構想15年、試験栽培5年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
| Login |
2014年05月29日 (木) | 編集 |
忘れていると
突然
目の前に現れるものがある

もうとっくにあきらめていた
「これは最初から無理やな」と
勝手に思い込んでいたもの



この株だけ
大鉢へ移植しませんでしたわ

本当は
いちばん最初に掘りかけたのですが…



マルチカバーのピンを抜いていると
これが見つかりました



マルチカバーの上からですわ
デニムを突き破って
タコ足の節間が接地したらしい

ここから発根しておりました
ちょっとやそっとでは掘れないくらい
がっちりと根が出ております。

おぅ、これはあの遠い春に
タコ足は水が切れるので
ここから根を出したらどうやと

一度成功して
そのあとに全滅した「あれ」です。

なるほど
こうなればこうなるということか
いつか見たあの風景が
ここに存在するのでございます、

それはそれは
掘ってしまうには惜しい
懐かしい香りのする
あの日の憧れの「何か」

だから
この株は残しておく
ここから始まる「新しいこと」が
楽しみで仕方のない
初夏でございますわ、うん。

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック