構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2014年02月03日 (月) | 編集 |
2014年2月2日でございます。
この真冬に
この夏用の「耐暑水切れ対策」を
試しております。

今年は「竹」
昨年の経験から
太陽光線を遮断するのが
いちばん効率が良いということが分かりまして

デニムくらいでは
抑えられない高温を



こうやって防ごうと
いろいろやっております。



地表はいつものデニムで覆い
植え床をこのように
竹でぐるぐる巻きにして



蒸散と高温を防げれば
よいのになぁ

この丸みがすき間を作って
熱を逃がしてくれんかなぁ

ついでに



この硬さがあれば
ロープ式の草刈り機でバリバリと
回りを刈り飛ばして行けるので

(昨年試しております、簡単です)

草刈りの手間が
さらに減るのです。



もちろん
それだけでは
去年のごときもの凄い夏を
乗り切ることは無理なので

地表部にはさらに…



これは「冬知らず」

ようやくあの
ウォーターワークスの出番と
なるのでございます。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
ようやくその使い方が
見えてきましたわ

粒子が細かいので
乾いた時の対応が難しい
あらゆるすき間からこぼれ落ちるので
ございます、ほんまです。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック