構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2013年05月27日 (月) | 編集 |


岡山県赤磐市の
古墳の近くに植えたはずの

おかむらさきがこんなことになりまして

(これは早い時期の水切れのようなので
次からは、いちばん最初に必要な水の量と
横からは
ちゃんと雨が入る程度の雨よけを
きちんと説明して行こうと思いましたわ)



それではちゃちゃっと植え替えまして

水をたーっぷりとやりましたが
そろそろ梅雨入りなので
今度は過湿の心配かなと

まぁあれや
枯れたらまた何とかすればよい
自分の知らない環境で
自分の栽培方法を試すというのは

なかなか出来ることではありません
ありがたく
楽しませていただきますで、うん。



それからこれは
良い「例」なのでご紹介

消石灰を大量に投入しても
「草」はこのように見事に生えます。

これを真夏の乾燥時期に
全部抜いたりすると
さらに乾燥が進みますので
地上部の半分だけ刈り取りましょう。

私はそれの代用品として
古着を使用しております。

それから
現代農業にこんなのありました

手作りでんぷん液で葉ダニがコロリ
最新号の目次を探して行くと
そんな記事があります。

この間、本屋で読んだ時には
「うーん、粘着君でええわ」と
成分を覚えなかったのですが

ローズマリーのアイアンシェフが
お探しのようだったので

とり急ぎご報告まで。

何か、私の知らない薬品名が出て
「これは手に負えんかなぁ」と
そう思ったのでございます。

「何やと、詳細を調べて報告せよ」
そんなご希望があれば
近所の本屋に

丸暗記に出かけます
「うーん、本、買えよな」

おぅ、それはそうやな、うん。


つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

何とも無しにプロをやっていると
何でも無いことに気付けない

誰にでも出来る
西日本のおかむらさき

うーん、まだまだや
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
ご紹介、ありがとうございます。
こんにちは。
懐かしい「現代農業」、ありがとうございます。
海外からだと見れないのが残念ですが、こういうものの自作は
結構な人たちが試しておられるようです。
なんといっても、主原料がとんでもなく安いですから。。。
もちろん「農薬」として認可をとるための、膨大な開発費は
理解しています。。。「粘着くん」のお値段はその反映なんで、
これを否定はできません。
2013/05/28(Tue) 12:09 | URL  | LaceyBlue #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
赤磐市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
2013/05/28(Tue) 08:55:50 |  ケノーベル エージェント