構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2014年01月08日 (水) | 編集 |
昨年から
「うーん、これは書けるような内容では無い」
というようなことを
こそこそとやっております。

どうして
こそこそしているのかというと
結果が分からない
もの凄く時間がかかりそうなので
という理由からでございます。

要は
うまく行ったらへへんと書こう
うまく行かなかったら書かん

書くかどうか
分からんことたち
ちょっとだけ…



セカンドステージ(NPOのホテル)の花壇
アンソニーとパイナップルセージに
こんな防寒対策をしました。
この1月2日のことですわ。

ここはかなり寒いので
これでも無理ならまた考えよう。



隣りに植えたおかむらさきたち
枯れていません、元気です。



続いて
完全無加温ハウスでおかむらさき挿し木
パーライトと赤玉土仕様で
湿度計を入れて
密閉挿しをやっております。

もう2カ月経過
まだ発根していないのがある
しかし
その挿し穂はくピンとして
元気なもの
まだまだ継続中です。

それから
写真がまだですが
違う名前の高分子ポリマーが
高知のおださまから手に入りまして

現在2種類の比較実験中
真夏に向けて
どう使えば良いのか
いろいろと試しております

とっくに失敗したことは
それなりの理由があるなら書こうかな

紙おむつの理屈で行くと
漏れたら困るのですわ

うーん
少しずつ漏れてくれたら
私はうれしいんやけどねぇ

考えます、試します。

ピンコロ石とか
団子植えとか
その他もいろいろありますが

とにかくいろいろやっております
いつの日か
お目にかかることもあるでしょう。

続くかもしれない

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

何か琴線に触れたら
「これ書け、おっさん」と
リクエスト下されば

「へへっ、そうかそうか」と
書き始めるかも知れませんで、うん。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック