構想15年、試験栽培5年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2014年10月03日 (金) | 編集 |


あれから3日経過
私は
水をやることもなく
ただ確実に
土が硬く乾いて行き苦のを眺めております。



おそらくは
見たことの無い色だと思いますが
もう指が立つことはありませんで

この土は硬いので
水が切れたらカチカチ
指がずぼっと入るようなら
まだまだ水やりは必要無し

だからといって
カチカチの次の日までは
待ってはいけない
あっという間に水切れします。

ということで
毎朝毎朝ひたすら土に指を刺す

ひと月ほど経ったら
またまた「根」を洗ってみよう

大寒にやらなければ
大丈夫だと
勝手に思っている
今日この頃でございます。

つづく
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

根を観察しまくっていると
ふとあることが
頭をよぎったのでございます。

ラバンジンの茎がねじれている
もしかしら
それはポット栽培中に
その伸び過ぎた根が
ぐるぐる巻きになったまま
露地植えされたからではないのか

だから
水が切れやすいのだとしたら
うーん
面白くなってきた来た
スポンサーサイト
テーマ:樹木・花木
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
私は、教科書通りの土を用意して5月にラベンダーレディと
エレガンススカイの種まきをしたのですが、この時期これを
どうにかしなくてはならないかな・・・と悩んでいます。
岩部さんのブログを参考に有機石灰をかけてもみました(^_^)
本来ならハーブたちは活気を取り戻す時期ですが、
ラベンダーの種まきは初体験ですし これを定植すると死んでしまわないかと不安です。

このまま上手く冬越しできるかしら~?
一回り大きなポットに植え替えした方がいいのかなぁ?
ブログを読んでいると 赤ちゃんをもっと育ててから定植しなければならないとは思っています。

夏を越して木質化してきていますが、元気なのか枯れそうなのかがわからず、毎日顔を眺めています。

以前、セージの投稿をしまして、現在挿し木をしたパイナップルセージが勢いよく根を出し✩
新しい試みや発見は、何て楽しいのだろうと実感しています
o(^▽^)o
2014/10/04(Sat) 08:46 | URL  | 土本実保 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ようこそ土本さま
かつて「種」からラベンダーをやっていた時
「何という小ささ、何でこんなに時間がかかるんや」と

一年くらいでは大きくならない苗に
愚痴を言うておりましたわ

プロは
この苗を一年で花咲く株としますが
それは
その後の三年後とかは
考えない育て方なので
私はもうやりません。

小さな硬い苗
それでよろし
二年後からジェットコースター
三年後からはロケット
ラベンダーとは
そんな育ち方をするのでございます。
2014/10/06(Mon) 19:40 | URL  | おっさんラベンダー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック