構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2013年12月05日 (木) | 編集 |
私は花苗の生産から
この世界に飛び込みました。

品目はあの
サントリーのサフィニア、タピアン等

およそ4年間
その仕事をやっておりましたわ

この時代は
園芸のゴールデンエイジ
何でも売れていたし

とにかく
珍しいものから売れていた
育つとかそんなことは考え無しに

新しい何かの苗
それだけが突っ走っておりました。

やがて
枯れることのないサフィニアは
飽和状態となり
新品種たちはオリジナルを越えられない

納期と品質を守れない
生産者は淘汰されて行きました

まさにバブル
慣れる前に消えて行く
儲かる前に仕事が終わる

そして私に残ったのは
生産がもの凄く簡単な
花苗の
生産技術だけだったのです。

当時の私は知らなかった

そんなのは技術では無い
コピーされたマニュアル
薄い説明書だけを忠実に実行すること

それだけで栽培が成功するのは
簡単な花苗だったからということを…

ということで
生育が早く、挿し木が簡単
病気に強く、ダニが来ない植物から始めた私は

ラベンダーを前にした時に
まったく手も足も出なかったのでございます。

「うわっっ何やこれは」

今までのやり方は通じない
全部枯れる
こうして
ラベンダー初心者の挑戦は
いきなり始まったのでした

れっきとした仕事として
無謀や、無謀。

つづく
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

当時の写真は無いので
しばらく文字だけとなりますなぁ

スーパーラベンダーズ募集は続いておりますが
今植えるのも
来年の5月に植えるのも結果は同じ

しばらく昔話に付き合って
私の失敗を笑っていれば
見えてくるものがあるかも知れませんで。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック