構想15年、試験栽培5年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2014年09月29日 (月) | 編集 |
おかむらさきの「根」を鍛える
とは宣言したものの
今まで以上に鍛えるには
どうしたものかと
ずーっと考えておりました。

今までやって来たこと
① 硬い地面、ポットの場合は硬い土に植える
②チッソ肥料、有機物はふかふかになるので入れない
③消石灰、有機石灰を普通栽培よりも大量に使用する

これらを踏まえて
水はけとかダニ対策病気対策をいろいろと


果たして「根」は
鍛えられていたのか

おそらくは
鍛えられていたことでしょう
しかしながら
その方法が「ここまで」だったので
脱落者がたくさん出た
そういうことだと思いますわ

それでは
「ここから先」はどうすればよいのか

今のところ
ふたつほど試そうと企んでおります。

ひとつは
「断根」
健全な苗の根を
掘って切る
そしてまた植える
いやいや
土を掘ってそのまま切るか

大きな樹木を移植する時に
一年ほどかけてやる方法を
パクってみたいのです。

人の筋肉を作る時も
まずは無理な使い方をして
筋肉の細胞を壊す
それから休みながら
徐々にそれを再生させていく
それと同じでございます。

続いては
「キンコン菌」を使えないかということ
そもそも
この日本と言う国は
植物を植えやすい国と言われております。
それは
土の中に潜む「細菌」が
その植物の根にくっついて
そのままでは固定して
なかなか使えない肥料分を
その「根」に吸収させやすくするとか
悪い菌と拮抗してくれるとか

とにかく
樹木を植えるには
なかなか良い国らしいのですわ

菌の少ない国では
わざわざ移植時に
「菌」を添えるくらいですから。


私が狙っているのは
「豆」の根に付く「菌」
これは
チッソ固定をするはずなので
(空中のチッソを固定すると意味だったかな)
まぁ
キューティーハニーのようなものですわ
(この意味が理解できる人はおっさんかおばさんや)

今年の大豆でも小豆でも
とにかく根は食わないので
それを保存しておいて

おかむらさきの移植時に
その土を根元に入れるというのを
試そうかなぁと

うーん
これは鍛えるというよりも
武器を持たせるということやな

とにかく
今以上に鍛えて武器を持たす

それでだめなら
また違う方法を考えるまで

今から12月までは
おかむらさきがすくすく育つ季節

ちょっと度胸は必要だけど
何もしないければすぐに「冬」

さぁて
どの苗を株を
「断根」しようか
悩むところでございます。

つづく

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
うーん
何はともあれ
漢字の変換を間違えていたら
とんでもないお話になるところでございますわ
よかったよかった
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック