構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2017年01月31日 (火) | 編集 |
2017年1月29日のことでございます。



この冬は
突然寒くなったり
突然日差しが強くなったり



雪が降って
雨も降る

そして
何よりも恐ろしいのは
とんでもなく空気が乾くこと

晴天でカラカラ
火事が増える



密閉挿しおかむらさき
危ないところだったのですわ

水が切れた
あれほどの水が切れた

どこへ行ったのか
ビニールのすき間から逃げたというだけでは
量が多すぎる

ということは
おかむらさきが吸ったということか




水と太陽光線で
光合成して
生き延びている

根が無くても新芽が出る

枯れてしまう前でよかった
危ないところだったようです。



今年もようやく凍結したので
葉の色が黒くなりました。

ここから復活するのは
どれとどれか



まだ発根せず
かと言って枯れもせず

正解は時間だけが知っている
3月の話かなぁ

日に日に昼が長くなる
おかむらさきも
それが分かっているのだろうか

つづく

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2017年01月24日 (火) | 編集 |
2017年1月24日でございます。
最近は
ブログの更新が遅いなぁと
自分でも分かっております。



最近咲いているのは
ローズマリーぐらい



ラベンダーは冬眠中
いつもなら
いろいろなことを試して
あれやこれを書いているのですが

今年の目標の
「どれだけ何もしないでいられるか」
ということをやっているので

待っている
何かが変化するのを
じーっと待っている

だから
それまで書くことが無いのでわ

さっさと発根すれば
その先があるのでが
今はまだまだの状態



そこで
何か面白そうなものは無いかと
観察していると



スノードロップが
そろそろ満開らしい

まったく不思議な植物だなぁ
と感心しますわ

この寒い時期に
よくも花が咲くこと

それも
早朝の完全凍結している時間も
花は開いたまま



こんな花です
下を向いて咲く小さな花
10センチに満たない

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2017年01月18日 (水) | 編集 |
2017年1月18日でございます。

すっかりご無沙汰の
鉢植えおかむらさき無機無肥料版



寒中を生き抜いております。



ここまで来たら
本当のおかむらさきの育ち方が
分かってきたのかも知れん

細い
とにかく細い枝
それが硬い



大きくならない
ならないと思うのは「人」だけだろう



本当は育っている
もの凄い遅さで育っている

これに慣れるのに
時間がかかるのですわ

園芸をする人は
肥料の優位性を知ってしまっている

だから
何もしないことが「苦しい」



けれど
自らの力だけで育つおかむらさきは
無駄な伸び方をしない

この鉢には
せん定も必要なかった

このまま咲かせてみようと思います。



10カ月でこれだ
肥料をやれば10倍は育つ

それでも
もう少しだけ
観察させてもらうのでございます。



これは
20センチで挿したおかむらさき

ここまでに
何年かかるのだろう

楽しみなことでございます。

つづく

テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2017年01月15日 (日) | 編集 |
2017年1月11日が過ぎ
密閉してから60日が
経過しました。



さらに1週間ほど
待っているのですが
どうやら「発根」はまだらしい



1月15日でございます。
本日は完全凍結して




パーライトがカチカチ



枯れてないことは分かる
黒く変色して葉が落ちることも無い

うーん
どうやらこれは
保存方法としては完璧だが

挿し木の方法としては
環境がよ過ぎるのかも知れん



ということで
60日ルールは延長となりました。

今日から数回
凍結を繰り返し
日照時間が伸びて
夜の温度が上がる頃

ようやく
発根するのかも知れない

これで良し
無理に発根させては
この試験の意味が無い
過酷な環境で
しっかりと発根すること

それを見ているのだから
と言うていたら



横浜からメールが来ました
「発根しました?」
ほぅ、これは…



拡大してみた。
先端の白いものが
カルスに見えるような気もする

まわりの白はパーライトです。

発根の前兆として
茎が縦に割け
そこから根が出るのですが

これは縦に割けて行く途中かな
もう少し待ちましょう。

どうせ大寒です
根が出ても植え替えはしない
でも
春が待ち遠しくなって
なかなか楽しいことでしょう。



あの切ったおかむらさきも
新芽が伸びつつあります。

もう40日経過すれば
100日密閉となります。

それはそれで
おもしろい

やはり
予想は大きく外れるもので
ございます。

つづく


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
2017年01月04日 (水) | 編集 |
2017年1月1日
休耕田おかむらさき
密閉挿しの現在です。



今年は本当に暖冬
草がまだまだ緑



おかむらさきは
そろそろ変色開始でしょう。




一年坊主の生育場所「ヤマト」も
まだ変色していない
大寒までこのままでしょう。



密閉挿しも
まったく変化無し




例によって
ちょっと開けてみる




湿度は保たれているらしい



もちろん
まだまだ発根せず



ペットボトルの水も
まったく変化無し

今年もこんな感じで
何の区切りも無く
新年が始まりました。

今年の目標は
「おさらい」
密閉挿しから
根を開いての無肥料定植
花穂を間引いて
簡単せん定

それを
普通のことのように
「ひとつの流れ」としてやってみる

それがうまくいったら
2018年には
密閉挿しの苗を
どんどん生産して…

夢は大きくで
ございます。

今年もよろしく

つづく


テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用