構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2014年07月29日 (火) | 編集 |
2014年7月29日でございます。
今年は9センチポット苗を
去年の冬から
新しい方法で
いじくりまわしております。



真夏です
今までは
真夏にラベンダー苗をどうこうするのは
「無理」だと決めつけておったのですが

どうやらそれが大間違いのようですわ



ラベンダーは真夏にぐんぐん育つ
それも
無肥料に限る
それから
とにかく水がどんどん必要となる
毎日毎日ぶっかけても
徒長する気配も無し



ラベンダーは「春」には育たない
5月に伸びるのは「芽吹く」のを
人が見間違えるだけのこと

そして
大きくならないと売れないので
その時点でチッソ肥料を投入
ふにゃふにゃと徒長して伸びたのを見て
「おおっ、育った」と思い込むだけのことですわ



本当に育つというのは
こういう感じで
長い長い時間をかけて
葉も茎も硬いままで
ピンと立つ新芽がゆっくりと伸びてくる

これもまた硬い
そしてこれらが「タコ足」となって行く



今回の土は
マサ土に消石灰を混ぜただけ

水が切れる
すぐカチカチになる
どう見ても
園芸用の土ではありませんが…



その根が
なかなか凄いことになっております

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

正確には
苗の半分ほどは
生育初期にひびってしまい
園芸用土を少しだけ足したのですが
それは要らんかったなぁと
今では
後悔しているのでございます。
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
とうとう今年も8月がやってきます。
温室で働く人は特に熱中症に気をつけて下さいね。
ところで岩部さん、ファーム富田さんでは日高灰を愛用してるようで「灰 ?コレまんま灰だけやん! なんで?! 」って驚いたことがあります。
鉢の中を見たら灰以外のものが何も入ってなくて、とても自分じゃ調べられませんでした。
メールで尋ねてみたら保湿、有機、通気がいいですとの事でしたが、じゃあ普通民の園芸の常識はどうなるんだろ・・・と大変興味もっています。
もうすぐテスト用に関東の黒土がネットで届くのですが、不安なので岩部さん的な見解を何か聞かせてほしいです。
お願いします! 。
2014/07/30(Wed) 14:44 | URL  | りぃる #z4Bz0s4k[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック