構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2013年02月05日 (火) | 編集 |
極端な気温差というか
冬なのに暖めたせいで



どう見ても枯らしてしまったラベンダー
「うぅっ、これをどうする」

そうや、せん定して
新芽を出させれば
春にはやり押せるんやないか



どうせここは
完全に枯れているんやから

この冬の間に切ってしまおう
と考えて



うんうん
ここは枯れたから切るとこやな



ここは生きているはずやから
この太い枝は残すと



それではこれを
せん定開始…



ということを

絶対にやってはいけません
3年も失敗した本人が言うております
ほんまです。

ここまで枯らしたのは
それはそれで仕方の無いこと

いきなり寒くなったのは
私のせいではありません


これを切ってしまうのは
私のせいでございます。

これをやると
間違いなく枯らします。

真冬に暖めた苗のせん定という
非常にややこしいことを

普通の苗のようにやってしまうと
とにかく全部枯らします。

たぶんですが
露地では
その根元まで冷気に慣れている
ハウスでは慣れていない

そして突然の寒気で
葉の先から凍死する
しかし
その時点では
株元近くは生き残るはずなのですわ

傘、屋根のように
上部の枝と葉は
枯れてもなお
それを維持して落葉しないのです。

そのままなら
春になって暖かくなったら
どこか枝の下の方から
新芽が出るものなのですが

それを
「えーい、せん定してやれ」
とやってしまうと
(ちょっと知識があるとやりたがりますわ)

枯らします
本当でございます。

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

真冬のせん定は正しい
ただし
それは寒気によく慣れた株で
やりましよう、うん。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
冷汗!
我が家の袋栽培おかむらさきの枯れていた枝をお正月剪定で切ってしまったのですが、暖かくなってきたら枯れるでしょうか?
それとも寒さには慣れている枯れていない枝が7本あるので大丈夫なのでしょうか?
枯れずに助ける方法はないものでしょうか?また
もし植え替えるなら根が動き出す3月のほうがいいのでしょうか?どうすればいいのか困っています。
2013/02/05(Tue) 21:55 | URL  | おばっち #-[ 編集]
こんばんは~。

ん~。
当地では、本州とは全然違う、信じられないくらい短いガーデニングシーズンのため、道内独自のガーデン情報が載った雑誌が各種出ていて、多くの方が参考にしていることと思います。

本格的な始まりは、GW明け、野菜は6月から、そしてお盆あけには厳しい冬を乗り越えるための越冬対策をします。
バラはもう少し長い期間ですけれど。。

それらの雑誌が出回る前は、本州の情報しかなく、全然勝手が違うということがよくあったと思われます。

バラに関しても、そうです。剪定時期や方法、肥料の与え方一つ、いろんな方々の苦労や知恵があってこそ、今私達は何とか楽しむことがてきています。

きっと、今、試行錯誤されていることも、いつかきっと大まかな方法が見つかるはず。。。そんなことを思いつつ、拝見しています。

それにしても、、、、(バラの例えばかりですみません。ハーブはそれほど今、困っていないので。。てへへ)本州では、バラなど樹木でも、真冬の体力のないと思われる時に、剪定しちゃうんですね。それも、かなり短く。。びっくりです。
すごい不思議です。ん~、怖い。。これが気候の違い?
でも、同じ理由で真夏も、体力低下が怖いので剪定できません。。私。。

そして私なら多分、葉っぱは、自ら落ちる時以外は、もしかしたら光合成をしてくれるかもと少しは期待をしたいので、しばらくそのまま様子見しますです。うざかったら、枝を揺らして落ちるものは取っちゃいます(笑)

ちょっと場違いで、すみません。
新鮮な驚きだったので、、お邪魔しました~♪

2013/02/05(Tue) 23:36 | URL  | ろーずまりあ #-[ 編集]
Re: 冷汗!
ようこそおばっちそま
極端な気温差というのは
ハウスの真昼が32℃くらいの日
翌朝がマイナス7℃くらいに
それもあっという間に気温が下がる場合

大阪の露地で
そんなことは起こりませんので
ご安心を。
2013/02/06(Wed) 20:04 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ようこそろーずまりあさま

私も昔はバラをやりましたわ
しかしながら
葉切り蜂が全部の葉を切り取って行く
とにかくダニ被害が止まらない
今さらながら
あぁ
あれは肥料過多だったんやなぁと
思い起こされます。

教科書とは
それを書いた人の環境のこと
あなたの言われるとおりです。
2013/02/06(Wed) 20:11 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
気温差には大丈夫と思うのですが、お正月剪定で大胆にも真ん中を株元より切ってしまったために、
少しずつ枯れてきています。
後、ドンゴロスの場合は地面との接地面が腐ってきて下の地面に根が張りやすかったのですが、綿100パーセントの袋が結構頑丈で袋から根が出にくい状況みたいです。
(地上部の苗の長さが20cmならば根も20cmくらい出ていると思うのですが、、)

とりあえずは様子見でいきます、ありがとうございます。
2013/02/06(Wed) 21:08 | URL  | おばっち #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック