構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2014年03月26日 (水) | 編集 |
2014年3月末でございます。
あの密閉挿しおかむらさきの根が
なかなか楽しいので
ちょっと抜いてみました。




全部が全部
発根しているわけではないけれど
地上部は区別できないくらい
元気なものです。



ちょっと抜いてみました。




赤玉土組は
土の粒子をつかまえて
長く発根しているようですわ

これは
見慣れた景色
いつもの挿し木です。



これは
赤玉土とパーライトが混ざった場所のもの

ちょっと違うか
土をつかまえていない
というか
パーライトはつかまえられないらしい
大きすぎるということか



調子に乗ったら折れた



続いてパーライト組
何か知らんけれど
面白いことになったのですわ



太い、短い根
それも数が多い



ついでに硬い
ぶら下げてもちぎれません

まるで
一年経過したプラグ苗のような…
(植える場所が無くて放置しているとこうなります)

もしかして
こちらが正解だとしたら
鉢上げの土は
最初から硬くてもよいのかということになり

うーん
いきなりのマサ土+石灰に植え付けるという
荒業を
試さずにはいられないわなぁ

つづく
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック