構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2013年02月13日 (水) | 編集 |
今回は全部カチカチです。

植え床のみならず
通路も鎮圧して
あの夏に挑みます。



有機石灰をどさっと入れて

消石灰入りの土を
うりゃっと投げ込んで

通路を運搬車でどんどん進む
キャタピラーと重機の重さで鎮圧です。



そうそう
通路を1メートルの幅に直してみたら

今度は全体に狭くなったので
また直して70センチでございます。



2時間ほどで土入れは終了
それから通路の鎮圧は…



今から叩く
ぺたぺたと叩く



右列、叩いた後
左列、キャタピラーの鎮圧のみ

ほぅ、こいつも
無駄では無かったわけや。



30分も叩けば終了
こんな感じとなります。



右端に1鉢分空いているのは
運搬車の旋回用です。

これが無ければ通路に入れない
株を掘り取って運べない

今回は
「販売用の大株」作りが目的なので
こんなことも考えているのでございます。



直径約40センチ
高さ20センチ
土の質は…



底に1キロほどの有機石灰
田んぼのマサ土に
消石灰を100キロ入れて混ぜたもの



人が乗っても凹まない



だけでは無理やな
どれどれ
ちょっと考えますか、うん。



まずは古着を試そうかのぉ

その数は59
60にしないところが
天の邪鬼やで、うん。

何事も完璧に遂行するな
ハンドルのあそびを持っていないと
急な進路変更は出来ませんで。



今回はここまで
次回は古着を切るところから始めましょう。

うーん
銀のきらきらを撒きつけるのも有りかな

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

おかむらさきの植え付け予定は5月の連休
それまでにやることは
まだまだあるのでございます。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック