構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2014年02月27日 (木) | 編集 |


これを見て
「うーん、農薬を使うのが苦手じゃ」
「私はプロじゃないのでこの方法は無理」と

あきらめてしまうのは
少しお待ちあれ

今回の方法は
もの凄く簡単に書くと
(密閉空間に雑菌が増えないようにすればよい)
ということ。

ということは
オーソサイトの替わりに



どんな方法でもよいので
この中を殺菌すればよいということです。

たとえば熱湯殺菌とか
酢で拭くとか
洗剤で洗うだけとか。

水は「水道水」を使えば
最初から殺菌済みのようなもの

水道水でしっかり洗うというのも
立派な殺菌(制菌か)かも。

まぁ
万全では無くても
方法はいくらでもあるということですわ。




私はオーソサイドをふりまいて
密閉します。

パーライトと赤球土は
よほどのことが無い限り
疫病菌まみれということはないでしょう。

そんなもん売ったら
メーカーさんが返品の山で
潰れてしまうはずですから。



それではこれで
完全密閉開始、すき間はあります、気にしない気にしない。



当然のように
いきなり中が曇ります。

湿度は80%が普通で
このまま数日放置。

どうして数日なのかというと…

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック