構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2014年06月16日 (月) | 編集 |
2014年6月16日でございます。

庭先おかむらさきくん
そろそろ花が終わりです。



ということは
花穂の収穫の始まりです。

今年はこれ
まずは花穂の確認から



以前にも書いたように
ラベンダーの花穂は
いちばん下の真ん中から咲き始め
いちばん上の左右が咲いたらお終い


写真のように
いちばん上の左右が咲いております。
今年はこれでお終い
5日に満開宣言したので
11日間の宴でございました。



それでは収穫のお話
今年はこのように
花穂の下に紙を置いて
熟して落ちる花穂を待ちます。

上記の写真から察するに
今咲いている花は
熟するまでにまだ11日かかるということ

それを切ってしまうと
スカスカの花穂を収穫してしまうので

毎日落ちる花穂を集めることにしました。
もちろん
雨が降ったら雨よけして
その日は諦めるとしても…



ちょっと揺すると
これだけ落ちます。



これは去年使用した
ランジェリーネット
この中に入れて乾燥とゴミ落としをします。



ほら
これだけ集まりました
揺すったのは1分ほどのこと
これが去年は全部落ちて飛んで行った

人は困ったら
何でも考えるものですわ
新聞の広告で十分なのでございます。

くれぐれも
ゴミ落としと虫逃がしを
お忘れ無きように。

この袋の口を開けて放置すれば
1日でカメムシ、アリは逃げてくれます

口を塞ぐと
袋の中でくたばりますので
ご注意を。

忙しくなりますが
やらないと集まりません
ゴミ落としの時の香りといったら
それはそれは…。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テレビ放映の件は
本日の午前に放送し
午後にダイジェスト版が流れました
もちろん見逃したことでしょう

ということで
何とかしようとしております
しばしお待ちあれ
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック