構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2014年02月12日 (水) | 編集 |
庭先おかむらさき
「旧名どんごろすくん」

4年目の冬を迎えて
さらに
新しい発見があります。



もしかしたらと
観察していたところ

どうやら
当たりのようです。



今年のせん定はどうしようかと
考えていたら
真冬になってしまったので
ほったらかしにしておいたら



どうやら今年は
せん定の必要が無い

先日もそうかなと
思っていたのですが
やはり



この中央部の
細い枝が
勝手に枯れて行くのです。

12月までは
ひょろひょろと生きていたのに
この寒さで
どんどん枯れて行く

しかし
太い枝は関係なし
全く平気なままで
冬を越えております。

かつて
細い枝を選んで
毎年せん定を続けた結果
こうなりました。

勝手にせん定
古株の魔法

この方法で育てたおかむらさきは
4年目からは
せん定の必要が無い
のかも知れない。

あくまでも
こうなったという結果だけですが

何でも見つけたことは試す
やってみる



今年はこのまま咲かせる
古株の魔法を
見せてもらうとしましょう。

つづく
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック