構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2014年01月30日 (木) | 編集 |


寒さで枯れるのを防ぐ方法は



ひとつだけではありません
たくさんあります。

まずは上記のように
花後のせん定だけにする
ただし、この方法は
真夏に枯れ込んでも秋に修正できません

それさえ乗り越えられたら
何も怖いものはありません。



ふたつめは
真夏に部分的に枯れてしまった場合

秋になって
いかにも見た目が悪いからと
枯れた部分だけを切り取ると

私の地方では
強せん定の効果として
12月末まで
新しい芽がぐんぐん伸びます。

そして大寒に枯れてしまう

それを防ぐ方法は
ただ暖めるのみ
切ってしまったら、絶対に大寒に冷さない

秋に枝を全部切って
新芽をやり直したい場合は
必ずあります、誰にもあります。

だから
それは間違いではない
それをやったらこれをやる必要がある
というだけのことです。

植物の環境適応力は
人の比ではありませんが

若い芽たちは
突然、強靭にはなれない
鍛えられて慣れる必要があるのですわ

それが真夏への長い日々
それが真冬への長い日々

それを乗り越えた枝たちは
夏も枯れない、冬も枯れない

そうではない枝達は枯れて行く
突然の暑さ寒さに枯れて行く

私が「苗を鍛える」と言うのは
この意味です。

それは突然の結果として
「おかむらさきが枯れた」のですが

実はその前に
鍛えたか、鍛えていないか
ひとつの季節の闘いがあるのです。

今の寒さで鍛えるから
春になって暴走しない

おかむらさきがちょっと赤くなって
ジッとしている今現在
ほんとは
無駄なことでは
ないのでございます。


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

信じることは難しいけれど
覚えておくぐらいは出来ます

ぼーっとしていたらまたやりますで

季節と気温を
常に気にし続ける
一年も続ければ一生続きます、ほんまです。
つづく

スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック