構想15年、試験栽培11年、おかむらさきを瀬戸内海の気候で育て続けてここまで来ました。全部書きますのでご覧あれ。
| Login |
2014年11月19日 (水) | 編集 |
2014年11月16日現在でございます。



冬の瀬戸内は空気が澄んでいるので
遠くまでよく見えるのです。



この週末も実家でいろいろ
やっております。
今年は
あっという間に寒くなって
南天もそろそろ真っ赤っか



アンソニーパーカーセージも
あっという間に色づいて



あのヤマトも
色づき始めました。



おかむらさき
西日本の冬の色
乾燥した空気に対抗するため
細く灰色に変身



このまま越冬します
この地方では
雪が降り積もることは無いので
凍る、溶ける、たまに雨
このパターンで冬が行くのです。




さぁ
乾燥と凍結の西日本の冬が来る
雪が無いというのは
暖かいというよりも
空気が乾き切って

唇も指先も何もかも切れる
土ぼこりが舞う
目が痛い
そんな季節でございます。



休耕田おかむらさき達も
そろそろ冬の色に

山の木の葉がすっかり落ちたら
5月までは
じーっと我慢の季節でございます。

つづく


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

休耕田段々畑おかむらさき
販売発送を始めました
右上のホームページ版よりおいで下さい


ようやく冬が来た
これで枯れる心配が減って行く
草刈りも終わり
草取りも終わり
水やりも10倍楽になる

人それぞれなのでございます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック