトルで密閉挿し
というのを考えております。

興味があればメール下さい
コメントください

私は一階の住民なので
ベランダが分からないのでございます。

つづく
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用