構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2012年12月21日 (金) | 編集 |
時節はクリスマス前
冬至の話題など
皆様お楽しみのところ

全く
そんなことには触れずに
「叩き」の角度と
その使い道に没頭しております。

天の邪鬼とは
このことなんやろなぁと
自分でも感心しておる
年末でございます。

それでは続き…



畝の横を叩く
そもそも
畑の畝自体が
台形の長い長い
かまぼこのようなもの。

それはおよそ
45度から60度くらいの角度
垂直というのは考えられない

この角度を
右斜め後ろから叩くには



この仰角45度では
畝から離れないとうまく叩けない

もしくは
短く持ち直して腰をかがめて叩く

それは長続きするやり方ではないわなぁ

ということで



握る柄の角度も
叩き自体の角度も

0度と45度の中間あたりに
およそ20度にしてみました。
 
これなら通路の中央に立って
体を右斜め前にかまえて

バシバシ叩きながら前進できる

腰も伸びたままで
バシバシと叩きまくって前進や



言葉で説明するのは
なかなか難しいので

こんなのを三つ

ステンレスのパイプを
ギャギャギャーンと切って
ガガガーッと削って

ボボボボッと
鉄板に溶接して
ついでにボルト用の大穴を
溶接棒を突っ込んで開けて

杉板のミルフィーユに
ダダダダッと
長ーい木ネジで打ち込んで

作りました。

こうやって比べたら
違いが何とか分かりますわ

後は
やってみてから改良やな、うん。

私はこのように
楽しい年末を過ごしております。

クリスマスとか
忘年会とか
すっかり忘れてしましましたわ

20年前には
少しだけやったかなぁ
まぁ
それがとにかく嫌だったので
こんなことをしておるのでございます。

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

理解不能なお話に
お付き合いくださいまして
ありがとうございました

来年は
もっと難解なお話を
引っ張り出そうと画策しております
お楽しみに。

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。

道具を作るのって楽しいですよね。
場所と道具が欲しい私です。
こちらは雪がちらほらと。
たくさんでは無いのですが、植物には厳しい寒さ。
がんばれーと声をかけています。
2012/12/26(Wed) 10:28 | URL  | まつもちゃん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ようこそ
まつもちゃん様

道具は「無いもの」を作るのが楽しい
使ってみたら全く使い物にならない

それもまた楽しいのでございます、わはははーっ。
2012/12/26(Wed) 19:52 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック