構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2013年01月29日 (火) | 編集 |
毎年見ているはずなのに
毎年
新しいことに気付くのは
ぼけーっと眺めているからなのだろうか。



いやいや
たぶんこういうことなんやろな

自信を持ってやったことが
真夏になって失敗だと気付く

翌年には
「去年のあれは絶対にしない」と
違うことをやってみる



かつて
「えーっと、新芽は冬になると赤くなる」
だからこの色は正解やと



勝手に思い込んでおりました。
ところが…



今では
同日同時刻に
その隣りにこの株が存在する。



何故、同じ色にならないのか?




そして
これもまた色が違う



そして
全く灰色のままという株も存在する。



どれが正解やろ

秋に出た新芽は真っ赤になる
夏に出た新芽はそこそこで
花の後に伸びたままなら灰色になる

どれが正解なのだろう?

どう考えても
真っ赤になるには「理由」と「力」が必要や
灰色のままなら
その「力」は株に留まるのではないのか

それがこれ
そして枝ごとせん定して「タコ」にすると
その枝は確実に「太る」




うーん
最近はこれが気になりまして

「もしかしたら、これが正解かな」



とにかくあれや
赤くなるのは正解ではないと思う
とにかくそんな気がするのでございます。

冬のラベンダー
西日本では雪の下にはいない
乾燥した冷気の下におります。

それは
誰も知らないこと
前例のないもの

それを確かめるために
一年に一度だけの「今」を

私はふんふんと
楽しんでおるのでございます。

♪おおきぃなぁ あぁやまぁちぃおぉー
ぼぉぉくぅもぉ しぃたぁよぉぉぅにぃぃー

小田さんも歌っているように
「間違い」とは後から気付くもの

間違わなければ
誰も「間違い」だと分からないのです。

教科書は無い
全部違う、たぶん違う

あぁ、面白いやないの
やるべきことは
いくらでもあるということやで。

ということで今年も
「その中のひとつ」から
始めております。

やれば分かる
やれば分かるさ、ありがとぉーっ。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

最初がこうだから
花はこう咲くのであろう

それを毎年一度ずつ確かめる
今度は八回目でございます。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
毎年違う顔を見せるのは。。。
諸行無常だから?
こちらは引越し業者を呼んで、植木鉢の数を見られビビられましたよ。。。汗
今度は南向きのベランダ。全く環境が変わるので、イチからやり直しでございます。
2013/01/30(Wed) 09:39 | URL  | しゃむ #-[ 編集]
Re: 毎年違う顔を見せるのは。。。
ようこそしゃむさま
引越しは大変ですなぁ
どうぞ
何事もなく済みますように。

2013/01/30(Wed) 19:17 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
何事も無く
枝折れとかせず、無事に終わってくれると思っています^^;
失敗はチャレンジしないと失敗できないのです。
失敗するということは挑戦していることだということです。
失敗してもいーじゃない。挑戦しているんだから。
2013/01/31(Thu) 17:18 | URL  | しゃむ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック