構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2013年11月27日 (水) | 編集 |
私が使うのはこれくらいです。



実際に使うのは
春と秋の低温過湿の季節だけ

真夏も真冬も必要無しですが



カビが生えそうな季節はこれを散布



疫病にかかってしまったら
すぐにこれを散布して治療



ダニの発生前には
これをパラリとやるか



発生してしまったら
粘着くんでブシューっとやります。



真夏の蒸散を減らすために
来年度はグリンナーを使う予定でございます。



そしてウォーターワークス
見た目はグラニュー糖ですが
水を吸ったらクラッシュゼリーとなります。



それらをきっちり計るためには
計量スプーンが必要です

ダイソーさんに売っております、105円です。



そして
撒布用にはスプレーが必要で



こんな畜圧式がお勧めです
ぷしゅぷしゅの手押し式は
すぐに指が疲れますで。



これらを揃えるのに
自分でちゃちゃっと買えるものと
そんなにたくさん必要が無いものが
出て来ます。

もちろん土も
ひと鉢分だけ必要の場合もあるでしょう。

私は使わないから要らないわと
後から後悔することのないように
これらも全部ご相談に乗りますで。

その金額は
小分けするものばかりなので
大したことにはならないでしょう。

続きまして
今度は露地植えのお話…

つづく
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック