構想15年、試験栽培5年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2017年04月19日 (水) | 編集 |
私は
四半世紀ほど
苗を作っている

野菜も草花も樹木もやった

芋蔓とか玉ねぎ苗もやった



休耕田おかむらさきも
10年が経過した

まったくうまく行かない
理由は不明

しかし
何が悪いのかだけは
何となく分かったらしい

「土」をなめていた
私は何も知らずに
土を見ていたのだ

土は変化する
土は生きている
土は土でいることが難しいのだ

土はただの「泥」になる
泥では植物は育たない

だから
人は土を作り続けるのだ

ということで
私もそれに習おう

ただの一度で土を作り
何年も育てるというのは無理なのだ

土を作る
作り続けよう

まずは10センチだ
そして数年をかけて
上へ上へ
新しい土を被せていく

土は「上」へ作る
休耕田も鉢も同じ

小さな入れ物に植えて
根がぐるぐる巻きになってから
植え替えたのでは遅い

そして
いちばん大切なことは
初期生育を押さえること

「への字栽培」の理論だ

初期生育を押さえて
2年目以降の成長で大きくする

折れない枝
倒れない花穂

土だ
作り続ける土だ

今年はこれをやります
もう
とっくに始めているのでございます。

つづく

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用