構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2013年09月03日 (火) | 編集 |

次は「水やり」のお話
まずは復習から

5月は水を切るようにして
6月も最低限にしておくと

徒長せずに育つ
かも知れません。

暖かくなって
ラベンダーが動き始めると
うれしくなって水をかける

すると
ラベンダーがどんどん育つ
ような感じがするのですわ。

残念ながら
西日本でもラベンダーが育つのは
5月になってから

それより前に大きくすると
花後にだいたい枯らします。

では
そんなにめんどくさいことを
何を以って
「水やり」の指針とするかというと

この初夏の頃は
まだ「最高気温」ではありません

自分が暑くなったからといって
おかむらさきもそうだとは限らない



真夏のハウスの中
最高気温45℃でもこんなもの

最高気温が
30℃ちょっとの5月くらいでは
1週間やそこらで
水が切れて枯れるようなことは
ありません。

鍛えるのはここから
まずは5月

覚えがありませんか
たっぷり水をやって
「おぉっ、大きくなるなる」

初夏の間違い
これはすぐに直ります

問題はやね…

つづく

らべんだままだまだやってます

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

初夏の指針は
「思い込み」を改めること

初夏は真夏よりも暑くない
それは
育つのでは無く徒長している

水を切ってみよう
ちょっと我慢してみよう
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック