構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2014年03月21日 (金) | 編集 |
毎度のことですが
ハウスでプラグ挿し木をやると



やっぱりなぁということが
始まります。



徒長を止めようと
密閉空間から出して
しばらくハウス内に放置したら



しっかりと硬くなりまして…



そろそろ植え替えするかと
観察しておりましたら

やっぱり来た



これを見逃すと
来週には全滅します



見る場所は決まっているので
そこだけ凝視すると



ほら
やっぱり来やがった

まだ一匹だけのようなので
植物には何の影響も無し

この時点で駆除すると
この先しばらくは安心できます。

何のことか?

この葉の先の点
ひとつだけの黒い点

上から3枚目まで登りやがった
ダニでございます。

これがここにいるということは
見えない場所には
もの凄い数のやつらがいると思ってよろし

これは明日の朝から
粘着くんの出番

肉眼ではちょっと無理なので
「そこにおるやろ、こらっ」と
ルーペで葉先を探しましょう

下から攻めて行く
葉先だけ見ればよい
やつらはひたら上に登る
バックはしない

ハウスプラグ苗というやつは
このいちばん良い状態の時が
いちばん危ない

こいつら
すぐに100倍くらいに増殖して
あっという間に樹液を吸い切ります

今の季節は天敵もいないので
特にご用心を。

つづく
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

寒くてもやってくる
人がぼけーっとしていたら
ひと晩かけても上り続ける
一匹だけで卵を産みまくる
とにかくあっという間に増える

オルトランか粘着くん
どちらもたいへんよく効きますから
見落とさないことだけが大事
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック