構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2013年06月19日 (水) | 編集 |
2013年6月19日でございます。

6月に入ってからの
ジェットコースター開花の「おかむらさき」くん
出発もいきなりなら
着陸も突然なのですわ。



大雨と台風が近づいている
ということで
今年はここまで、花穂の収穫です。



毎年少しは賢くなるのか
それともめんどくさいので考えるのか

今年はダイソーさんで買った袋に




花を下にして
どんどんぶち込んでおります。

おかむらさきは「香り」のラベンダー
よく熟した「種」を集めるには
これで良いのです。



普通のラベンダー使いのように
花穂の長さとかは全く気にしないので
バシバシ切って行けます

何よりも
「タコ足」なので
花穂は枝に沿って平行に並んでいる

切る場所はそのラインだけなので
ハサミは真横に移動してちょきちょき

切ったら袋にどさどさと

あっと言う間に出来上がり
このまま数日放置して

次は「せん定」でございます。



テレビ撮影のついでに
実家のおかむらさきも切ってみましたわ。



毎年「乾燥」の時に
乾かしたらポロポロ落ちる
細かいほこりが出る
花穂がうまく集められない

という問題があるのですが

今年はこれ…



ダイソーさんの
ランジェリー用洗濯ネットの大きなやつ



これはおかむらさきの種よりも
その目が小さく
空気は通る

ちり状の土とか
花が粉々に砕けたものとか
そんなものはすき間から落ちる



ファスナーできっちり閉まる
平たい形状なので
花穂を広げやすい

105円でこれが買えます
たくさんのランジェリーネットを買うおっさんを

あの若い女性店員さんは
どう思ったことやろなぁ

実家の花穂は全部これで行こうと
企んでいるところですわ。

このまま乾燥
このままゴリゴリかもしゃもしゃやって
花穂を茎から外して

残った花穂を
ゴミだけ通る「ネット」をかけた
掃除機で吸い取ったら



この「紫」のところだけが
集められるのではないかと

取らぬ狸の何とかを
あれこれ考えております。

あぁ楽し
他のラベンダーは
こんなことを考えることも無し

今から
「おかむらさき」の本当の時間が始まります。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

去年もこうだったのですが
おかむらさきの花穂を
送料だけでお送りしますを始めましたら

たくさんのメールをいただきまして

返信して住所を送ったはずなのですが

もしかしたら
届いていないのかも知れないと
少し心配しております。

もしも
私の住所が届いていないあなた
ごめんなさい
もう一度お願いします、返信いたします。

それと
メールしたけれど
やっぱり要らなくなったのであれば
それはそれでよろしいですので
ご心配なく。

花穂はもう収獲しておりますので
(おひとりには本日発送しました)

今から新規でもよろし
おかむらさきの香りをお楽しみください

方法は
ちょっと前に書いております。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック