構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2014年05月20日 (火) | 編集 |
ラベンダーの栽培に適した土は
石灰分を含む
アルカリに傾いた乾いた土

という説があります。

気候は涼しいのが好み
多雨は嫌い
猛暑は嫌い


ずーっと信じて来ました。



違うんやないか
ほんとは全然違うのやないか

この歳になって
それを疑うとは思わなかったのですが



やっぱり全然違う
少なくとも
ここ瀬戸内では違う

現実がそう言うております。

おかむらさきは
こんな土で
ほんとに良く育つのですわ

それは
スギナの生えまくる酸性の土
その土の中に
まんべんなく混ざった石灰
というのはダメ



スギナの生える酸性土に
適当に混ざる石灰

生育に適しているのは酸性土
カルシウムの補給には
土の中のどこかで
層のような存在する「石灰」

このふたつが存在する土こそが
弱酸性で病気が出ない
(アルカリ性の土は植物を分解する菌が大発生する場合がある)
無肥料なので徒長しない
石灰でカルシウムの補給が出来る

そんなことは
どこにも書いていないけれど
確かにここに存在します。

これは180度開脚のタコ足おかむらさき
こんな難しい株でも
すくすくと育つのです。

スギナを共に育つのですわ。

前から気にはなっていたけれど
まさか
石灰を混ぜないことが
適当に層にすることが
正解だったとは
なかなかこの世は楽しいで。

想像しましょう
はるかヨーロッパの大陸

石灰岩の崖に生える
野生のラベンダーたち

今まで考えていたのは
石灰、アルカリの土に
他の植物との競争を避けて
その土で生き残ることを選んだラベンダー

だから
アルカリの土が好きらしい



違うんやないか
現実はそうではないのと違うか

石灰とは
雨で流れ去るもの

長い年月
降りそそいだ雨の力で
地表のアルカリは流れ去り

野草の生えそろう
中性から酸性の土が
そこには存在するのではないかな

その場所に
舞い降りたラベンダーの種は
発芽して大きくなる

では
大きくなるために必要な
有機カルシウムはどこにあるのか

それは
酸性になった土の下
石灰岩の崖の下
地表から数センチ下に存在する
土の下はいまだ流れ去っていないはず
酸性の地表とアルカリの地下

それは場所によって
その厚さが千差万別
バラバラなはずであろう

雨によって
部分部分で違うであろう
酸性度とアルカリ度
そのはざまで
成長には酸性を使い
硬くなるためにはアルカリを使う
それこそがラベンダー
なのではないだろうか

いやいや
酸性の土で育ちつつ
「水」は石灰を通して
硬水を吸うということなのか



何はともあれ
今年はそんな土でやっております
もの凄く元気です、硬いです。

今まで
トラクターなどで
全力で機械の力で混ぜていた土

混ぜるな、重ねろ
適当こそが最善である

この事実を前にして
私は今までの栽培方法を
特に「土」に関して
「ちゃぶ台返し」とするのでございます。

ラベンダーの土は
強酸性であれ
そして
その土の層の中に
有機石灰を重ねよう

微量要素を含む
生育に必要なものは酸性土から

硬水として吸う「水」は
石灰のアルカリから

ということで
マサ土が主の瀬戸内の田んぼと畑
この方法なら
最前線で胸を張れるかも

現実は
とっくに語り始めておるのでございます、おぅっ。

つづく
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

さぁ信じるか信じないか
私は見たままのことを
信じるのでございます。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
なるほど・・・。
ちょうどブルーベリーの土が余っていて、
ポット植えのラベンダーもあるので、
やってみます♪やってみます♪やってみま~す♪やってみますの(略)
固くはないけど、酸性の土保水性は抜群、排水性も良いピートモスで育つかやってみよーw
2014/05/22(Thu) 09:41 | URL  | しゃむ #0Kfz8eJg[ 編集]
ためしながら臨機応変に育てるのは楽しそうですね!
2014/05/22(Thu) 13:30 | URL  | あ #-[ 編集]
Re: Re: タイトルなし
> ようこそ
> あさま、しゃむさま
>
> 臨機応変というのは
> 対「人」の場合は言葉で何とかなる場合があるのですが
> 植物はただ枯れるだけなのですわ
> だから
> けっこう恐ろしいのでございます。
>
> しゃむさま
> ピートは危ないのでやめるように
> 柔らかいので根がすーっと伸びて
> やがて保水しなくなって枯らします。
>
> ピートはピートのままではいない
> ピートは腐って行くのですわ
> それはアルカリになるということ
> それでも何とかなりますが
> 今度はとにかく水が切れますで、ご注意を。
2014/05/22(Thu) 19:44 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック