構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2013年05月15日 (水) | 編集 |
ロイヤルパープル何年か物の古株君



この根の量は
私も初めてでございます。



これが40センチポットの「裏側」
ほぅ、やはり「細根」が絡まりあっておるわ

これが本来のラベンダーなんやろなぁ。



これも同じように植えてと



ラベンダー組は
これで出来上がりです。

この上からさらに
「水」をどんどんかけて
「20リットル」ほどかな

今回は約1時間で終了

この方法の一番の目的は
何と言っても
「花壇の土」とラベンダーの土を
分断するということ。

どんな肥料分か分からない土に
いきなりラベンダーを植えるのは
恐ろしいのでございます。

もしもチッソとリン酸が
もの凄く残っていたとしたら

最初は生育旺盛で
あっと言う間にチリチリに枯れる

皆様は
とっくにご存じのことが
無いとは限らない

いやいや
絶対に「ある」として
考えて行けばよい



今回は
回りに「岩垂れ草」をぐるりと植えました。

これも
後々の乾燥防止になるかも知れん。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

次はセージとぎぼうしの植え付け
ですが

その前に
庭先おかむらさきの最新版
今年はなかなか面白いで、うん。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
天邪鬼なおいら
チッソとリン酸がもの凄く残っていたとしたら、ホンマに枯れのか??と天邪鬼になりまして。。。
土の配合変えたセンティビアですが。。。。
ええw枯れましたwwww
2013/05/17(Fri) 09:52 | URL  | しゃむ #nxzuATHA[ 編集]
Re: 天邪鬼なおいら
ようこそしゃむさま

樹木には樹木の生育スピードがあって
草花のように急がせると
何でも枯れます、ほんまです。

だから私は
草花の場合は「頭」を切り替えてから
考え始めるのでございます。

2013/05/17(Fri) 20:43 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック