構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2013年06月27日 (木) | 編集 |
ダニ達は葉の裏におります。



やつらがたくさんいる場所は
地表近くの新芽

そこで卵を産んで
さらに上を目指して行きやがります。

ということで…



粘着くんの散布方法は

こうやって
下から上向きに
ぷしゅーっとやって

液がしたたり落ちるまで行きます。

葉の上から
ふわふわとかけたくらいでは
ダニに笑われます、あほかぁ、、わははーっ。

ダニは根絶できません
密度を減らす
卵を産むダニの数を減らすのですわ

10匹いても問題は無し
それが100の卵を産むから問題となるのです。

その最初の10匹を
せめて5匹だけ退治すると

被害はたちまち半分となり
おかむらさき自体の抵抗力で
枯れずにすむかも知れません。




これは庭先おかむらさきくん

どうも
ダニの気配がするので
粘着くんをかけておきました。



ここですわ

どうして葉がよじれているのか
葉の表と裏で
水分量が違うのではないか

それはつまり
葉の裏の水分量が減っている
葉の裏側に
くるりと巻いておるのですわ

何故じゃ?

考えられることは
あいつらが樹液を吸っている
それも
そこそこの数で吸っているのではないか

ルーペで見ても
確認できないけれど
ダニの眼には
そう見えたのでございます。




これで
株の管理方法のお話は終わり

続きまして
適当に切ったと思われているであろう
花穂のお話でございます。

ランジェリーネットに入れたあの花穂は
こうやって…

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
ラベンダーを育てていますが、ダニらしい枯れた症状が現れました。

ネット情報ではタイムには防ダニ効果あるらしいので、ラベンダーと育ててみます。

地表を這うタイムはダニに真っ先にやられそうですが、普通に育っているので効果があるかもしれません。
2014/12/27(Sat) 13:35 | URL  | あ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ようこそあさま

何事もやってみましよう
観察しましょう
今ここで私が何か答えを出しても
面白くも何ともない

自分の眼で見る
そして何かが見えたら
こそっと教えて下さい。
2015/01/04(Sun) 19:26 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
ありがとうございます。

試し観察していきたいと思います。
2015/01/04(Sun) 21:44 | URL  | あ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック