構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2013年02月04日 (月) | 編集 |
2010年のこと


12月には
こうだったのが



1月にはこうなりまして

うーん、これは何やろ
ダニかな、病気かなと
翌年には
それら全てに気を配り



そして
また同じことを繰り返す
これは
いこい食堂の12月
やはり同じように枯れた



これは同月のハウス大鉢
やはり同じように枯れる

そして今年も



またやってしまいしまた

さすがにこれだけ繰り返すと
ひとつの答えを
無理やりに導き出すものでございます。

ほんとは間違いなのですが
この時点で考えられることとは

「おかむらさきは西日本の冬に枯れる」
原因は寒さやろうなと
防寒対策を取ろうと思い付くのでございます。

しかしやね
現実は
もうひとつの違う顔を見せております。



年中
外にいる鉢組たちや



段々畑組は
そんなことにはならないのですわ。



街中おかむらさきくんも
枯れる気配はありません。

ということで
考えられることはひとつ



ハウスか
ハウスの中という不自然な空間が
原因やないのかなと
思うのですわ。

奇しくも同じことを
昨日考えて書いた人がおられまして

Rosemaryとハーブの日記帳

これは気温の変化
それも極端な変化による凍傷では
ないのだろうか

アメリカでは外で起こることが
この西日本ではハウスの中で起こる

それはどういうことか
ハウスの中は暖かい
ということだと思いますわ。

その場所は
いつでも外気温よりも暖かい
暖かいからすくすくと伸びる

すくすくと伸びると
その芽たちは柔らかく瑞々しい

美しい新芽が真冬の前なのに
伸びようとするのですわ。

それが間違い
大きな間違いだったようでございます。



これは8月の鉢植え組
この冬に枯れたおかむらさきですが

ここにその間違いが映っております。

この新芽
こいつが伸びるからいけない
外で育つものたちは
紫外線や風、乾燥で伸びない
伸びることが出来ないのでございます。

いやいや
育つことは間違いではない

少なくとも
今は伸びるな
今ここで勝手に伸びるのはいけない
それは
ゆっくりとじっくりと
年輪を作るため
(吸水装置をきちんと作るため)

今はじっとしておればよいものを
ハウスの気温が許さない

それこそが大間違い
だから
いきなりの低温で枯れてしまうのですわ。

マイナス7℃あたり
それが来ると
枯れますで、うん

このハウスの環境のままでは枯れます
だから
この環境はもう要らない

このハウスという環境は不自然
不自然なのでございます。

だから
あなたが買った
ハウス製のラベンダーは…

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

青騎士様
勝手に引用いたしました、ご容赦を。

ハウスの苗屋が
言うことではありませんなぁ
そんな柔らか苗は買うなと言うておりますで



スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
はじめまして^^
私奈良やけどラベンダー普通に外で育ってるで^^
奈良っても寒いとこで雪もよく積もるし最低気温マイナス10度とかザラな場所なんやけど・・・
親株は富良野から持ち帰った子で挿し木でどんどん増やしたんです☆
でも違う品種やけどホムセンで買ったらやっぱり同じような現象が。。。。。
って事なんですね^^
納得(^^ゞ
2013/02/04(Mon) 21:46 | URL  | ゆっくらり #-[ 編集]
こんにちは。
お役に立つなら、幸いです(笑)。
今はハウスの苗が普通ですからね。いつ・どのように外気に馴致させるか・・・
が、問題なのではないか、と思っています。
普通はそんな面倒な事は考えずに、出荷するでしょうから。。
2013/02/05(Tue) 07:23 | URL  | LaceyBlue #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ようこそ
ゆっくらりさま

かつてハウスものを売っていた頃は
よく寒さに慣らした苗を出荷していたのですが

そこから先があることを
当時は考えもしなかったのでございます

春苗はチッソ過多のため
ふにゃふにゃと真夏に枯れる
秋苗は真夏に硬くなっていないまま
成長を続けて
年輪無しのまま冬が来る
そしてある寒い日に。

苗に消石灰をふるという方法は
ここから始まったのでございます。
2013/02/05(Tue) 19:39 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ようこそ青騎士様

苗の出荷がゴールの者と
それを買ってからゴールを目指す者

その差はなかなか埋められません
というよりも
その差がなければ
苗が売れないという現実

ただあれですわなぁ
生産者がそれを知っていて
わざと枯れる苗を作っているのではないのですわ

生産者側としては
自分の苗の最終形を
本当に知らないということなのでしよう。

私も知りませんでしたから。
2013/02/05(Tue) 19:51 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック