構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2013年11月26日 (火) | 編集 |
あれから考えていたこと
真夏の鉢を冷す方法
簡単にできる安い方法



これで良いのではないかな
寒冷紗で(日除け用黒いメッシュ布)
おかむらさき以外を
全部覆う



洗濯バサミでちょいと摘まむと
出来上がり



これを



こうすれば
上から水をかけても大丈夫

こんな薄いもので
あの猛暑の中
暑くないのかというと

寒冷紗だけで覆ったハウスに入ったことがあるのですが

とにかく涼しい
真夏のカンカン照りでも
それなりに涼しいのです。

直射日光を遮る
全部では無いけれどさえぎるので
真夏のキャベツ栽培とかには
立派に役立ちます。



このすき間から
熱は逃げるし
強い日差しは半減する
それでも
水はしっかり通るし

このすき間に溜まる水が
気加熱を放出して
クーラーの役をやってくれるというわけでございます。

この寒冷紗、もしくはそれに近いもの
これもダイソーさんで
販売していた記憶がありますので
お探し下さい。

それから
最近の乾燥した西日本の冬
ここから分かって来たことがあります。

いきなり夏から冬になったので
秋が無い

それ故に「はた」と気づけた

この空気は乾いている
もの凄く乾いている
だから
ラベンダーは真冬に水切れして枯れるのではないか

これが北海道なら
今はもう雪か低気圧の中
空気は冷たくても
こちらのようにいきなり
くちびるの皮がビキッと切れるようなことは
無いのではないかと

湿った空気と
冷たい気温が穏やかに
ラベンダーを育むのではないかなぁと
思ったのでございます。

ということでおばっちさま
真冬に水を切るのは危ない

水を切るのは
真夏以外で
空気が湿っている季節にしましょう。

つづく
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

石灰を加えた土は
乾きます、ほんとに乾く

それを利用しての
過湿防止なので
こんな乾燥した冬には
ざぶざぶと水をかける日々

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます & 了解しました。

水を切るのはヤメまーす。
2013/11/27(Wed) 20:59 | URL  | おばっち #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ようこそおばっちさま

真冬の乾燥は恐ろしい
落葉樹の葉が落ちるのは寒いからでは無くて
蒸散して乾燥し枯れるのを防ぐため

近年
真夏に桜が丸坊主になるのもこれです

何が怖いというて
その乾燥が連日続く

人は寒いのでそれに気付かない
そんなことは無いと思ってしまう
のでございます。
2013/11/29(Fri) 19:09 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
こんばんわん。

こちらは、最高気温2~3度の世界となりました~。最低はマイナスになったりです。
風がなければ、体寒気温はそれほど寒くもないかも。防寒をしっかりしているし、家の中は高気密で暖かいので(苦笑)
雪が降ってくれると、もう少し暖かく感じるのですが。。

えっと。道内の話。
うちはご存知のように道央地区ですが、ここは乾燥地帯で有名です。といってもここ数年は温暖化の影響で夏の間は湿度が高くなっています。それ以外は、かなり、乾燥しています。。。
気温が下がってきた9月以降には、唇が切れますよ(苦笑)

現在、外も乾燥していますが、室内は暖房をつけなくても、加湿器必須です。

なので、当地では「湿った空気」というのは、最近の夏場だけです。冬は、イタイくらい冷たく乾燥した空気を雪が保温してくれます。だから、春の雪解け時の寒風が怖いのですぅ。でも、バラに比べるとラベンダーの春は展開が遅いので、割と楽観視してます(今のところ)。

バラの枝のように、秋になると越冬準備に入ったって、簡単にわかるといいのですが、ラベンダーは見ているだけではその変化が私にはわかりません。

でも、寒くなるにつけ、葉っぱの色の変化があるので、彼らも越冬準備に入っているのでしょうね。きっと。
だから、一気に寒くなっても耐えられるのだと思います。更に本格的に氷点下の世界となった頃、保温を兼ねた雪が寒さから守ってくれる。

ちなみに、道北&道東地区ではラベンダーも、時には越冬出来ない場合もあるそうです。当地より雪がなく、もっと気温が低いので。

PS、あの子達は、元気にしていますか?
2013/11/30(Sat) 22:45 | URL  | ろーずまりあ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ようこそろーずまりあさま

なるほど
北海道の空気は乾いている
知りませんでしたわ、ありがとうございます。

雪の湿度保持効果というものを
全く経験したことが無いのですわ

カラカラと乾き
ビュンビュンと吹く北風の季節が来ました

どうぞお体来自愛下さいまして
良いお年を迎えられますように

いつもいつも
ありがとうございます。

2013/12/02(Mon) 20:04 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック