構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2014年05月27日 (火) | 編集 |


2年まえの春
このおかむらさきが
山の上から飛んできた桜の枯れ枝によって

左の枝が
べきんと折れました。



この鉢からはみ出ているのが
それです。



完全に折れたので
切ってしまえと思ったのですが



これです。
完全に逆を向いている
枝の半分はつながっていない



それを2年
放置してみました。

樹木は再生するというのが
ほんとによーく分かりましたわ

この折れた箇所は
このまま固まってしまい
新芽がたくさん出るまでになりました。

ここから学んだことは
ラベンダーが「折れた」からといって
むやみに切ってしまわないでもよい

切ってやり直すというのは
草花のお話であって
先端が枯れないようなら
しばらく様子を見るという方法もある

うまく行けば
新しい「仕立て方」が見つかります。

ただし
時間はかかりますので
我慢できる人だけにお勧めでございます。


つづく
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック