構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2014年03月05日 (水) | 編集 |
あのウォーターワークスが
完全にカラカラに乾きました。





下の土も乾いたようなので
ここから再び
乾燥後の保水力を試します。



バケツに入れた水にどぼん
1時間ほど放置したら



今回は復活しました。



ここから推測すると

前回のウォーターワークスは
やはり土の中に落ちて行ったようだ

土のすき間よりも小さな粒子なので
乾くたびに落ちるとしたら
最後には鉢の下から
全部落ちてしまうのではないか

ということは
絶対に乾かさないか
このようにフィルターを使うか
それを良く考えて使うべきものなのだろう



今回分かったことは

ウォーターワークスの粒子は
コーヒーフィルターを通らない

土と不織布のすき間はらくらく通る

まぁ
真夏の数日だけ保水して
その後は
乾燥気味にするというのなら

すき間からこぼれ落ちるのは
管理のことを考えると
良いことなのかも知れんなぁ

何はともあれこれで
その場所に
ウォーターワークスを留める方法だけは
分かったのでございます。

つづく
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック