構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2013年07月12日 (金) | 編集 |
2013年7月12日
午前5時過ぎでございます。

最近は熱帯夜と猛暑日の毎日
夜の気温が25℃以下ということはありませんわ。

こんな時には「奴ら」が来る
私は今まで
やつらが「来た」のは見ているのです
しかし
やつらが「来た」瞬間は
まだ見たことがありません

でした、わはははーっ。



今まではね

ということで…



今朝ついに
「やつ」が動いているのを
確認しました、ほんまです。



ここですわ

この葉の裏を見た途端に
「赤いちびっ子」がさささーっと
移動しやがったのです

私が見ているのに
そんなことをすると
自殺行為やで、残念でした。



これがその葉の表です。

こんな感じになっていたら
「ダニ」が発生し始めたということでしょうな。

いつもは
この次のステージ
つまり
こいつらの次世代が卵からかえり
ラベンダーが瀕死となるのを
見ておったのです。

これはそのひとつ前
今なら「反撃」できる
今すぐ反撃開始じゃ



ここさえ守り切れば
こっちの勝ち

粘着くんの出番が
今年は多いなぁ



これは
一番上の写真と同じ株のひと月前

最近
ラベンダーの調子が悪いと
お嘆きの皆様

そうではありません
おかむらさき君には
ひと月前が最大のピークであり

今はその
「花の後始末中」ということでございます。

いつもいつも
葉の色が鮮やかで
新芽が出続けるということは

自然界では存在しません

時は巡る
諸行無常
今度あなたが「それ」を見るのは
1年後のことなのですわ。

今見るべきこととは
「ダニ」の痕跡、その1点のみ
こんな温度では病気は心配無し

私は今回
こんなことを考えましたで

それは
ダニたちは熱帯夜が来ると
いきなり暴れ始めるのではないか

あの冬には

微動だにしなかったやつらが
今朝は5時から走りやがった

そんな速度で移動されたら
あっという間に蔓延するわ

注意されたし
今がやつらの侵入のピークかもしれない

そして
ここさえ何とかクリアすれば

後は笑っていたら良い

のかも知れません
そうでは無いかも知れません

わはははーっ、
そんなことは
また今度分かるわ、おぅっ。

つづく



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

ダニを視認した
こんな動きをしやがるんか

ダニの眼はこうして
次のステージへと向かうのでございます。

ローズマリアさま
続いてのご出演
ありがとうございました
勉強させていただきます。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック