構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2014年02月28日 (金) | 編集 |



この時期は(10月頃)
まだまだ気温が高いので
自然蒸発して湿度が維持できないのです。

最高気温は
30℃越えでも問題ないのですが
湿度は80%を維持しておきたいのですわ

それが…



晴れが続いたり
乾燥注意報が出たりすると
50%台になったりします。

これを放置すると
挿し穂が乾いて枯れます。

だから
毎日湿度計を眺めては
「うわっ、水や水やらんと」と
挿し木から数日後に心配するのです。



今回は暖かいを通り越して
暑い日々が続くものだから

ここでグリンナー(蒸散防止剤)に
登場してもらいました。



手に入らない場合は
毎日観察して水を切らさなければよい

ただそれだけで対応できます、ご心配無く。



密閉してあるので
乾いたかどうかを見るのは「土」でよろし

すき間から蒸散して土が乾くと
パーライトと赤球土がカラカラになりますから

それのちょっと前に水をかけます。
ざばざはとかけても
下の穴から抜けるので大丈夫
それから
水をかけたらすぐに閉めましょう。



この作業を
もう100日を越えて続けております。

現在は2月の終わり
まだ続けている理由は
枯れたからやり直したからではなく…

つづく
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック