構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2013年05月09日 (木) | 編集 |
2013年5月3日現在
あのスーパーおかむらさきくんは



ここにおります。



2012年の植え付けから
ほんとに何もしていない

やったとすれば
「せん定」と「粘着くんの散布」「草取り」

彼女達には
この1年間「有機石灰」すら
一粒たりともふってはおりませぬ。

地下に眠る1キロの有機石灰だけで



今年はここまで行きました。



うーん
これはこの先
どういうことになるんやろ

これを私は
「スーパーおかむらさき」と呼んでおります。



去年はこの芽を全部
「ダニ」にやられてしまいました。

地表から近い場所
柔らかな新芽

それは「ダニ」の最も好む場所ですわ。

今年はそうはいかんで
今年は「粘着くん」で
全部咲いていただきますわ。



今のところ
このまま行けそうです。

私がいつも気にすることを「ひとつ」

この葉の硬さはどのくらい?

最近になって
「おぅっ、あれや」というものを見つけましたで。

まずは
ホームセンター回りをして触って来た
「販売用ラベンター」の葉とは

まぁ、ふにゃふにゃということにして

それでは
この葉を例えるとしたら

ノートや、学習用のノート
手が切れるようなザラザラのノート
それに近いのでございます。

無チッソの時間が長いので
鍛え上げた結果として
水切れの心配はしない

そんな細胞の密度ではございません。




いろいろな顔を持つ
20株ほどの彼女達



先輩として
段々畑から
今年の新人たちを見守っております。

欠株は無し
このまま満開となるのかどうかは

この先のお楽しみでございます。

スーパーおかむらさき
もうひと月ほどで
満開となるのでございますわ。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

訂正
去年の真夏はあまりにも暑かったので
散水チューブで水をかけました。

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック