構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2013年06月20日 (木) | 編集 |
2013年6月20日でございます。
大雨が降りまして…
梅雨前線と台風の接近





農場のぎぼうしは
元気に花を咲かせております。

これは「さがえ」
雨が好きな植物もあるのです。

さて
ラベンダーに降る雨は
何を教えてくれるのか



これですわ



ダニの確認
いるのか、いないのか



ここを見ると分かります。

この枯れた古い葉と
その上の新しい葉

このように
枯れたものは黒く変色して
枯れていないものは黒くなっていない

「何や、そんなことか」
いやいや
こうなっているラベンダーは
なかなかありませんわ。

古い枯れた葉の少し上
生きている葉との境

ここに
斑点がぶつぶつとある
というのが普通です。

そしてそれこそが
ダニの痕跡、ダニがいる証拠
この雨は
それを教えてくれます。

雨が降ったら黒くなる
それは普通のことでは無い

雨が降っても
この写真のようであれば

ダニはいないと確認できます。

ということを
この雨は教えてくれます
びしょ濡れというのは
なかなか見られないことなので

よーく観察すると
何かが分かったりしますで、うん。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

水をかけたくらいでは
これを見ることはできません

雨には雨の役目がある
見過ごしていては
ラベンダー使いになれません。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
おはようございます
お知らせありがとうございます。
早速封筒を送ります。

梅雨になりやっと雨が降ると思ったら、薄曇り。
枝の根元きれいですね。
うちのも観てみます。
2013/06/21(Fri) 10:58 | URL  | まつもちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック