構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2012年12月10日 (月) | 編集 |
瀬戸内の真冬は
空気が透き通っております

フェリーのデッキには立てないほどの
強風と波しぶき




この季節になると
翌年のおかむらさき畑の構想を
練り始めるのでございます。



アンソニーパーカーセージも
ひと晩で見事に枯れ上がり



冬知らずもそろそろ咲き始め



畑に残っているのは



対イノシシ用の唐がらし
寒さらしでますます辛くなりまして



真冬のもみじが葉を落とす頃



こっそりと
来年の用意を始めるのでございます。

ギャイーン
ほぅ、こうやればこうなるわけやね。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

年末の忙しい時に
わざわざ始める新しいこと

私のお正月は
6月の開花期なので
それ以外は何も気にしておりませぬ。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック