構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2013年07月26日 (金) | 編集 |
やってみたら
底が見えませんわ
あの
おかむらさきの卵は
別の方向へ進化するようです。

私はれっきとした「おっさん」なので
おかむらさきの花穂を
うまく活用出来ないようです
最近は
奥さんに手伝ってもらっております。



さて
皆様の助言を参考に
いろいろとやっておりますで。

ガーゼはなかなか良いのですが
もうひとひねり
必要ですなぁ。



ひとつ用の「巣」も作ってみたら
大したことはなかったりして…




「巣」を置く台も作ってみたのですわ
あーん
これももうひとつやな



手芸店へ突撃して
ハギレを探したりもします。
おぉーっ、ラベンダー色や



これなら
「香り」が隠れないようです。



そうそう
ダイソーさんは凄いなぁ




ちょっと探せは
だいたいのものはあるもんなぁ



うーん
この
ひらひら無しは面白みが無い




おぉっ、こんなのはどうかな?

ふんふん
これはこれで良いけれどやな




もうひと色あったほうが
らしい様な気がするのぉ

というような
試行錯誤が続いております。

もう少しで
何か出来るかも知れません。

つづく
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

毎日毎日おかむらさきの花穂を
いじっていると
その香りで
ふらふらしますで
まぁ
眠いこと眠いこと
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック