構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2013年12月19日 (木) | 編集 |
水はけよく保水性がある
硬い土で無肥料のもの

カルシウムがたくさん含まれていて
たい肥とか有機物の類は要らない

そんな土を使いましょうと
今年の秋までは
書き続けていたのですが

なかなか
そんなうまい話はありません。

「もう少し簡単にならんかなぁ」
ということで
無肥料、チッソ無しと
有機物無し

この二点だけなら
初めての人でも
何とかなるのではないか



そこで登場するのが「これ」
来年は
ウォーターワークスがあるのですわ



十一月からずっと
全層、地上、中層、底に分けて
ウォーターワークスの試験を続けています。

これはどうやら
水を固形物として使える資材ですわ

例えるなら「雪」
常温で固まっている雪
隣り合う土が乾いてきたら
自分の水分を分けてくれる
暖かい雪でございます。



これは中層に入れた写真ですが
どうやら全層に混ぜる以外は
ほぼ同じ結果となりました。



真冬のハウスで
水を切らし続けること二十日間

マサ土だけと比べると
その保水性は
約三倍から五倍といったところです。
全層に混ぜると
その効果は半分のよう。

これを真夏に使う
秋の終わり、初冬の乾燥時期に使う

それ以外の季節は
水切れの心配は無いはず
(乾いたら水をかけるだけで
普通に管理できるので)

その土に
チッソ肥料分が無ければ
柔らかい土でも徒長することはない
硬い土であれば
なおさら問題無し

最もやってはいけないことは
チッソ肥料分のある土で
ラベンダーは乾燥を好むと思って
水やりを控えて育てることです。

それをやると
肥料焼けして枯らします
水を切っている間は伸びない
しかし
我慢できずに水をやると
チッソがドンと効いて伸びる

そのまま水を切ると
ふにゃふにゃになる

枯れそうなので水をやる
またチッソがドンと効く
人が管理できるものではありません。

しかし
これを無肥料でやると
枯れませんが大きくもなりません。
そして
ここに石灰分が入ると
ほぼ私の言うところの
理想の土となります。



この状態で真夏まで育てて
お盆の頃に
この地上部にウォーターワークスを撒く

水で膨らませてから
マルチのように地上部を覆う



それを



さらに寒冷紗で包む
鉢だけを包むのです。

これによって
猛暑日と熱帯夜の
高温による乾燥を防ぐ

真夏に
三週間も雨が降らない場合に備える
うーん
蒸散防止剤(グリンナー)を
併用するかも知れません。

そして秋が来たら
寒冷紗を外し

春先の長雨が来たら
ウォーターワークスを取り除く
予定でございます。



これで
来年はうまく行くはずなのです


ひとつだけ
私の意図が伝わらない場合があります

それは
鉢上げする時に
あなたの考える土の量です。

こんなもんやろと
苗の数倍の土を鉢に入れると
土が柔らかいほど
過湿になります。

硬いほど乾燥させて枯らします。

小さなポット苗は管理しやすく
たくさんの土の鉢は管理しにくいのです。

そこで
自信が無ければ
土を減らしましよう
後から足すことは出来る
枯らしてから出来ません。

9センチポット苗は10。5センチポットに
12センチポット苗は13。5センチポットに
プロでも危ない時にはそうします。

9センチポット苗を
いきなり15センチポットに植え替えると
もの凄く管理が難しいのです。

それを
数カ月の間に
順番に鉢上げしていくとうまく行きます。

私がピンコロ石を使うのも
この理由からです。

真夏以外に水が切れるのは
普通に管理出来る
そして真夏には
ウォーターワークスがある

無肥料なら
過湿はそれほど怖くない

ほら
やれることはあるのです
その土でも
ここまでは行けるはず

「そんなこと言うてもウォーターワークスは
高くて買えんわ」

ご心配無用
そのために私は
これを書いているのですから
小分けしましょ、何でも小分け

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
こんばんは
今日のFC2ブログランキング見て訪問しました。
”お隣さんなのでご挨拶よろしくお願いします”

違うジャンルのブログ拝見するきっかけにしてます、
五月くらいから続けているのですが、楽しみの一つ
になりました。

2013/12/22(Sun) 17:40 | URL  | 友遊クラブで楽しんで生きよう! #-[ 編集]
Re: こんばんは
ようこそ
友遊クラブで楽しんで生きよう様

違うジャンルというのは
行ったことが無いのですが
よくおいで下さいました

ありがとうございます。
2013/12/24(Tue) 21:22 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック